電力の小売営業ルール改訂、非化石証書の環境価値で訴求可能、しかし電源構成に影響せず

2017年06月21日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電力の小売営業ルール改訂、非化石証書の環境価値で訴求可能、しかし電源構成に影響せずの写真

6月8日、経済産業省は平成28年に制定された「電力の小売営業に関する指針」を改訂したと発表しました。非化石証書による環境価値の表示などに対応したものであり、加えて2017年1月に制定された「ガスの小売営業に関する指針」を参考にした修正が行われています。

電力の小売営業ルール、3度目の改訂

2016年4月1日、第2弾の改正電気事業法が施行され、これまでは基本的に特別高圧・高圧部門のみ自由化されていた電力小売が、低圧部門を含めて全面自由化されることとなりました。この小売の全面自由化に伴い、様々な事業者が電気事業に参入することとなりましたが、そのことを踏まえ「電力の小売営業に関する指針」が制定されています。

この指針は、需要家の利益の保護や電気事業の健全な発達を図る上で望ましい行為や、電気事業法上問題となる行為などが示されています。内容としては、①需要家への適切な情報提供、②営業・契約形態の適正化、③契約内容の適正化、④苦情・問合せへの対応の適正化、⑤契約の解除手続といった各項目について説明がなされています。

指針が最初に制定されたのは全面自由化の始まる前の2016年1月であり(関連記事)、同年7月には小売全面自由化前後の状況等を踏まえた改定が行われています。そして今回、①非化石証書の購入による環境価値の表示への対応、②電気の需要家保護のさらなる充実などのため、2017年6月8日に3度目の改訂が実施されました。また、改訂内容の一部は、2017年1月に制定された「ガスの小売営業に関する指針」が参考にされています(関連記事)。

非化石証書の環境価値で訴求可能

平成29年度開始の非化石価値取引市場について、非化石証書を購入したとしても小売電気事業者の電源構成には影響しません。それは、証書が持つ非化石価値は「小売供給を行うために発電・調達する電気」に関する電源構成そのものとは異なること等が理由となっています。

そのため、再生可能エネルギー指定の非化石証書を購入したことを理由として、「再生可能エネルギー電気を100%発電・調達している」と表示することは問題となります。実際に小売供給を行うために再生可能エネルギー電気を発電・調達していると需要家の誤認を招く懸念があるためです。

ただし、「再生可能エネルギー指定の非化石証書の購入により、実質的に、再生可能エネルギー電気△△%の調達を実現している」などと訴求することは可能です。また、証書が再エネ指定ではない場合でも、「非化石証書の購入により、実質的に、二酸化炭素排出量がゼロの電源(いわゆる「CO2ゼロエミッション電源」)△△%の調達を実現している」といった表示も可能です。つまり、例えば実際の電源構成の表示を併せて行うなど、証書の環境価値と、小売供給に係る電源構成が異なることの誤認を招かない表示であれば問題になりません(図1)。

電源構成等の算定や開示を行う場合の具体例

図1 電源構成等の算定や開示を行う場合の具体例 出典:経済産業省

非化石証書について

非化石証書は、再生可能エネルギーなどに由来する電気の非化石価値を顕在化し、取引を可能にするため当該非化石価値を化体した証書です。再生可能エネルギー由来の非化石証書については「再生可能エネルギー指定」の非化石証書として販売することが可能です。証書の持つ環境価値としては、①非化石価値のほか、②CO2ゼロエミッション価値や、③環境表示価値が主なものとしてあります(図2)。

非化石証書の他にも、環境価値を証書のような形でやりとりする既存制度はいくつか存在します。電気の持つ環境価値を取引するものとしては、Jクレジット、グリーン電力CO2削減相当量認証制度が挙げられます。

証書のメニューとそれぞれの持つ環境価値

図2 証書のメニューとそれぞれの持つ環境価値 出典:経済産業省

今回の指針改定では、非化石証書の部分以外にも多岐にわたる改訂が行われており、例えば「契約変更の際の説明」が挙げられます。契約変更の際の説明について、軽微な変更以外の場合、例えば料金の値上げといった場合には、需要家が認識しやすい方法で伝達する必要があります。

このときに問題となる事例として、検針票・請求書の裏面に小さな文字(日本工業規格Z8305に規定する8ポイント未満の文字)で当該変更しようとする事項を記載するだけの方法が挙げられ、これでは十分な「説明」とはなりません。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年12月10日

新電力ネット運営事務局

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測

富士経済は国内のEMS関連市場を調査した結果として、国内市場が2030年に1兆7134億円(2018年度比194%)に達する見込みであると発表しました。この調査では、EMS関連システムや需要家側EMS関連設備、EMS関連サービスの市場動向を整理し、それらをEMS関連市場として定義した上で今後の動向を推測しています。

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年11月26日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定

経済産業省では平成31年より「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」を設置し、適切な積立が行われるよう制度設計が議論されています。本記事では、使用済み太陽光発電に対する省庁の動きを見ていきます。

中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年10月16日

新電力ネット運営事務局

中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加

10月9日、グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4団体は、使用電力の再エネ100%化宣言を表明するイニシアティブ「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)」を発足しました。

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年09月13日

新電力ネット運営事務局

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回る

本記事では、8月9日に実施された第1回目ベースロード市場のオークション結果(2020年度受渡分)について概要を見ていきます。どのエリアにおいても、約定価格が平均エリアプライスを下回る一方、売りに比べ買い入札量が少なく16.1億kWhの約定量に留まりました。

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月15日

新電力ネット運営事務局

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性

「特別措置法」であるFIT法には、2020年度末(2021年3月31日)までに抜本的な見直しを行う旨が規定されています。本記事では、国による検討内容から、2021年度以降のFIT制度における方向性を見ていきます。