電力の切り替え・一括見積|PPS-NET

電力の一括見積|ESTIMATE

電力一括見積のメイン画像
電力一括見積のボタン

電力の一括見積について|高圧・特別高圧

一般社団法人エネルギー情報センターは、電力の切り替えを希望する需要家様に対し、一括見積サービスを提供することで新電力事業を活性化し、業界の発展に寄与して参ります。費用は当方からのアドバイスも含め、全て無料となります。一括見積をご希望の方は、ページ下部の一括見積のご依頼フォームよりご連絡ください。

電気代削減のイメージ(年間)

電力会社の切り替えによる電気代削減のイメージ
電力の一括見積に適している方
  1. 電気代を最大限安くしたい方
  2. どこの企業から電力を購入してよいか分からない方
  3. 複数社から一括で見積もりをしたい方
  4. 見積の手間を省きたい方

一括見積のメリット

当センターによる見積もりのメリットは、専門家が電力利用データ等から最適な電力会社を選定しご提案すること、そして見積の手間を省くことができる点です。また、多くの電力需要を一括で取り扱うことで、電力会社から安価な料金を引き出しやすい点があります。

通常、電力切り替えによるコスト削減の余地は、需要地域や電力デマンド・電力利用規模、電力会社の現在の電源空き容量やグループとしての経営方針、電力会社とのこれまでの関係性などにより増減します。例えば、電力利用規模であれば、多くの電力を利用している施設ほど電気代は安価となる傾向があります。

日本には現在、年間100億円近くの電気代を利用するケースもある特別高圧が1万件、高圧が70万件ほどあります。一つ一つの施設は、電力会社側から見ると規模の大きいものではないので、価格の引き下げが難しい場合もあります。当センターでは多くの施設からの電力需要を一括で取り扱うことで、最大限の電気代削減を図ります。

一括見積のデメリット

高圧部門で電力を提供している企業は200社以上あり、当センターの一括見積では全ての電力会社から見積もりを得ることはできません。それは、頂いた電力利用データを元に有益な電力会社を絞り込んだ後に、具体的にどのくらい電気代を下げられるのかを検討するからです。

各社個別に見積もりをしたい方につきましては、新電力企業一覧をご覧ください。この中で「販売実績あり」の一覧は、高圧や特別高圧の販売実績がある企業です。200社以上の中から、電力の購入元を選択することができます。

地元の企業から電力を選びたい方は、代理店一覧をご覧ください。地域に密着した企業から電力を購入するが可能です。

※新電力ネット上で代理店情報を掲載したい方は、お問い合わせください。

一括見積の流れ

下記に設置してある「一括見積のご依頼フォーム」にて、電力一括見積を希望する旨をご連絡ください。その後、エネルギー情報センターの担当者からメールにてご連絡差し上げます。その後、個別に要件を伺い、見積もり作業を進めさせていただきます。

電力一括見積の流れ