第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果に

2017年11月24日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果にの写真

11月21日、低炭素投資促進機構は出力2000kW以上の太陽光発電設備における入札の結果を公表しました。今回、第一回目となるメガソーラーの入札では9件の落札があり、最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果になりました。

第一回目メガソーラー入札、最安値は17.2円、最高値は21円/kWh

2012年7月から導入されたFIT法により、太陽光を中心とした再生可能エネルギーの導入が急速に進む一方で、国民負担の増大への懸念が高まっています。買取価格はFIT制度開始後の5年でほぼ半減しましたが、それでも諸外国と比べると依然として高いです。メガソーラー(2000kW)の買取価格の推移を見ると、2015年時点でフランスでは9.8円/kWh、ドイツでは10.4円/kWhまで下がっており、日本と比較すると半分以下の水準です(図1)。

太陽光発電(2000kW)の買取価格の推移

図1 太陽光発電(2000kW)の買取価格の推移 出典:経済産業省

また、非住宅用太陽光発電はNEDO技術開発戦略目標において、2020年に発電コスト14円/kWh(約20万円/kW)、2030年に発電コスト7円/kWh(約10万円/kW)と設定されています。しかし、現行のシステム費用は約30万円/kWで欧州の2倍となっており、内訳としてはモジュール・PCSが14.1万円(欧州の1.7倍)、工事費、架台等が14.8万円(同2.1倍)とされています(図2)。

太陽光発電の現状

図2 太陽光発電の現状 出典:経済産業省

太陽光発電の価格低下を促す施策として、入札制度があります。諸外国においても、ドイツ、インド、フランス、南アフリカ、イギリス、ブラジルなどで入札が実施されています。例えばドイツにおいては、EEG(再エネ法)における2015年4月の第1回入札において、平均落札価格が9.02セント/kWh(約10円/kWh)でしたが、2016年8月の第5回入札では7.23セント/kWh(約8円/kWh)まで引き下がっています(図3)。

そのほか、2017年5月にインド政府が実施したRajasthan州における競争入札では、インドの「ACME Solar Holdings」が200メガワット分を2.44ルピー/kWh(約4.1円)、残りの300メガワット分をソフトバンクなどの合弁会社「SBG Cleantech」が2.45ルピー(約4.2円)と非常に安価な水準で落札しています。

世界最安水準の入札では、10月にサウジアラビアの再生可能エネルギー事業開発局は、300MWの太陽光発電所の入札で、1kWhあたり6.69736Halalas(約2.1円)の応札があったと発表しました。[関連記事]

ドイツにおける太陽光入札の結果

図3 ドイツにおける太陽光入札の結果 出典:経済産業省

日本においても、太陽光発電の買い取り費用低減などを目的に、2017年4月に施行された改正FITにおいて、2000kW以上のメガソーラー事業を対象に入札制度が導入されました。その入札について今回、低炭素投資促進機構は結果を公表しました。今回、第一回目となるメガソーラーの入札では9件の落札があり、最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果になりました。

入札された総発電容量は、募集量に大きく満たない約140MW

今回の第1回入札の募集容量は500MWとなり、平成30年度に実施予定の入札(第2回・第3回)の最大募集容量合計1.5GWの1/3相当となります。入札参加資格の審査のために提出された事業計画数は29件であり、設備出力の合計は約490MWと、募集要領に近い値となりました。ただ、実際に落札となった件数は9件に留まったため、入札された総発電容量は、募集量に大きく満たない約140MWでした。

供給価格上限額は21.00円/kWhであり、10kW以上2,000kW未満の太陽光発電設備の平成29年度調達価格と同額です。調達期間は20年間と設定されています。

落札した企業は8社で、外資パネルメーカー(カナダのカナディアン・ソーラーや、韓国ハンファQセルズなど)も参加しています。最低落札価格は17.20円/kWh、最高落札価格は21.00円/kWhでした(表1)。

落札者名(法人名) 供給価格(円/kWh) 発電設備の出力(kW)
株式会社HINA 17.2 7,260
カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社 17.97 15,400
自然電力株式会社 18.97 18,000
19.39 10,500
QソーラーB合同会社 19.5 12,000
X-Elio17合同会社 19.95 30,000
ハンファエナジージャパン株式会社 20.49 30,006
ロイヤルリース株式会社 21 5,600
有限会社新日邦 21 12,600

表1 落札の結果 出典:低炭素投資促進機構資料より作成

第2回、第3回入札における募集容量や上限価格、今回の結果を検証した上で設定

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月16日

新電力ネット運営事務局

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力PGおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。今回の記事では、「需給調整市場」について概要を整理します。

新電力の実態調査、4分の1以上が売上100億円以上、帝国データバンクが分析の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月11日

新電力ネット運営事務局

新電力の実態調査、4分の1以上が売上100億円以上、帝国データバンクが分析

帝国データバンクは9月、「登録小売電気事業者」に登録された全国508社(2018年8月9日時点)について、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(147 万社収録)などを基に、都道府県別、設立時期、業種別、年売上高別、上場区分別等に集計・分析した結果を発表しました。

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月05日

新電力ネット運営事務局

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要

資源エネルギー庁は8月31日、FIT制度における2018年度中の認定申請等にかかる期限日や、標準処理期間及び運用ルールの一部見直しを発表しました。申請時に接続同意書類の提出が必須になる等の変更が加えられます。

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されることの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月20日

新電力ネット運営事務局

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されること

電力の競争環境整備については、国がこれまで検討が進めてきており、様々な取り組みがなされてきました。また、2017年10月からは「競争的な電力・ガス市場研究会」において議論が行われており、8月には中間論点をまとめた報告書が発表されました。この記事では、これら電力小売りの競争環境に関する議論を整理します。

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月03日

新電力ネット運営事務局

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外

7月31日、資源エネルギー庁はFIT認定を受けた再エネ設備(10kW未満の太陽光発電除く)における廃棄費用(撤去及び処分費用)に関する報告義務化について通知しました。運転費用報告の際に、電子報告サイトの入力フォームにしたがって、廃棄費用の報告をするよう呼びかけています。