ノーベル賞の有力候補に日本人、ペロブスカイト太陽電池とは

2017年09月28日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ノーベル賞の有力候補に日本人、ペロブスカイト太陽電池とはの写真

9月20日、米国の科学情報企業であるクラリベイト・アナリティクスは、2017年の「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を発表しました。ノーベル賞クラスと目される研究者が選出されており、日本人では「ペロブスカイト」を太陽電池に応用できることを発見した宮坂力氏が選ばれました。

ペロブスカイトを活用した、日本発の革新的太陽電池

今世紀に入り、地球環境問題はますます顕在化しています。さらにはエネルギーの安全確保の観点から、現在世界中でエネルギー政策の見直しが進んでいます。太陽光発電の大量導入が世界の潮流となる中、制度の後押しもあり、日本国内でも太陽光発電の普及が進んできました。

太陽電池は、太陽光のエネルギーを電気に変換するものです。新たな半導体材料の開発、素子構造の革新などにより、変換効率向上や低コスト化などが進められています。この太陽電池は、現状において、シリコン太陽電池やCIGSなどの無機系が一般的となっています。

これに対して、光吸収に有機材料を用いる太陽電池は有機系太陽電池と呼ばれ、低生産コスト・高柔軟性・軽量であること等を特徴とします。そうした特徴があるため、世界中の研究者が日々研究を行っています。

これら無機系と有機系の材料を組み合わせたものはハイブリッド型と呼ばれ、その中の代表的なものとしてペロブスカイト太陽電池があります。ペロブスカイト太陽電池は、日本では1990年代に発光材料として基礎研究で扱われました。

その後、桐蔭横浜大学の宮坂力氏がペロブスカイト太陽電池において、最初の光電変換の成功例を2009年に発表しています。ペロブスカイト太陽電池は、日本発の革新的太陽電池であり、日本・米国・欧州・中国・韓国等、世界中で研究開発競争が行われています。最近では、9月25日に東芝が、フィルム型のペロブスカイト太陽光発電で世界最高の変換効率10.5%を達成したと発表しています。[関連記事]。

2009年に発表された当時の変換効率は3.8%のため、一般的な太陽電池と比較して低い効率でしたが、2012年には2倍以上の10%を突破したことで世界中で研究開発が進みました。2016年には、米国NRELの認証値において22%を越える変換効率が報告されています(図1)。

太陽電池の変換効率の推移

図1 太陽電池の変換効率の推移 出典:National Renewable Energy Laboratory

ノーベル賞候補、日本からは化学分野において1名

9月20日、米国の科学情報企業であるクラリベイト・アナリティクスは、2017年の「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を発表しました。ノーベル賞クラスと目される研究者が選出されており、日本人では「ペロブスカイト」を太陽電池に応用できることを発見した宮坂力氏が選ばれました。

今回の賞は2016年まで「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞予測)」として発表されていたものです。学術論文の引用データ分析から、ノーベル賞クラスと目される研究者を選出し、その卓越した研究業績を讃える目的で発表されています。

2002年より毎年9月の発表が恒例化されており、今回は16回目となります。今回は22名が受賞し、日本からは、化学分野において桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授が選ばれました。「効率的なエネルギー変換を達成するためのペロブスカイト材料の発見と応用」において、今回の受賞となりました。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月29日

新電力ネット運営事務局

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算に

自然エネルギー財団は6月、「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。報告書によると、日本が国際連系線を建設することは物理的・技術的に可能であり、陸揚げ後の国内ネッ トワークとの接続にも大きな問題がないとしています。

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月28日

新電力ネット運営事務局

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因に

6月に開催された制度設計専門会合において、29年度における一般送配電事業者のインバランス収支が約270億円になったと発表がありました。二つの要因(余剰インバランス、FIT特例)について見ていきたいと思います。

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月22日

新電力ネット運営事務局

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍に

積水化学工業は6月、VtoH(Vehicle to Home)搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。

10kW以上の発電所、系統利用料は月あたり150円/kW想定、地熱など設備利用率が高い施設が有利の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月07日

新電力ネット運営事務局

10kW以上の発電所、系統利用料は月あたり150円/kW想定、地熱など設備利用率が高い施設が有利

日本は、人口減少や再エネによる系統連系ニーズの拡大など、送配電関連費用を押し上げる方向での変化が生じてます。電力系統の効率化等については「送配電網の維持・運用費用の負担の在り方検討WG」で議論が進められていますが、見直しが検討されている制度について全体像を見ていきます。

第1回目の非化石価値取引、26社が参加し約定量は約500万kWh、価格は1.3円~4円/kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月23日

新電力ネット運営事務局

第1回目の非化石価値取引、26社が参加し約定量は約500万kWh、価格は1.3円~4円/kWh

5月18日、日本卸電力取引所(JEPX)は、「非化石価値」を取引する非化石価値取引市場において、第1回目の入札結果を発表しました。26社が参加し、最低価格は1.3円/kWh、最高価格は4円/kWhとなり、約500万kWhが約定しました。