業界初、「低圧動力・電灯契約」に特化した見積サービス、スリーアールエナジーが展開

2019年12月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

業界初、「低圧動力・電灯契約」に特化した見積サービス、スリーアールエナジーが展開の写真

スリーアールエナジーが「低圧動力・電灯契約」における電気料金プランを相対価格にて比較できる電力切替サービスを新たに展開すると発表しました。高圧と同様に、「低圧動力契約または従量電灯契約」において見積もり比較をしたい需要家の要望に応えるため、その分野に特化した電力切り替えプラットフォームを展開する形となります。

「低圧動力契約または従量電灯契約」に特化した見積比較サービス

2016年4月から始まった電力小売全面自由化から3年以上の年月が経過し、その認知度も徐々に伸びてきています。直近の調査としては、例えば電通が2019年3月に発表した「第8回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の分析結果によると、自由化自体の認知率は9割以上と高い水準ではあるものの、電力購入先または料金プランを実際に変更した層は2割にとどまり、また変更してない層の8割弱は新料金プランの試算すら行っていないことが示されています。

また、経済産業省が2019年3月に公開した自由化の認知度等に関するアンケート調査によると、約95%が自由化を認知するものの、電力会社を切り替えても「電気の品質が変わらない」という基本事項を30.2%が認知しておらず、また「スマートメーターの設置は無料」であることを42%が認知していない結果となりました

同調査においては、切替を行わない理由として、「メリットがよくわからない(38.9%)」「なんとなく不安(28.8%)」「今まで通り慣れている会社の方がよい(26.9%)」となっており、自由化についての不安感がボトルネックとして表れています(図1)。

電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの 出典:経済産業省

図1 電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの 出典:経済産業省

こうした中、スリーアールエナジーが「低圧動力・電灯契約」における電気料金プランを相対価格にて比較できる電力切替サービスを新たに展開すると発表しました。「高圧分野」は金額の規模も大きいため、複数の電力会社から見積りを取得し比較すること自体は容易ですが、「低圧分野」ではウェブ申込が一般的であり、需要家が各社の見積り資料の比較を希望する場合でも、そのハードルが高いと想定されます。

スリーアールエナジーは、高圧と同様に、「低圧動力契約または従量電灯契約」において見積もり比較をしたい需要家の要望に応えるため、その分野に特化した電力切り替えプラットフォームを展開する形となります。美容院や飲食店など、低圧分野において電力切替の相談等を希望する需要家に対するサービスであり、低圧分野の電力自由化が促進されていくことが期待されます。

必要な資料は1ヶ月分の電気明細のみ、利用料は無料

低圧電力の切り替えは前述の通り、原則的にウェブからの申込となり、電気料金の明細を用意し、供給地点特定番号やお客様番号等の項目を一つずつ打ち込む必要があります。しかし今回のプラットフォームでは、「明細1枚のみ」をスマホの写真等で撮影し送付するのみで、複数の電力会社の中から、スリーアールエナジーが最適と想定する電気料金プランを無料で提案します(図2)。

なお、一般的に見積資料は電力会社ごとに様式が異なるため、正確な比較選定には一定の知識を要します。しかし今回のプラットフォームでは、スリーアールエナジーが比較表に整理し、加えてどのような計算過程によって電気料金が算出されるかも整理した上で資料提出するとしています。これにより、電気料金の削減内容が透明化され、需要家の社内説明等にも有効活用できると想定されます。

スリーアールエナジーによると、今回のプラットフォームにおける電気料金プランの提案は、施設の電力利用データに基づき、低圧電力供給において強みを持つと想定される電力会社に個別依頼し見積もりを取得するとしています。電力会社の価格競争力を随時リサーチし、時期ごとに変わる最適な電力会社を数社選定しており、需要家は複数の電気料金プランの中から希望の電力会社と契約することが可能となります。

でんき切替の流れ

図2 でんき切替の流れ 出典:スリーアールエナジー

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

業界初、「低圧動力・電灯契約」に特化した見積サービス、スリーアールエナジーが展開の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年12月03日

新電力ネット運営事務局

業界初、「低圧動力・電灯契約」に特化した見積サービス、スリーアールエナジーが展開

スリーアールエナジーが「低圧動力・電灯契約」における電気料金プランを相対価格にて比較できる電力切替サービスを新たに展開すると発表しました。高圧と同様に、「低圧動力契約または従量電灯契約」において見積もり比較をしたい需要家の要望に応えるため、その分野に特化した電力切り替えプラットフォームを展開する形となります。

降雪から電気を生み出す新デバイス、太陽光発電への統合で天候変化に対応、UCLA発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月12日

新電力ネット運営事務局

降雪から電気を生み出す新デバイス、太陽光発電への統合で天候変化に対応、UCLA発表

雪が積もると、太陽光パネルに到達する日光の量が減り、パネルの出力が制限されます。こうした中、UCLAの研究者らは、雪が降ると電気を発生させる新しい装置を設計しました。プラスチックシートのように安価で、小さく、薄くそして柔軟なデバイスとなります。

全国初、車両の振動で発電するシステム、駐車場に設置、竹中工務店など開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月26日

新電力ネット運営事務局

全国初、車両の振動で発電するシステム、駐車場に設置、竹中工務店など開発

竹中工務店は6月20日、セイリツ工業、湘南メタルテックと共同で全国初となる車両走行可能な振動発電ユニットを開発したと発表しました。道路埋込型の超省電力LED照明と組み合わせた車両誘導システムを、「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」に導入しています。

部屋全域へのワイヤレス充電を実証、コンセントフリー社会へ一歩前進、東大発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月18日

新電力ネット運営事務局

部屋全域へのワイヤレス充電を実証、コンセントフリー社会へ一歩前進、東大発表

東京大学は6月、マルチモード準静空洞共振器という送電器構造を考案・実装し、3m×3mの部屋全域へのワイヤレス充電ができることを実証したと発表しました。広範囲に数十ワット程度の電力を送信できることから、将来的に電池が切れない IoTシステムへの応用が期待されます。

使っても性能が劣化しない蓄電池、充電により自己修復、東大の研究グループが発見の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月20日

新電力ネット運営事務局

使っても性能が劣化しない蓄電池、充電により自己修復、東大の研究グループが発見

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授、大久保將史准教授、西村真一主任研究員らの研究グループは、電力を蓄えることにより構造を修復する「自己修復能力」を持つ電極材料を発見したと発表しました。