日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発

2018年12月27日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発の写真

アイテスは、直流電圧1500Vに対応したインピーダンス測定器である「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」を開発しました。高電圧な太陽光発電所(1500V)の故障ストリングを特定することが可能な製品となります。

日本で普及が進む高電圧(1500V)の太陽光発電

資源エネルギー庁は、2018年7月に発表した第5次エネルギー基本計画において、再エネを日本の主力電源とすることを明確に打ち立てました。

しかしながら、日本における再生可能エネルギーは海外と比較し発電コストが高く、そのコスト抑制が課題とされています。そのコスト抑制化の手法の一つとして、高電圧化が挙げられます。

例えば太陽光発電の場合、高電圧化が可能になると、太陽光モジュールの直列接続枚数を増やすことができます。その結果、電力損失を減らしてシステムの発電効率向上が期待できます。また、接続箱の台数や、部材数を減らすことができるため、導入コスト、O&Mコストの低減にもつながります。一方、個々の部品コストが増加する可能性がありますが、システム全体としてはコストを削減できます。

太陽光発電の高電圧化は海外で進んでおり、GTMのレポートによると、1MW以上のプロジェクトにおいて、米国では2016年中に約60%が高電圧である1500V対応である一方、日本では5%未満の数値となっています。

日本ではこれまで、1000V以下の発電システムが主流でしたが、近年1500Vシステム化の流れが加速しています。2018年に入り1500Vに対応するパワーコンディショナが市場導入されたことをきっかけに、大規模メガソーラーや水上フロート型の大規模太陽光発電システムにおいて、1500Vの採用が進んでいます。

このように、太陽光発電の現場では大規模メガソーラーを中心として、直流電圧1500Vの太陽光発電システムの建設が既に始まっています。そのため、1500Vに対応した保守点検機器のニーズが高まりつつあります。

こうした中アイテスは、直流電圧1500Vに対応したインピーダンス測定器である「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」を開発しました。高電圧な太陽光発電所(1500V)の故障ストリングを特定することが可能な製品となります。

アイテスのソラメンテ、2000台以上の販売実績

アイテスのソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」シリーズは、測定者のスキルに依存せず、点検効率が高い点検装置として、2012年の発売開始以来2000台以上の販売実績があります。

低圧から高圧・特高までの産業用太陽光発電所の竣工点検や定期点検、さらには転売時の発電所評価等、あらゆる場面でのソーラーパネルの点検に活用されており、これまで長年、変化する業界環境に適応し改良が加えられてきました。

今回、アイテスが新開発した「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」は、2019年1月15日より発売が開始されます。アイテスによると、既に大手発電事業者やEPC、O&M関連企業数社から引き合いがあり、2019年の販売計画を年間100台と設定しています。

  1. 最大直流電圧1500Vの開放電圧測定に対応。機器内部に短絡電流を流すことなく、より安全な作業が可能。
  2. 電圧を感知して自動測定。ボタン操作が不要で高い作業性を実現。
  3. 小型ハンディー&壁掛けフックによる抜群の可搬性と操作性。
  4. データ記録件数4000件。1500Vシステムであれば30MWを継続点検。
  5. 3階層の測定番号を任意に入力。報告書の作成時間を大幅に短縮。
  6. 測定結果をSDカードで保存しCSVデータとしてPCへ取り込み
  7. オプションのZ/iS連携キット(SR-200)対応
  8. 校正対象機器として校正証明書の発行が可能 (別途有償サービス)
    ※校正はメーカーによる一般校正。
SZ-1000の特長

SZ-1000の特長

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年12月27日

新電力ネット運営事務局

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発

アイテスは、直流電圧1500Vに対応したインピーダンス測定器である「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」を開発しました。高電圧な太陽光発電所(1500V)の故障ストリングを特定することが可能な製品となります。

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月12日

新電力ネット運営事務局

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始

11月にユーグレナは、日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを2018年10月31日に竣工し、日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』を新たに宣言すると発表しました。

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月24日

新電力ネット運営事務局

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームでは、硫酸塩エアロゾルを大気中に散布する温暖化対策において、全球の作物収量に与える影響を調べています。最近の報告によると、エアロゾル粒子による地球温暖化対策を行った場合、作物収穫量は増加も低下もしないとしています。

世界初、再エネ由来の水素を用いて合成した「アンモニア」による発電に成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月22日

新電力ネット運営事務局

世界初、再エネ由来の水素を用いて合成した「アンモニア」による発電に成功

10月、日揮および産業技術総合研究所で構成されるグループは、共同で研究を進めていた「再エネによる水の電気分解で製造した水素を原料とするアンモニアの合成、および合成したアンモニアを燃料としたガスタービンによる発電」に世界で初めて成功したと発表しました。

ドローンによる新たな電力設備の点検手法、「自動的」に飛行ルートを計画、2019年度の導入見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月12日

新電力ネット運営事務局

ドローンによる新たな電力設備の点検手法、「自動的」に飛行ルートを計画、2019年度の導入見込み

岡山理科大学と電源開発は9月、電力設備を自動的に撮影できるドローンを用いた「電力設備自動撮影技術」を共同で確立し、特許を出願したと発表しました。飛行制御・回避制御及び高速な画像処理を同時に行うことによって、ドローンの高精度な飛行を実現します。点検業務の安全性向上とともに点検の質向上が大きく期待でき、危険な高所作業が軽減される技術となります。