都市ガス小売りの普及ポテンシャル

2015年09月18日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売りの普及ポテンシャルの写真

都市ガス事業の採算性について、ガス事業者の現状を基に概要を見ていきます。加えて、ガス事業者の新規参入率の推移や、都市ガス利用の機器形態を家庭用・商業用などに分類してご説明いたします。

都市ガス小売り企業の現状

ガス小売りの自由化が実施されると、各企業が自由に都市ガス事業に参入することが可能となります。まずは、下記図にて都市ガス事業者の現状を概観いただけますと幸いです。

一般ガス事業者の純損失数

上記の表から、、全209事業者のうち27事業者(13%)が赤字であることが分かります。国税庁による会社標本調査(H25年度)では、欠損法人(いわゆる赤字会社)は259万5903社の内176万2596社(68.2%) であるため、その数値と比較すると安定している企業の割合が高いと捉えることができます。

企業規模の面では、181もの私営ガス事業者のうち、143事業者(79%)が、資本金3億円以下の中小企業で構成されています。構成される企業のその多くが中小企業であり、規模の小さな企業でも参入は可能であると考えられる一方、資本金が潤沢になるほど赤字会社の割合が少なくなる結果となっております。資本金が3千万円以下の企業の場合、赤字企業の割合は約23.5%ですが、3千万~3億円の14.2%、3億円以上の0%と比較すると高い割合になります。

都市ガス販売の利用形態

都市ガスの利用は、主に家庭用と、商・工業用、その他に分類することが可能です。それぞれの分類で利用する機器のイメージについては、下記の図をご確認ください。

都市ガス利用の類型

都市ガス販売量の推移

都市ガスの販売量について、1980年から2005年までは順調に伸びておりますが、2005年から2014年の間ではほぼ横ばいの数値となっております。

都市ガス販売量の推移

都市ガスの販売量が伸び悩む要因として、都市ガスの導管普及が容易ではなく、かつガス利用が国民全体に広く行き渡り市場が飽和していること、そしてオール電化の認知拡大・普及が考えられます。特にオール電化等の電気関連事業はガスの代替と成り得るため、ビジネス展開には相互の理解が不可欠です。下記の表にてオール電化(IH・エコキュート)の国内出荷台数をまとめておりますので、ご参考下さい。

IHとエコキュートの出荷量

上記図のようにオール電化の普及は現状のところ堅調であり、一見ガス市場の縮小が想定されますが、ガス普及に向けた取り組みも推進されていきます。日本ガス協会による2030年に向けたガス販売量の目標・政策パッケージを参照すると、より多くのガス利用が実現するシナリオが想定されていると分かります。

都市ガスの販売目標

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

次の記事:ガス事業と電力事業の円滑な相互参入について

前の記事:都市ガス小売の全面自由化について

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月03日

新電力ネット運営事務局

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外

7月31日、資源エネルギー庁はFIT認定を受けた再エネ設備(10kW未満の太陽光発電除く)における廃棄費用(撤去及び処分費用)に関する報告義務化について通知しました。運転費用報告の際に、電子報告サイトの入力フォームにしたがって、廃棄費用の報告をするよう呼びかけています。

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月30日

新電力ネット運営事務局

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保へ

7月20日、電力・ガス取引監視等委員会の専門会合にて、現事業者による「取戻し営業」規制の議論が行われました。この会合において、スイッチングプロセスの短期化や、廉売行為に関する対応の方向性について検討が行われました。

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直しの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月11日

新電力ネット運営事務局

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直し

第4次エネルギー基本計画の策定から約4年が経過し、2018年7月、経済産業省は第五次エネルギー基本計画が閣議決定したと発表しました。2030年の計画の見直しのみならず、パリ協定の発効を受け2050年を見据えた対応など、日本がエネルギー選択を構想すべき時期に来ており、計画が見直されることなりました。

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月29日

新電力ネット運営事務局

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算に

自然エネルギー財団は6月、「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。報告書によると、日本が国際連系線を建設することは物理的・技術的に可能であり、陸揚げ後の国内ネッ トワークとの接続にも大きな問題がないとしています。

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月28日

新電力ネット運営事務局

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因に

6月に開催された制度設計専門会合において、29年度における一般送配電事業者のインバランス収支が約270億円になったと発表がありました。二つの要因(余剰インバランス、FIT特例)について見ていきたいと思います。