資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指す

2017年10月06日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指すの写真

10月3日、オリオン電機は、日本を含むアジア圏においてワンストップのIoTソリューションを提供するため、インターポレーションと資本・業務提携をしたと発表しました。エネルギー効率の改善を図るべく、BEMS領域、各スマートメーター(特にLPガス)等においてソリューションを提供するとしています。

オリオン電機とインターポレーションが資本・業務提携

電力・ガス事業を取り巻く状況として、中長期的には人口減少により、国内の電力・ガス需要が伸び悩む一方、IoTやAIといった技術革新を活用した新サービスが、大きな市場を生み出すと期待されています。

IoT関連技術の成熟度も向上してきており、米CISCOによると、世界のセンサーネットワークは、2003年の5億台から、2015年には250億台となり、2020年は500億台に達すると予測されています。そうした技術基盤が整備されていくことも後押しし、IoTの市場は2014年の約1兆ドルから、2020年には約3兆ドルに推移していくとの予測もあります(図1)。

日本国内においても、太陽光とIoTでゴミの収集作業を効率化する試みや[関連記事]、AIやIoTで火力発電を「早期異常検知」するシステムが開発されています。[関連記事]。その他にも、送配電においては東芝が、ドローンを使った送配電や鉄塔の巡視・点検を提供するほか、東京ガスがスマートフォン等を使用し、開栓作業結果を報告するシステムを開始するなど、様々なIoTを利用した活動が展開されています。

IoTの市場規模推移

図1 IoTの市場規模推移 出典:総務省

こうした中、オリオン電機は、日本を含むアジア圏においてワンストップのIoTソリューションを提供するため、インターポレーションと資本・業務提携をしたと発表しました。エネルギー効率の改善を図るべく、BEMS領域、各スマートメーター(特にLPガス)等においてソリューションを提供するとしています。

IoTのノウハウと開発力、相互の強みを活かす資本提携

今回の資本・業務提携は、IoT先進国である欧州での長年の実績とノウハウを持つインターポレーションと、開発力のあるオリオン電機が提携するものです。インターポレーションは、エネルギー効率の改善策の導入を行うほか、IIoT通信網の運用に不可欠な通信管理ツールなどのコア要素を一部無償提供しています。

そのほか、2016年11月には仏NEMEUS社とIoT通信モジュール領域での設計・開発分野において業務提携するほか、2016年12月より、フランス中小企業と共同で先端IoTの実証実験に参加しているなど、海外での活動も展開しています。

オリオン電機は、IoT関連ハードウエアなどの企画・開発・設計・製造を軸に事業展開をしています。近年はアジア各国にも販路を広げており、タイにも生産拠点を配することで、日本品質のものづくりを基盤に事業拡大を進めています。

BEMS、スマートメーター等において活動を展開

両社によると、今回の提携によって、LPWA(省電力広域)通信網を活用することで、需要に合致した基地局・センサーの運用・展開を加速していくとしています。

また、企業や自治体の事業効率及びエネルギー効率の改善を図っていくとしています。それは、BEMS領域、物流資産管理領域、各スマートメーター等において、一元的にサービス提供することで実現します。

特にBEMS、LPガス、公共インフラや物流管理については、欧州のトッププレイヤーとのパートナーシップを通じて、アジア圏で早期展開していく予定があるとしています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなどの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月18日

新電力ネット運営事務局

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなど

10月11日、東京都は平成29年度に発行する「東京グリーンボンド」について、資金使途の対象となる予定の事業が決まったと発表しました。日本の自治体として初となるグリーンボンドであり、発行規模は200億円程度、発行時期は10月~12月が予定されています。

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月11日

新電力ネット運営事務局

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成

9月29日、秋田銀行は地元企業が主体となって出資する「A-WIND ENERGY社」が秋田県潟上市で実施する風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンスによるシンジケートローンを組成したと発表しました。

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月06日

新電力ネット運営事務局

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指す

10月3日、オリオン電機は、日本を含むアジア圏においてワンストップのIoTソリューションを提供するため、インターポレーションと資本・業務提携をしたと発表しました。エネルギー効率の改善を図るべく、BEMS領域、各スマートメーター(特にLPガス)等においてソリューションを提供するとしています。

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月24日

新電力ネット運営事務局

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資

8月23日、七十七銀行は宮城県石巻市で実施される宮城県内最大規模となる風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンス方式による融資契約を締結したと発表しました。融資契約金額は56億円、発電設備規模は合計で20.4MWとなります。

日産自動車、車載用蓄電池事業を中国の民営投資会社「GSRキャピタル」に譲渡の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月10日

新電力ネット運営事務局

日産自動車、車載用蓄電池事業を中国の民営投資会社「GSRキャピタル」に譲渡

8月8日、日産自動車は保有するバッテリー事業およびバッテリー生産工場を、民営投資会社GSRキャピタルに譲渡する株式譲渡契約を締結したと発表しました。新会社の本社および開発拠点については、引き続き日本となる予定です。