改正FIT法、太陽光発電の保守点検に対応する新資格、JPEAが認定

2017年09月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

改正FIT法、太陽光発電の保守点検に対応する新資格、JPEAが認定の写真

9月14日、太陽光発電協会(JPEA)は新たに創設した「PVマスター保守点検技術者」制度に基づく第1回目の認定試験を、2018年2月25日に全国4会場で実施すると発表しました。改正FIT法の事業計画策定ガイドラインにおいて義務づけられた、太陽光発電設備の保守点検に必要な知識、技術の習得をJPEAが認定するものです。

「PV施工技術者制度」から「PVマスター」に移行

太陽光発電協会(JPEA)は2012年11月、2009年度から2011度に実施した「住宅用太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」の成果を活用し、「PV施工技術者制度」を創設しました。この制度は、一般住宅への太陽光発電システム設置の際に必要とされる施工者の基礎的な知識や技術の習得レベルを、JPEAが認定するものです。これまで6回の認定試験を実施しており、合計で約3000名の「PV施工技術者」の認定が行われました。

この「PV施工技術者認定試験」は、2016年10月16日に実施した第6回が最終となり、今後は「PVマスター施工技術者」と「PVマスター保守点検技術者」の二つの制度に移行することとなります。この内の「PVマスター保守点検技術者」について、第1回目の認定試験を、2018年2月25日に全国4会場で実施すると、JPEAが発表しました。

「PVマスター保守点検技術者」は、改正FIT法の事業計画策定ガイドラインにおいて義務つけられた太陽光発電設備の保守点検に必要な知識、技術の習得をJPEAが認定するものです。内容は、事業計画策定ガイドラインにおいて参考にすべきとされる「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」(日本電機工業会)に基づいています。

第一回目は2018年2月25日となり、2017年11月初旬より受付開始予定

「PVマスター保守点検技術者」には受験資格があり、JPEAが認定する「PV施工技術者」「PVマスター施工技術者」もしくは「電気主任技術者」「電気工事士」となります。実施時期は、第一回目が2018年2月25日、2017年11月初旬よりJPEAホームページにて受付開始の予定です。

出題は、「太陽光発電システムの設計と施工 改訂5版」及び「別冊」(JPEAにて近日発刊予定)の内容から出題されます。なお、受験料は12,960 円 (税込)となります。

試験会場
開催地 会場名 住所
東 京 共和フォーラム 東京都台東区柳橋 1-2-10
名古屋 IMY ホール 名古屋市東区葵 3-7-14
大 阪 JEC 日本研修センター江坂 大阪府吹田市江坂町 1-13-41
福 岡 リファレンス駅東ビル 福岡市博多区博多駅東 1-16-14

JEPAが事前に講習会を開催、効率良く内容を習得

試験の受験準備としては、「太陽光発電システムの設計と施工 改訂5版」及び「別冊」を用いての独習が基本となります。しかし、効率良く内容を習得できるよう JPEA主催のセミナーが開催される予定です。

講習時間は4時間、受講料は12,960 円 (税込)となります。なお、受講受付はJPEAホームページにて2017年10月初旬より受付開始の予定です。

セミナーの開催地及び開催日程
開催地 開催日程
東京 12月1日(金)、12月11日(月)
名古屋 11月28日(火)
大 阪 12月4日(月)
福 岡 12月6日(水)

「PV施工技術者」の有資格者、ステップアップ更新か継続更新を選択可能

新制度の移行前である「PV施工技術者」については、認定証の有効期限が4年間となっています。認定を継続する場合、認定証有効期間内に座学での更新研修を受講した上で、所定の更新手続きをとる必要があります。第1回と第2回の認定試験で合格し認定登録をされた有資格者は、2018年3月末までに更新する必要があります。

更新手続きは、ステップアップ更新と継続更新の2つがあります。ステップアップ更新の場合、認定後4年間に変更等された技術情報に加え、「PV施工技術者」の対象範囲外の領域について学習する必要があります。e-learningでの認定試験に合格すれば、新たに「PVマスター施工技術者」として認定されます。

「PV施工技術者」のままでの継続更新の場合は、認定後4年間に変更等された技術情報を中心にe-learning で学習することで、「PV施工技術者」として継続認定されます。従来、更新の条件とされていた座学での更新研修は実施されません。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年12月10日

新電力ネット運営事務局

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測

富士経済は国内のEMS関連市場を調査した結果として、国内市場が2030年に1兆7134億円(2018年度比194%)に達する見込みであると発表しました。この調査では、EMS関連システムや需要家側EMS関連設備、EMS関連サービスの市場動向を整理し、それらをEMS関連市場として定義した上で今後の動向を推測しています。

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年11月26日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定

経済産業省では平成31年より「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」を設置し、適切な積立が行われるよう制度設計が議論されています。本記事では、使用済み太陽光発電に対する省庁の動きを見ていきます。

中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年10月16日

新電力ネット運営事務局

中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加

10月9日、グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4団体は、使用電力の再エネ100%化宣言を表明するイニシアティブ「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)」を発足しました。

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年09月13日

新電力ネット運営事務局

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回る

本記事では、8月9日に実施された第1回目ベースロード市場のオークション結果(2020年度受渡分)について概要を見ていきます。どのエリアにおいても、約定価格が平均エリアプライスを下回る一方、売りに比べ買い入札量が少なく16.1億kWhの約定量に留まりました。

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月15日

新電力ネット運営事務局

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性

「特別措置法」であるFIT法には、2020年度末(2021年3月31日)までに抜本的な見直しを行う旨が規定されています。本記事では、国による検討内容から、2021年度以降のFIT制度における方向性を見ていきます。