富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指す

2017年09月06日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指すの写真

8月8日、富士見森のエネルギーは「ふるさと応援でんき」のサービスを開始したと発表しました。「ふるさと応援でんき」は、電力購入者に対して地域の名産品を返礼品として送付する料金プランです。

地域の名産品を返礼品として送付する「ふるさと応援でんき」

長野県の中央に位置する諏訪市は、信州一大きな湖である諏訪湖があるほか、諏訪神社の総本社・諏訪大社が鎮座するなど、自然と歴史文化に恵まれた観光都市であると同時に、ものづくりの伝統が息づく先端技術産業の集積地です。

諏訪湖の湖畔一帯には効能豊かな温泉が湧き、古くから全国屈指の温泉郷「上諏訪温泉」として知られてきました。また、諏訪湖では釣りやレイクスポーツなど、多彩なレジャーが充実し、標高1600mの霧ヶ峰高原には、貴重な高山植物が咲き誇っています。

こうした諏訪地方を応援する料金プランとして、富士見森のエネルギーは、「ふるさと応援でんき」のサービスを開始したと発表しました。「ふるさと応援でんき」は、電力購入者に対して地域の名産品を返礼品として送付する料金プランです。

今回、サービス提供開始するのは「ふるさと応援でんき」の一環である「諏訪応援でんき」です。東京電力管内の電灯メニュー利用者が対象となります。年間契約者には、諏訪の名産品である「真澄 山廃純米大吟醸 七號」、もしくは「南アルプス塩ようかん」のいずれかが返礼品として送付されます。

富士見森のエネルギーは、今後も地域に密着した企業として、収益の一部を活用して地域活動の支援や新たな地域サービスを展開するとしています。

返礼品①、「真澄 山廃純米大吟醸 七號」

信州諏訪は酒のまちであり、甲州街道に沿って約400メートルの道のりに、昔ながらの暖簾や木看板、杉玉を掲げた五軒の造り酒屋が建ち並んでいます。霧ヶ峰高原から湧き出る良質な伏流水、澄んだ空気、冷寒な気候風土、そして自然条件を熟知した伝統の技が上質な酒を生み出します。

諏訪の地域に古くから根ざしている宮坂醸造株式会社は1662年創業、350年以上の歴史がある老舗です。五軒の造り酒屋の中の一軒であり、「諏訪応援でんき」の返礼品でもある「真澄」は、諏訪大社のご宝物「諏訪の鏡」を酒名に冠します。名醸造りに欠かせないものとして、全国の多くの酒蔵で使われている優良清酒酵母「協会七号」発祥の蔵としても知られます。

返礼品②、「南アルプス塩ようかん」

長野県に寒天業が起こったのは1840年頃とされており、諏訪郡に在住していた小林粂左衛門が、すでに寒天業が盛んであった兵庫県丹波地方から技術を持ち帰ったことがきっかけとされています。また、諏訪地方は冬の気温が低く、雨や雪が少ないこと、また日中は適度な日照が得られるという、天然寒天生産に適した気候を有しています。

小笠原商店は、信州の寒天作りの中でも、最も古い歴史を持つ老舗の一つです。伝統的な製法にこだわり、冬の寒さの中、天然の“天草”を使用したところてんを天日干しによる自然乾燥で作る糸寒天は、多くの有名和菓子店の原材料として、高い信頼を得てきました。

「諏訪応援でんき」の返礼品である「南アルプス塩ようかん」は、良質な糸寒天、長野県大鹿村の塩泉から生まれる希少な山塩など、南アルプス近郊の優れた原材料をふんだんに使い、職人の手によって一つ一つ丁寧に作られた羊羹です。

(左)「真澄 山廃純米大吟醸 七號」、(右)「南アルプス塩ようかん」

左)「真澄 山廃純米大吟醸 七號」、(右)「南アルプス塩ようかん」 出典:富士見森のエネルギー

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

洗濯ができる太陽光電池の実現、衣服に貼り付けウェアラブルセンサーの電源にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月19日

新電力ネット運営事務局

洗濯ができる太陽光電池の実現、衣服に貼り付けウェアラブルセンサーの電源に

9月19日、理化学研究所は東京大学と科学技術振興機構との共同研究グループにて、超薄型有機太陽電池の開発に成功したと発表しました。洗濯も可能な伸縮性と耐水性を持つため、衣服に貼り付けることでウェアラブルセンサーなどの電源としての活用が期待されます。

富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月06日

新電力ネット運営事務局

富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指す

8月8日、富士見森のエネルギーは「ふるさと応援でんき」のサービスを開始したと発表しました。「ふるさと応援でんき」は、電力購入者に対して地域の名産品を返礼品として送付する料金プランです。

再エネの電気から食料をつくる、農業に適さない砂漠などでも生産可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月05日

新電力ネット運営事務局

再エネの電気から食料をつくる、農業に適さない砂漠などでも生産可能

7月にフィンランドのラッペーンランタ大学が、食品を電気から生産する研究成果について発表しました。太陽光パネルなどがあれば、砂漠など農業に適さない地域でも生産可能としており、世界の食糧問題を軽減させる可能性を示す内容となります。

アイテス、系統連系前およびCIS型パネルの効率点検を実現する機器を開発、CISの点検機器は業界初の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月01日

新電力ネット運営事務局

アイテス、系統連系前およびCIS型パネルの効率点検を実現する機器を開発、CISの点検機器は業界初

アイテスは8月、ソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」に、系統連系前パネルおよびCIS型ソーラーパネルの点検・確認を実現する2つのオプション機器を開発したと発表しました。このオプション機器により、停電状態となる系統連系前や、CIS化合物薄膜型ソーラーパネルの点検・確認が可能となります。

発電する「糸」、シャツに織り込み人間の動きで電気を生成、スマートウェアでIoTを身近にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月28日

新電力ネット運営事務局

発電する「糸」、シャツに織り込み人間の動きで電気を生成、スマートウェアでIoTを身近に

8月25日、テキサス大学ダラス校は、米韓の研究チームが伸縮やねじれで電気を発生させるハイテク糸を開発したと発表しました。ハイテク糸は「ツイストロン(twistron)」と呼ばれる素材が利用されており、衣服に織り込み発電することで、IoTを身近にする可能性を秘めています。