世界初、帆とソーラー発電システムの統合、再エネ発電を船舶に取り入れる

2017年08月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

世界初、帆とソーラー発電システムの統合、再エネ発電を船舶に取り入れるの写真

7月26日、福岡に本社を置くエコマリンパワーが、久福汽船と協力して、船舶用再生可能エネルギーソリューション「Aquarius MRE」の海上試運転の準備を開始したと発表しました。この取り組みにより、硬帆と太陽光発電の統合システムが、世界で初めて搭載されることになります。

海洋運輸における大気汚染の状況

国際海運から排出される温室効果ガスは、そのほとんどがCO2であり、国際海事機関(IMO)の調査によると、2012年の排出量は約8億トンとなります。これは、世界全体から排出されるCO2総排出量の約2.2%であり、ドイツ1国分の排出量に相当します。また、世界経済の成長を背景に、国際海運からのCO2排出量については今後も増大していくと予測されます。

国際海運のCO2排出抑制の国際的枠組みについて、京都議定書では国際海運の適用はありません。しかし、同議定書第2条第2項において、IMOにおいて、GHG排出量の抑制対策を検討することとされています。

IMOの具体的な取組として、燃費規制を導入する海洋汚染防止条約(MARPOL条約)の一部改正が日本主導の下採択され、2013年から規制が開始されました。また、2016年10月に開催された第70回海洋環境保護委員会では、日本主導の下、各船舶の燃料消費実績を「見える化」することで、船舶からの温室効果ガス削減を促すMARPOL条約改正案が採択されました。

また、船舶からの大気汚染防止全般については、1997年において採択されたMARPOL条約により、窒素酸化物や燃料油の硫黄含有率などが規制されることとなりました。そして2008年、第58回海洋環境保護委員会において、これまでの規制内容を大幅に強化する同条約附属書VI改正が正式採択されました。

世界初、帆とソーラー発電システムの統合

このように、船舶のクリーン化が求められる中、各国において様々な取り組みが実施されています。例えばフランスにおいては、2017年4月に再生可能エネルギーと水素だけで世界一周する双胴船「Energy Observer」号の進水式が行われました。

そして2017年7月、福岡に本社を置くエコマリンパワーが、久福汽船と協力して、船舶用再生可能エネルギーソリューション「Aquarius MRE」の海上試運転の準備を開始したと発表しました。

エコマリンパワーは、旅客フェリーや調査船、オイルタンカー、貨物船などの船舶用に、再生可能エネルギーを基にした燃料節約と排ガス低減ソリューションを開発する企業です。船舶用ハイブリッドパワー、コンピューター制御システム、船舶用ソーラーパワー、エネルギー貯蔵ソリューションなどの製品や ソリューションを提供しています。

エコマリンパワーが開発した「Aquarius MRE」により、エコマリンパワー社の特許技術を使用した硬帆と太陽光発電の統合システムが、世界で初めて搭載されることになります。「Aquarius MRE」は、硬帆とソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュール、船舶用コンピューターの先進的な統合システムです。これにより、太陽光や風力といった再生可能エネルギーを船舶に取り入れることを可能にします(図1)。

「Aquarius MRE」の軸は「硬帆」です。この「硬帆」は「Energy Sail」と命名されています。海上試運転で使用されるEnergySailは、寺本鉄工所の工場で製造されます。寺本鉄工所は1980年代にも硬帆の製造に携わっており、高品質の船舶艤装品の製造に関して豊富な実績があります。

技術とプロジェクトパートナー

図1 「Aquarius MRE」の技術 出典:エコマリンパワー

「Aquarius MRE」においては、推進力を再生可能エネルギーとすることで、燃料消費量の削減、大気汚染の低減、CO2排出量の削減につながります。船の運航中だけではなく、寄港中や停泊中でも再生可能エネルギーによる発電が可能です。

現在、エコマリンはBelgrano船、Nord Gemini船、Bulk Chile船を含む数隻の大型ばら積み貨物船に関するフィージビリティ・スタディを実施しています(図2)。推進力の推定値は、各船舶の運航経路に従って算出され、各船舶に設置可能な太陽光発電の総量が決定されます。

フィージビリティ・スタディ完了後、1隻の船が海上試運転フェーズ用として選ばれます。この海上試運転フェーズでは、約12か月から18か月間、「Aquarius MRE」の全要素が組み込まれる形で評価が行われます。

「Aquarius MRE System」候補船の1つ

図2 「Aquarius MRE System」候補船の1つ 出典:エコマリンパワー

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月30日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。2016年のセル+電池パックコストは273ドル/kWh となり、直近6年間で約1/4となる大幅なコストダウンが進んでいます。

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月29日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。EVは今後も順調にシェアを伸ばしていき、保有台数は2040年時点で2.8億台(全体の15%)に達し、電力需要が2%増、石油需要は2.4%減少すると見通されています。

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月19日

新電力ネット運営事務局

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始

1月17日、米国PG&Eはカリフォルニア州に7500台の電気自動車充電スタンドを設置するプログラムを開始すると発表しました。プログラムは2018年第1四半期から正式に開始され、2020年までの3年間継続されます。3年間の予算は1億3000万ドルです。

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月20日

新電力ネット運営事務局

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用

11月19日、Royal Dutch Shellとbio-beanは廃棄物となる「コーヒーかす」から作られたバイオ燃料を使用して、ロンドンのバスの一部に電力を供給していることを明らかにしました。bio-beanはShellから資金と技術面での支援を受け、2013年から4年を費やし、コーヒーを抽出した後の豆かすを原料とする燃料を開発しました。

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月01日

新電力ネット運営事務局

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野に

10月24日、ソニーは新たな移動体験の提供を目的としたニューコンセプトカート「SC-1」を試作開発したと発表しました。イメージセンサーで得られた映像をAIで解析することで発信する情報を変化させるほか、クラウド側には走行情報が蓄積され、それをディープラーニングで解析することで、最適な運行アシストに繋げることも可能です。