エネルギーデジタル化の最前線 第3回

2022年01月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第3回の写真

あらゆるところに埋め込まれたセンサーによって情報のデジタル化がこれまで以上に進む社会は、もう1つの現実世界を創りだそうとしている。

執筆者:一般社団法人エネルギー情報センター
理事 江田健二

富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。その後、RAUL株式会社を起業。主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事、環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション委員会委員等を歴任。

記事出典:書籍『IoT・AI・データを活用した先進事例8社のビジネスモデルを公開 エネルギーデジタル化の最前線2020』(2019年)

Googleを成功へと導いたビジネスモデル

今となっては信じられない話だが、Googleは創業当初の1998年から2000年ごろまで、収益源が少なく赤字続きだった。

検索エンジンの技術力は非常に高く評価されていたが、会社を運営する資金が尽きて、そのうち潰れてしまうと噂されていたほどだ。

事実、同じようなインターネット検索サービス事業者は収益化に苦戦し、市場から次々と退場していった。しかし、Googleは「検索エンジン広告」という新しいビジネスモデルを採用し、急成長を遂げる。

キーマンとなったのは、さきほど紹介した「情報経済の鉄則」の執私の一人であるハル・ヴァリアン氏だ。氏はGoogleの収益源となる広告モデルの導入に大きく貢献した。現在もGoogleの300人以上の経済学の専門家を牽引し、年1万件以上の実証実験を先導している。

Googleのこの20年間の大成功は必然だったといえる。なぜなら「情報の経済特性」をしっかりと理解し、ビジネスでの活用方法を熟知しているハル・ヴァリアン氏を仲間に加えていたからだ。

Googleの成功と他の検索エンジン会社の衰退から学べることは、「情報」を使ってビジネスを進めていくには、「情報を扱う技術力を磨くこと(検索エンジンの精度を向上させること)」だけでは片手落ちであり、「特性を理解したビジネスモデルを設計すること(検索エンジン広告ビジネスを展開すること)」が大切ということだ。

GAFAの次なる野望、各国の動き

最近、新聞やビジネス誌で見かける「GAFA(ガーファ)」という用語。「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」の4社がビジネスをどんどん拡大していることへの称賛と、予想を超えた力がこの4社に集約されることへの困惑から生まれた造語だ。

インターネット上の情報収集に飽き足らず、GAFAは、「現実世界」からの情報収集に着手し始めている。その先導にたっているもののひとつが、AIスピーカーだ。AIスピーカーはすでに世界中で5000万台が稼働している。

我が家にもGoogle製とAmazon製の2種類のAIスピーカーがあるが、非常に便利だ。一度使いだすと手放せない。なぜなら、話しかけるだけで、お気に入りの音楽を流してくれたり、アラームで時間を教えてくれたり、照明をつけてくれたりと生活が快適になるからだ。私がAIスピーカーに話しかけるたびに私の好みや行動情報が収集されている。 

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

エネルギーデジタル化の最前線 第6回の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年04月24日

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第6回

「モノからコトへ」と人の関心が移っていると言われて機会が増えてきている。家電やスマートメーターから集まってくる膨大なデータは、コト消費社会においてどのような役割と担うのでしょうか?

エネルギーデジタル化の最前線 第5回の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年03月12日

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第5回

GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)も参入する現実世界のデータを収集しビジネスに活用しようとしている。それに対して各国はどう対応していくのか?その中でエネルギー利用データはどのような位置づけになるのだろうか?

エネルギーデジタル化の最前線 第4回の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年02月16日

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第4回

GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)も参入する現実世界のデータを収集しビジネスに活用しようとしている。それに対して各国はどう対応していくのか?その中でエネルギー利用データはどのような位置づけになるのだろうか?

エネルギーデジタル化の最前線 第3回の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年01月25日

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第3回

あらゆるところに埋め込まれたセンサーによって情報のデジタル化がこれまで以上に進む社会は、もう1つの現実世界を創りだそうとしている。

エネルギーデジタル化の最前線 第2回の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年12月15日

新電力ネット運営事務局

エネルギーデジタル化の最前線 第2回

あらゆるところに埋め込まれたセンサーによって情報のデジタル化がこれまで以上に進む社会は、もう1つの現実世界を創りだそうとしています。第2回目は、この変化を自社のビジネスに活かしていくために、情報が持つ3つの経済特性についてお伝えしていきます。