アジア初、セブン‐イレブンが路面に設置する太陽光発電設備を導入

2017年12月14日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

アジア初、セブン‐イレブンが路面に設置する太陽光発電設備を導入の写真

12月6日、セブン‐イレブン・ジャパンは「セブン‐イレブン千代田二番町店」を、「ひとと環境にやさしい店舗」として開店すると発表しました。58種の技術による設備を採用しており、店舗全体の外部調達電力を約28%削減するほか、 対象設備に関連する作業時間を1日あたり約5.5時間削減することが可能となります。また、路面型太陽光発電設備の採用はアジア初となります。

58種の技術による設備を採用、セブン‐イレブンの新店舗

セブン‐イレブンは広範な社会・環境への取り組みを実施しており、エネルギー分野では例えば、太陽光パネルの設置を進めています。発電された電力はすべて店舗で使用しており、太陽光パネル設置店舗は、2017年8月時点で約8000店舗に拡大しています。

また、2011年からLED照明を標準仕様とするほか、配送車両においても、地球環境に優しいハイブリッド・EV・水素などの燃料電池トラックを導入しています。配送車両約5900台のうち、環境配慮型車両の導入は2017年8月時点で約870台となり、エネルギーロスを低減するエコタイヤの導入や、リユース促進のために更生タイヤの導入も進めています。2017年10月には、量産電気小型トラック「eCanter」を導入開始したと発表しました。[関連記事]

そのような活動を進めるセブン‐イレブン・ジャパンは、「セブン‐イレブン千代田二番町店」を、「ひとと環境にやさしい店舗」として開店すると発表しました。国内外の様々な分野を代表する企業が、「環境負荷の低減」「働きやすさの向上」「快適な店内環境づくり」をテーマとした技術や設備を提案しており、それらを結集した店舗となります。

38社が提案したご58種の技術による設備を採用しており、店舗全体の外部調達電力を約28%削減するほか、 対象設備に関連する作業時間を1日あたり約5.5時間削減することが可能となります。

採用された技術の1つである路面型太陽光発電設備は、アジア初の事例となります。この路面型太陽光発電設備「WATTWAY」は、フランスの建設企業Colas社が、フランス国立太陽エネルギー研究所と共同で開発した設備です。COP21において「Climate Solutions Award」を受賞しており、世界からの注目も高い技術となっています。

セブン‐イレブン・ジャパンは、今回の店舗での試用・検証をきっかけとして、可能なものから全国約19900店舗への拡大を検討するとしています。また、環境への負荷を低減できる設備の導入や、従業員が働きやすい環境の整備、「近くて便利」なお店づくりを通じ、広く社会的課題への対応を推し進めるとしています。

新店舗において採用された技術概要

①路面型太陽光発電設備
路面型太陽光発電設備

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

床面に高透過性・高耐久性のあるコーティングを施した太陽光パネルが設置されます。フランスの大手建設「ブイグ」グループの「コラス社」による路面太陽光発電設備『WATTWAY by Colas』を採用しており、アジア初の事例となります。100㎡敷設時では、発電量約10,000kWh/年となります。この発電量は、2013年の標準店舗使用電力の約7.2%に相当します。

②純水素燃料電池の発電利用
純水素燃料電池の発電利用

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

水素ガス容器から配管を経由し、水素を燃料電池に供給、発電するシステムです。水素ボンベ1本あたり約8時間の発電が可能です。24時間の稼働時発電量は約12264kWh/年となり、2013年の標準店舗使用電力の約8.8%に相当します。

③高効率太陽光発電システム
高効率太陽光発電システム

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

現行でセブン‐イレブン店舗に導入されている標準パネルと比べ、発電能力が約102%と高効率です。発電量は約11424kWh/年となり、2013年の標準店舗使用電力量の約8.2%に相当します。

④自動調光機能付き店頭看板
自動調光機能付き店頭看板

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

店頭看板の照明に、タイマー管理の自動調光機能が付加されます。段階的な調光により、使用電力量を削減します。使用電力量は約286kWh/年削減となり、2013年の標準店舗使用電力量の約0.2%に相当します。

⑤CO2 冷媒を使用した冷凍・冷蔵設備
CO2 冷媒を使用した冷凍・冷蔵設備

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

冷凍・冷蔵の販売設備すべてにCO2冷媒を使用し、環境への負荷を低減しています。従来固定式であった冷凍・冷蔵ケースの陳列棚をスライド式にすることで、作業効率を改善します。作業項目を商品補充と清掃として、作業時間は約54分削減される見込みです。

⑥スライド式の棚板/ブラケットの採用
スライド式の棚板/ブラケットの採用

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

従来固定式であった商品陳列用の棚板が、全てスライド式に変更されます。商品補充の作業時間が減少し、作業効率が向上します。既存の陳列棚に使用することでスライド式にできるブラケットも採用されています。作業項目を商品補充、清掃として、作業時間は約47分削減される見込みです。

⑦「ナノイーX」による店内空気の清浄
「ナノイーX」による店内空気の清浄

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

パナソニックの独自技術「ナノイーX」を使用した空調機、空気清浄機が採用されています。12種類の花粉の無力化や、PM2.5、アレルギー物質などを抑制するほか、脱臭機能も付加されています。

⑧新型ウォークイン冷蔵庫
新型ウォークイン冷蔵庫

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

従来は冷却風を循環させ、陳列棚・保管用棚の商品を冷却していましたが、陳列棚と保管用棚を分け、冷風を適宜使用し、壁面と棚で商品を冷却する方式に変更されています。作業時に従業員に冷風が直に当たらないので、負荷が減少します。

⑨快適空間トイレ
快適空間トイレ

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

プレミスト機能・自動便器洗浄機能を装備した便器が採用されています。防臭・抗菌作用を有する床と、消臭・抗菌作用を有する壁 ・天井材が採用されています。脱臭機能付き空気清浄機が設置され、節水型泡沫自動水栓が採用されています。

⑩バイオ PE を使用したステッカー
バイオ PE を使用したステッカー

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

サトウキビ由来のバイオエタノールから作られたポリエチレンステッカーが採用されています。化石燃料由来から植物性由来へ置き換えることでCO2排出量を削減します。

⑪レジ袋簡易取り出し/袋開口機能
レジ袋簡易取り出し/袋開口機能

 出典:セブン‐イレブン・ジャパン

レジ袋を取り出す作業性が改善されています。従来、屈んで袋を取り出す構造となっており、従業員の作業時に負荷がかかっていましたが、立ったまま袋を取り出すことができ、袋が開きやすくなることで働きやすさの改善につながります。作業項目をレジ袋詰めとして、作業時間は約55分削減される見込みです。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

微細藻類から燃料を作る、世界初の事業確立を目指した挑戦、ユーグレナとデンソーが包括的提携の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月22日

新電力ネット運営事務局

微細藻類から燃料を作る、世界初の事業確立を目指した挑戦、ユーグレナとデンソーが包括的提携

ユーグレナと、自動車部品サプライヤー最大手のデンソーは、双方の微細藻類に関する知見を持ち寄り、さまざまな事業の実用化に向けた包括的な提携をすることで基本合意したと発表しました。

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月01日

新電力ネット運営事務局

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %

東芝は、タンデム型太陽電池の実現に向けて、世界で初めて亜酸化銅を用いたセルの透明化に成功したと発表しました。透明で目立たず、限られた面積で高い発電効率を期待できる技術となります。太陽光発電事業において高い採算性の期待できる土地が少なくなる中、ニーズが高まっていくものと考えられます。

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月04日

新電力ネット運営事務局

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWh

第3回目の大規模太陽光発電の入札結果が公表され、最高落札価格は15.45円/kWh、最低落札価格14.25円/kWh(加重平均落札価格15.17円/kWh)という結果になりました。第1回目と比較すると非常に安価(加重平均落札価格では-4.47円/kWh)になり、今後ますますの価格低減のため、対象範囲拡大などの対応が検討されています。

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月29日

新電力ネット運営事務局

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目

RE100は2018年11月15日、2018年版の年次報告書を発表しました。報告書の中では、日本の成長は特に注目されていると明記され、環境省と外務省が自ら再エネ100%を目指したことが、急激な成長の要因になったと分析しています。

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動きの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月18日

新電力ネット運営事務局

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動き

「優先給電ルール」に則り、九州電力は、2018年10月21日に、九州エリア(本土)において再エネの出力抑制を実施しました。離島を除き、九州本土において初めての出力制御となり、11月5日までに合計で6回実施されています。