日本気象協会、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット取引価格をAI技術で予測

2017年08月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本気象協会、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット取引価格をAI技術で予測の写真

8月23日、日本気象協会は、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場を対象とした電力取引価格予測のサービス提供を開始すると発表しました。スポット市場での30分ごとの電力取引価格を人工知能(AI)によって予測する内容となります。

スポット市場での電力取引価格を人工知能(AI)によって予測

日本卸電力取引所(JEPX)は、日本で唯一の卸電力取引所であり、日本における電力自由化の流れの中で設立されました。卸電力取引は、発電事業者と小売電気事業者との間で行われる電力取引であり、JEPXでは一日前市場(スポット市場)や当日市場(時間前市場)のほか、先渡市場と掲示板市場により日々取引が行われています。

この中のスポット市場は特に取引が活発であり、各事業者の電力を余っている所から足りない所へ移動し、1日前の発電計画と需要計画をバランスする機能を持ちます。発電事業者の場合、発電した電力の販売先の1つとしてスポット市場の利用が検討されます。自社の発電量と販売量の計画に基づき、自社の発電可変費以上であれば売り、一方で発電可変費以下であれば買うということも可能です。

一方で小売事業者は、顧客の需要を予測し、調達するべき電力量を考えます。その調達方法の一つとしてスポット市場があり、不足する電力があれば買いとして入札します。仮に電力調達が過剰になった場合は、その分を市場を通じて売却することも可能です。

このように、日本の電力市場を支え活発化させるうえで重要な卸電力取引ですが、日本気象協会は、JEPXのスポット市場を対象とした電力取引価格予測のサービス提供を開始すると発表しました。スポット市場での30分ごとの電力取引価格を人工知能(AI)によって予測する内容となります(図1)。

プライス予測システムの概要

図1 プライス予測システムの概要 出典:日本気象協会

気温や日射量をはじめとした日本気象協会独自の気象予測データを利用

電力取引価格予測では、スポット市場でのシステムプライスが人工知能によって予測されます。これにより、小売電気事業者や発電事業者は、電力の市場調達コストを算出し、電力需要予測値に合わせた経済的かつ効率的な電力調達計画を作成することが可能となります。

予測では人工知能(AI)による解析技術をもとに、気温や日射量をはじめとした日本気象協会独自の気象予測データが用いられます(図2)。日本気象協会の「電力需要予測サービス」や「太陽光発電出力予測サービス」のノウハウを活用し、電力の需要・供給を考慮した電力取引価格予測が実現します。

プライス予測_予測結果

図2 予測結果(天候、曜日などによる価格の時系列変化を的確に表現) 出典:日本気象協会

電力の調達・販売に関する経済的な取引の実現に活用可能

利用用途としては、 小売電気事業者においては電力調達計画の作成に用いられることが想定されています。小売電気事業者は、計画値同時同量制度に基づき、必要な電力を事前に確保する必要があります。特に自社発電設備の少ない事業者は、翌日販売する電力の多くをスポット市場から調達する必要があります。

その点で、今回の電力取引価格予測により、市場調達コストを算出し、最適な調達計画を作成することなどが可能となります。なお、予測価格は2017年8月28日よりオンラインで配信され、今秋には地域ごとの価格(エリアプライス)予測が提供開始される予定です(図3)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

再エネのCO2削減価値をCtoCで取引する実証実験、ブロックチェーン活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月07日

新電力ネット運営事務局

再エネのCO2削減価値をCtoCで取引する実証実験、ブロックチェーン活用

電力シェアリングは4月、環境省が公募した「平成30年度ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2削減価値創出モデル事業」に採択されたと発表しました。2018年6月から実証実験を開始し、再エネのCO2削減価値をCtoCで取引するビジネスモデルの確立を目指すとしています。

仮想発電所を活用した地域の防災力強化、避難所の災害時用電源を集約制御の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年04月27日

新電力ネット運営事務局

仮想発電所を活用した地域の防災力強化、避難所の災害時用電源を集約制御

東北電力は4月、仙台市と仮想発電所(VPP)技術を活用し、地域防災力強化や環境負荷低減の実現に向けて連携すると発表しました。仙台市の太陽光発電と蓄電池を、東北電力の「VPP実証プロジェクト」におけるエネルギーリソースとして集約し、設備の稼働状況を最適制御するものとなります。

ブロックチェーンで電気自動車の充電支払い実験、住宅オーナーが充電設備を安価に導入できる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年03月05日

新電力ネット運営事務局

ブロックチェーンで電気自動車の充電支払い実験、住宅オーナーが充電設備を安価に導入できる可能性

中部電力、Nayuta、インフォテリアの3社は、中部電力の技術開発本部において、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験を実施すると発表しました。

日本初、蓄電池がなくても余った電気を融通するサービス、東電EPが実証試験の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年02月28日

新電力ネット運営事務局

日本初、蓄電池がなくても余った電気を融通するサービス、東電EPが実証試験

2月21日、東京電力エナジーパートナーとトヨタウッドユーホームは、「次世代スマートタウンプロジェクト」を共同で進めることに合意したと発表しました。その中で、蓄電池などの設備が無くても、余った電気を融通することができる「電気のお預かりサービス(仮称)」の実証試験を進めます。

ローソン、IoT化された店舗にコンビニ初の国産杉CLT使用、調達電力を6割削減見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月22日

新電力ネット運営事務局

ローソン、IoT化された店舗にコンビニ初の国産杉CLT使用、調達電力を6割削減見込み

1月18日、ローソンはコンビニエンスストアとして初めて、断熱性能の高い国産杉CLTを使用した木造の環境配慮モデル店舗「ローソン館林木戸町店」をオープンすると発表しました。IoT化された店舗設備の導入などにより、外部調達する電力量を2016年度の標準的な店舗対比で約6割削減する見込みです。