デマンドレスポンスで世界最大手のEnerNOC、Enel Groupによる2.5億ドルの買収に合意

2017年07月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

デマンドレスポンスで世界最大手のEnerNOC、Enel Groupによる2.5億ドルの買収に合意の写真

6月22日、デマンドレスポンスで世界最大手のEnerNOCは、イタリアの大手電力・エネルギー会社であるEnel Groupによる2.5億ドルの買収に合意したと発表しました。この買収により、Enel Groupは8000人以上の顧客、合計6GWの需要応答能力を取り入れる見込みです。

電力システム安定化、電力料金低下効果が期待できるデマンドレスポンス

デマンドレスポンスは、電力需給が逼迫した際、電力会社等からの要請に基づき需要削減するモデルです(図1)。ディマンドリスポンス推進協議会によると、電力システムのコストのうち約10%が、時間割合では1%に満たないピーク需要のために費やされていますが、デマンドレスポンスはそのピーク需要を抑える働きがあります。

こうした、1年のうち99%は稼動しないピーク需要用の発電所を建設・運用することに比べて、デマンドレスポンスは経済効率が良いとされています。つまり、デマンドレスポンスが電力システムに導入されることにより、電力システム安定化への貢献、電力料金低下効果が期待されます。

デマンドリスポンスの取引概要

図1 デマンドリスポンスの取引概要 出典:経済産業省

日本においては、これまで電力の需要量に応じて、予め発電機の整備を行い供給量を確保してきました。それは、電気は需要と供給のバランスをとるために、需要量と供給量を常に一致させなければならないからです。

これに対し、欧米ではCAISOやERCOTなど、電気の需要量を賢く制御するデマンドリスポンスで、需要と供給のバランスをとる取組が普及しています。例えば、需要のピークが発生しそうなタイミングで、皆が協力して一斉に需要量を抑制することにより、ピーク需要のために用意していた発電機の建設コストや維持管理コストを削減することができます。

EnerNOC、Enel Groupによる買収に合意

アメリカに本社を置くEnerNOCは、これまで説明してきたデマンドレスポンスの世界最大手ですが、イタリアのEnel Groupによる買収に合意したと発表しました。Enel Groupは5大陸、30カ国以上で約85GWのエネルギー管理容量を持ち、世界で6500万人以上の商業工業施設と住宅関連施設の顧客を抱えております。また、フォーチュン・グローバル500のリスト中78位の企業で、年間売り上は830億ドル(約9兆円) もの規模となります。

Enel Groupは子会社のEnel Green Power North America (EGPNA)を通して取引をする予定です。EGPNAはEnerNOCの普通株式を1株あたり$ 7.67で取得する公開買付けを開始する予定であり、2017年6月21日の同社の終値に対して約42%の増加、30日間の出来高加重平均価格に対して38%の増加となります。

この取引はEGPNAによるEnerNOC全株式の買収後、2017年の第3四半期(7月—9月)までに完了する見込みです。 なお、Morgan StanleyとGreentech Capital Advisorsが財務アドバイザーとして、またCooley LLPが法律顧問弁護士となる予定です。

この取引はEnerNOCの取締役会にて満場一致で合意され、総額約2億5千万米国ドルでの買収の合意に署名することとなりました。EnerNOC会長でありCEOのTim Healyは、「株主価値を最大化するために幅広い手段を査定し、総合的に戦略的なオプションを検討したのちに、Enel Groupとの契約を締結することができたことを大変嬉しく思う。Enel Groupと力を合わせて、より再生可能で分散したエネルギーの未来への移行を進める中で、コア事業の成長を加速し、顧客にさらなる価値を提供できることを楽しみにしている。」とコメントしています。

EnerNOCの買収により、Enel Groupは8000人以上の顧客、合計6GW(原子力発電所約6基分)の需要応答能力を取り入れる見込みです。また、顧客はデマンドレスポンスプログラムに参加することで、報酬を得ることができるようになります。Enel Groupは、EnerNOCのエネルギー管理機能を活用し、既存の顧客向けの新しいサービスのクロスセリング及び新しい市場への展開など、サービス提供を強化するとしています。

日本への影響、重要市場として引き続き事業継続

今回の買収における日本市場への影響ですが、EnerNOCは「日本は重要市場であり、これまで同様身近で、クリーンで、安全な未来を提供する」としています。また、エナノック・ジャパンは引き続き、丸紅との合弁企業として事業を行い、エナノック・ジャパンの組織には変更がありません。加えて、これまで以上に日本でのデマンドレスポンス発展に取り組む、としています。

EnerNOCは2012年に日本へ参入後、2013年~2016年度に経済産業省によるデマンドリスポンス実証に参加しています。また、経済産業省による「ネガワット取引のガイドライン作成検討会」、「ネガワットWG」に委員として参加し、日本でのディマンドリスポンス市場の発展に貢献してきました。

また、最近では2016年6月28日~2017年2月28日に、高度制御型ディマンドリスポンス実証事業として、DemandSMART(EnerNOCのDRエナジー・マネジメント・システム)により、商業及び工業需要家を対象とした高速デマンドレスポンスを実証しました(図2)。また、2017年4月には、独立系アグリゲーター最大規模の仮想発電所の商業運用を、九州電力管内で開始しています。

高度制御型ディマンドリスポンス実証事業

図2 高度制御型ディマンドリスポンス実証事業 出典:経済産業省

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月19日

新電力ネット運営事務局

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札

10月3日、サウジアラビアの再生可能エネルギー事業開発局(REPDO)は、現在計画中の300MWの太陽光発電所の入札で、1kWhあたり6.69736Halalas(約2.1円)の応札があったと発表しました。入札には27件の応募があり、その中から8件が入札資格認定を受けました。日本企業は丸紅、日揮、三井物産の3社が参加しています。

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなどの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月18日

新電力ネット運営事務局

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなど

10月11日、東京都は平成29年度に発行する「東京グリーンボンド」について、資金使途の対象となる予定の事業が決まったと発表しました。日本の自治体として初となるグリーンボンドであり、発行規模は200億円程度、発行時期は10月~12月が予定されています。

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月11日

新電力ネット運営事務局

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成

9月29日、秋田銀行は地元企業が主体となって出資する「A-WIND ENERGY社」が秋田県潟上市で実施する風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンスによるシンジケートローンを組成したと発表しました。

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月06日

新電力ネット運営事務局

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指す

10月3日、オリオン電機は、日本を含むアジア圏においてワンストップのIoTソリューションを提供するため、インターポレーションと資本・業務提携をしたと発表しました。エネルギー効率の改善を図るべく、BEMS領域、各スマートメーター(特にLPガス)等においてソリューションを提供するとしています。

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月24日

新電力ネット運営事務局

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資

8月23日、七十七銀行は宮城県石巻市で実施される宮城県内最大規模となる風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンス方式による融資契約を締結したと発表しました。融資契約金額は56億円、発電設備規模は合計で20.4MWとなります。