日本初の「日照不足」に対応した太陽光発電の保険、HDIが販売開始

2017年06月06日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本初の「日照不足」に対応した太陽光発電の保険、HDIが販売開始の写真

5月30日、ヨーロッパ大手の法人向け保険会社HDI Global保険会社は、「太陽光発電収益補償保険」の販売を開始すると発表しました。HDIによると、日本では初となる、日照不足等を要因とした売電収益の減少を補償する保険となります。

日照不足に対応した国内初の太陽光発電保険

日本において、固定価格買い取り制度の始まった2012年から太陽光発電所の数とその発電量は急激に増加しており、2015年度末累積で3,605万kWに達しました。企業による技術開発も後押しし、太陽光発電設備のコストも着実に低下してきています(図1)。世界的に見ると、IEA-PVPSによれば2015年末時点で日本は中国、ドイツに次ぐ世界第3位の累積導入量となっています。

太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移

図1 太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移 出典:経済産業省

このように太陽光発電産業は急成長を遂げていますが、天候や日照条件などにより出力が不安定であるという課題も残されています(図2)。この課題について、太陽光発電所の事業主や投資家にとっては、日照時間の不足による売電収入の減少は大きなビジネスリスクとなります。しかし、日本では太陽光発電事業特有の不測な収益減少リスクに対する総合的な保険がありませんでした。

太陽光発電の天候別発電電力量の推移

図2 太陽光発電の天候別発電電力量の推移 出典:資源エネルギー庁

そこでヨーロッパ大手の法人向け保険会社 HDI Global保険会社 (本社:ドイツ、以下:HDI)は、太陽光発電所の事業主および投資家へ「太陽光発電収益補償保険」の販売を開始すると発表しました。日本の保険市場では初となる「日照不足による売電収益減少への補償」を含む総合的な保険商品となります。

基本補償では、太陽光発電設備の電気的・機械的な事故による財物損害および利益損害のほか、地震・雹災・風災などの自然災害も補償することができます。更に、「Revenue Shortfall Extension(収益減少補償特約)」を付帯する場合では、太陽光発電設備の想定外の劣化、機器の欠陥などに起因する収益減少も補償されます。また、前述のように日照不足による収益減少も補償されます。

保険金額は、保険契約時に発電所の年間予想発電量に基づく年間予想売電収入が設定されます。 また、支払いの対象となるケースは、保険期間内の実際の年間売電収入が予想年間売電収入の90%未満になった場合、かつその原因が日照不足または「Revenue Shortfall Extension」にて補償される原因に該当する場合となります。

太陽光発電の多くのプロジェクトは、銀行等による融資を必要とします。とりわけプロジェクトファイナンスの場合、長期安定的な収益が見込めないと融資が受けられないこともあります。そのため、太陽光発電事業の事業主および投資家にとって、長期安定的な収益を維持することは極めて重要な課題となっています。今回の保険ソリューションが、従来の保険商品では補償できていなかったリスクをカバーすることで、太陽光発電事業が成長していくことが期待されます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

JEPXの価格変動リスクを抑える電力先物、金融により大勢が電力市場に参加できる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年04月09日

新電力ネット運営事務局

JEPXの価格変動リスクを抑える電力先物、金融により大勢が電力市場に参加できる可能性

経済産業省は4月、電力先物市場の在り方に関する検討会の報告書をまとめ発表しました。適切な電力先物市場の創設に向け、「電力先物市場の在り方に関する検討会」が平成29年12月から計4回開催されており、それらの内容が取りまとめられております。

2018年度の税制改正が決定、省エネや再エネ投資に関する新たな税制が新設の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月26日

新電力ネット運営事務局

2018年度の税制改正が決定、省エネや再エネ投資に関する新たな税制が新設

2030年度のエネルギーミックス実現に向け、省エネ投資促進によるエネルギー効率改善のほか、再エネの更なる導入拡大を進めることが重要と考えられます。こうした中、平成29年12月14日、与党より平成30年度税制改正大綱が公表され、12月22日に閣議決定されました。 今回の記事では、平成30年度税制改正の大綱における各省庁のエネルギー関連事項をまとめます。

2018年概算要求、再エネ・省エネ・蓄電池における新規一覧、FIT終了後に対応した補助金もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月18日

新電力ネット運営事務局

2018年概算要求、再エネ・省エネ・蓄電池における新規一覧、FIT終了後に対応した補助金も

今回のコラムでは、各省における2018年度の概算要求を基に、再エネ・省エネ・蓄電池における新規補助金を整理します。例えばFIT関連では、買取期間が終了した住宅用太陽光発電設備に対して、家庭用蓄電池や蓄熱設備の設置を支援する補助金が新規事業として概算要求に組み込まれています。

日本初の住民主体による地熱発電、熊本地震からの復活、資金をクラウドファンディングで調達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月13日

新電力ネット運営事務局

日本初の住民主体による地熱発電、熊本地震からの復活、資金をクラウドファンディングで調達

10月31日、熊本県の「わいた温泉郷」で、2016年の熊本地震で損傷した地熱発電の生産井戸の代わりとなる地熱井戸の掘削費用を、クラウドファンディングで調達する募集が完了しました。募集期間は2017年4月18日~2017年10月31日となり、一口あたりの金額は10,800円、254人が参加しました。

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月19日

新電力ネット運営事務局

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札

10月3日、サウジアラビアの再生可能エネルギー事業開発局(REPDO)は、現在計画中の300MWの太陽光発電所の入札で、1kWhあたり6.69736Halalas(約2.1円)の応札があったと発表しました。入札には27件の応募があり、その中から8件が入札資格認定を受けました。日本企業は丸紅、日揮、三井物産の3社が参加しています。