洋上風力発電を促進する法案が閣議決定、一般海域の占有が30年まで可能に

2018年03月15日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

洋上風力発電を促進する法案が閣議決定、一般海域の占有が30年まで可能にの写真

3月9日、経済産業省は「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」が閣議決定したと発表しました。洋上風力発電を促進する法案であり、これまで海域占有期間が3~5年であったところ、最大30年間まで可能となり、資金調達が容易になることが期待できます。

洋上風力、開発可能な「促進区域」を国が指定

洋上風力発電は、火力発電に比べ二酸化炭素の排出量が少なく、大規模な開発により経済性の確保も可能です。陸上風力と比較すると、船舶輸送のため輸送制約が大きいものの、一般的に風況も良く、大規模な発電量が期待できます(図1)。

また、約1~2万点と発電設備の部品点数が多く、関連産業への波及効果が期待できます(自動車は約1~3万点)。加えて、洋上風力発電設備の設置・維持管理での港湾の活用による地元産業への好影響が期待でき、普及は海洋政策上の重要課題の一つとされています。

洋上風力発電のメリット(陸上風力発電との比較)

図1 洋上風力発電のメリット(陸上風力発電との比較) 出典:経済産業省

電源別のライフサイクルCO2排出量については、「原子力・エネルギー図面集2016」によると、石炭火力は943g-CO2/kWhであるのに対し、風力は26g-CO2/kWhと36分の1以下です。

洋上風力のコストについて、欧州においては6~12円/kWhと火力発電と遜色ない水準であり、実用段階に入っています。実証段階にあった1990年の価格水準である60円/kWhと比較すると、5~10分の1まで価格を抑えることに成功しています。一方で、日本においては、海域占有が困難であるなどの理由から、依然として実証段階であり、36円/kWhと高価です。

既設の洋上風力発電設備 価格
欧州 3,589基(H28末 実用段階)←実証段階(H2頃) 約6~12円/kWh(H27頃~)←60円/kWh程度(H2頃)
日本 6基(全て国の実証試験(H29.3)) 36円/kWh(H26~)※現在買取は1件のみ

「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」の関連資料より作成

洋上風力発電について、日本では、海域の大半を占める一般海域については、長期占用の統一的ルールが存在しませんでした。港湾区域においては、平成28年度の港湾法改正により、長期占用が可能ですが、港湾区域は領海の約1.5%とわずかな領域に留まります。

一般海域についても、都道府県条例での運用は可能ですが、占用許可は通常3~5年と短期であり、洋上風力開発の資金調達を困難にします。FIT期間は20年間と長期に渡りますが、占有許可の期間が足を引っ張り、案件組成を阻害する要因となっていました。

また、これまで、地域の先行利用者(海運や漁業等)との調整に係る枠組みが存在しませんでした。そのため、先行利用者にとっては、発電事業者等への適切な意見の伝達が困難であり、発電事業者にとっては、先行利用の実態把握や先行利用者の特定が困難でした。

これらの問題から、3月9日、「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」が閣議決定されました。この法案は、基本方針の策定、促進区域の指定、当該区域内の海域の占用等に係る計画の認定制度を創設するものであり、洋上風力発電の開発促進が期待されるものです(図2)。

開発可能な海域は、経済産業大臣及び国土交通大臣が「促進区域」を指定します。この促進区域は、地域・関係者の理解を前提に、これから増やしていき、法案関連資料の中では、2030年までに5区域とする目標を掲げています。このため、地域の先行利用者(海運や漁業等)との調整が行われた海域での洋上風力開発が可能となります。

また、国土交通大臣が許可することで、最大30年間の海域占有が可能となります。通常3~5年となる都道府県条例での運用よりも長期間となり、事業予見性が高まると期待できます。また、FIT期間の20年間の途中で海域占有が途切れることもなく、資金調達が容易になると考えられます。

占用までの手続の流れ

図2 占用までの手続の流れ 出典:経済産業省

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月16日

新電力ネット運営事務局

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行

欧州の大手航空機メーカーAirbus社は8月、太陽光発電ドローン「Zephyr S」が25日23時間57分に及ぶ連続飛行に成功し、世界記録を達成したと発表しました。前回の世界記録が約14日だったため、10日以上の記録更新となります。

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加

東京商工リサーチは8月、2018年上半期(1-6月)「太陽光関連事業者」の倒産件数が43件となり、前年同期比6.5%減になったと発表しました。件数が前年同期を下回るのは8半期ぶりとなります。

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月26日

新電力ネット運営事務局

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例

経済産業省は7月、「平成29年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」を公表しました。調査報告書から、蓄電池やVPPなどの技術を活用した海外の先進事例とビジネスについて見ていきます。

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月14日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。