再エネ事業を展開するエコスタイル、豊中市立第八中学校で環境教育、豊中市と協働実施

2018年01月17日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

再エネ事業を展開するエコスタイル、豊中市立第八中学校で環境教育、豊中市と協働実施の写真

1月16日、エコスタイルはCSR活動の一環として、豊中市立第八中学校において「地球環境とキャリア」をテーマとする教育プログラム「ドリカムスクール」を実施すると発表しました。2018年1月から3月にわたり、豊中市と協働で実施されます。

エコスタイル、「地球環境とキャリア」をテーマとする教育プログラム「ドリカムスクール」を実施

社会の様々な問題を解決するためには、自ら考え、客観的に判断し、他者と協力しながら課題解決に向けて行動する力が必要となります。また、地球環境問題が社会に影響を与える中、持続可能な社会を構築していく必要があります。

こうした、「持続可能な社会」の担い手に必要な価値観を育む教育に「持続可能な開発のための教育(ESD)があります。このESDの構成概念は、日本の学習指導要領が重視する「生きる力の育成」、「知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成の重視」等に通じるものと考えられます。

ESDの国際的な流れとしては、2002年のヨハネスブルグ・サミットを契機に動き始めました。2005年には日本が提案した「国連持続可能な開発のための教育の10年(ESDの10年)」がスタートし、ESDは世界各国で取り組まれました。

最終年に当たる2014年には、日本で「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」が開催されました。そしてESDは、2014年12月の国連総会によりGAPに引き継がれ、そして持続可能な開発目標であるSDGsに盛り込まれました(図1)。

ESDの流れ

図1 ESDの流れ 出典:環境省

このように、環境教育の推進が求められる中、エコスタイルはCSR活動の一環として、豊中市立第八中学校において「地球環境とキャリア」をテーマとする教育プログラム「ドリカムスクール」を実施すると発表しました。2018年1月から3月にわたり、豊中市と協働で実施されます。

豊中市は「豊中市環境基本計画」と「豊中アジェンダ21」の2つの計画を軸に、市民・事業者・行政と協働して環境問題に取り組んでいます。また、2050年度までに市民1人あたり温室効果ガス排出量を1990年度比で70%削減するという目標も掲げています。

授業内で採用された企画は豊中市のHPに掲載される予定

ドリカムスクールは「環境教育」と「キャリア」をテーマとしており、生徒が企業から与えられた課題に取り組むキャリア教育プログラムです。豊中市立第八中学校とエコスタイル、そして豊中市が協働して授業を行います。

また、NPO法人JAE(日本アントレプレナーシップアカデミー)がコーディネーターを務め、企業と学校が連携しながらワークショップを行います。なお、エコスタイルは「ドリカムスクール」に2017年度も参画しています。

今回の「ドリカムスクール」は、2018年1月から3月にわたって全5回の授業が行われる予定で、1年生3クラスの生徒を対象に実施されます。「Stop地球温暖化!まちの人たちのエコアクションを広げる方法を考えよう!」というミッションのもと、生徒は地球温暖化防止対策を「広める方法」を考えます。

授業内で採用された企画は、実際に町の人たちに広げるため、豊中市のHPに掲載される予定です。また、並行してエコスタイル社員が、自身の体験に基づいた「私の人生グラフ」を語るというキャリア教育を実施します。

ドリカムスクールは通常の授業にみられる講義形式ではなく、生徒がグループに分かれ企画からプレゼンテーションまで体験していきます。そのため、キャリア教育としてだけでなく、チームで課題解決をする難しさや楽しさを学び、論理的思考力を養うことができます。

また、従来の教師から生徒への一方向的な情報の伝達とは異なり、民間企業ならではの実地に基づいた「ミッション」を提示し、生徒がミッションの解決に取り組むことで、より現実的な学びを得ることができます(図2)。

ドリカムスクールの様子

図2 教育の様子 出典:エコスタイル

エコスタイル、「再生可能エネルギーの普及・促進」「環境教育」「ダイバーシティの推進」に取り組む

エコスタイルでは持続可能な社会の実現に向けて「再生可能エネルギーの普及・促進」「環境教育」「ダイバーシティの推進」に取り組んでいます。この中で、環境教育については例えば、2016年に「第16回エデュケーションチャレンジ」、2017年には「パワー・オ ブ・イノベーション2017」に参画しています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

再エネ事業を展開するエコスタイル、豊中市立第八中学校で環境教育、豊中市と協働実施の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月17日

新電力ネット運営事務局

再エネ事業を展開するエコスタイル、豊中市立第八中学校で環境教育、豊中市と協働実施

1月16日、エコスタイルはCSR活動の一環として、豊中市立第八中学校において「地球環境とキャリア」をテーマとする教育プログラム「ドリカムスクール」を実施すると発表しました。2018年1月から3月にわたり、豊中市と協働で実施されます。

FIT買取期間が終了する2019年以降、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月19日

新電力ネット運営事務局

FIT買取期間が終了する2019年以降、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスに

12月18日、「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」が開催され、FIT制度からの自立に向けた事業環境の整備などについて検討が行われました。2019年以降、各発電所のFIT買取期間が順次終了しますが、その発電所は小売電気事業者やアグリゲーターにとって、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスとなります。

アジア初、セブン‐イレブンが路面に設置する太陽光発電設備を導入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月14日

新電力ネット運営事務局

アジア初、セブン‐イレブンが路面に設置する太陽光発電設備を導入

12月6日、セブン‐イレブン・ジャパンは「セブン‐イレブン千代田二番町店」を、「ひとと環境にやさしい店舗」として開店すると発表しました。58種の技術による設備を採用しており、店舗全体の外部調達電力を約28%削減するほか、 対象設備に関連する作業時間を1日あたり約5.5時間削減することが可能となります。また、路面型太陽光発電設備の採用はアジア初となります。

世界最大の蓄電池が南オーストラリア州で運転開始、129MWhの規模で風力による電力受入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月05日

新電力ネット運営事務局

世界最大の蓄電池が南オーストラリア州で運転開始、129MWhの規模で風力による電力受入

11月23日、南オーストラリア州政府は世界最大のリチウムイオン蓄電池が稼働開始したと発表しました。蓄電池を設置したのは米テスラであり、性能は100MW/129MWh、30000以上の家庭に十分な電力を供給する性能を保持しています。

千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月15日

新電力ネット運営事務局

千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標

11月13日、千葉商科大学は、所有しているメガソーラー野田発電所等で発電するエネルギー量と、市川キャンパスにおいて消費しているエネルギー量を同量にする「自然エネルギー100%大学」を目指すと発表しました。同大学は日本の大学単体では日本一大きいメガソーラー発電所を所有しており、それを活用することで2018年度に「RE100大学」、2020年度に「自然エネルギー100%大学」を目指します。