FIT買取期間が終了する2019年以降、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスに

2017年12月19日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

FIT買取期間が終了する2019年以降、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスにの写真

12月18日、「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」が開催され、FIT制度からの自立に向けた事業環境の整備などについて検討が行われました。2019年以降、各発電所のFIT買取期間が順次終了しますが、その発電所は小売電気事業者やアグリゲーターにとって、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスとなります。

FIT期間切れの太陽光発電、自由契約で余剰電力を売電

2009年に開始された余剰電力買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、2019年以降順次、その期間を終えることとなります。

買取期間が終了した電源については、法律に基づく買取義務は無くなります。そのため、「①電気自動車や蓄電池と組み合わせ自家消費」、「②小売電気事業者やアグリゲーターに対し、相対・自由契約で余剰電力を売電」といった2種類の方法にシフトすることが基本となります(図1)。

こうした環境変化は、住宅用太陽光発電設備を設置している需要家にとっては、自家消費型のライフスタイルへの転換を図る契機となります。また、小売電気事業者やアグリゲーターにとっては、新たな供給力と需要を獲得するビジネスチャンスとなります。

これらのようにFIT終了をメリットとするには、FIT制度からの自立に向けた市場環境を醸成する必要があります。そのため今後、買取期間の終了とその後のオプション等について、官民一体となって広報・周知が徹底される可能性が委員会で示されています。

住宅用太陽光のFIT買取期間終了後の基本的な考え方

図1 住宅用太陽光のFIT買取期間終了後の基本的な考え方 出典:経済産業省

これまではFIT買取価格が電気料金よりも高いため、売電量の最大化を図る傾向にありました。しかし買取期間が終了する案件が生じ始める2019年には、自家消費のメリットが現在より大きくなると考えられます。それは、2019年には10kW未満太陽光のFIT買取価格が家庭用電気料金と同水準に設定され、売電のメリットが薄くなるからです。(図2)。

2019年における住宅用太陽光をめぐる状況

図2 2019年における住宅用太陽光をめぐる状況 出典:経済産業省

FIT終了直後の案件、買手が不在の場合は一般送配電事業者が引き受け

FIT買取期間終了後には、一時的に余剰電力の買手が不在(無契約での逆潮流)になるケースが生じる可能性があります。こうした場合、無契約だからという理由で余剰電力の系統への逆潮流ができないよう解列することは難しいです。何故ならば、住宅用太陽光発電設備の場合は、宅内配線状況によっては解列により小売供給まで遮断される懸念があるからです。つまり、電気が止まることで、需要家に対して過大な不利益をもたらし得る可能性があります。

そのため、当該余剰電力については、一般送配電事業者に引受けを要請することが検討されています。この余剰電力については、一般送配電事業者が無償で引き受けることが要請される方向性です(図3)。

ただし、一般送配電事業者による引受けはあくまで一時的・例外的な措置です。今後の制度検討では、小売電気事業者やアグリゲーターによる、再エネを活用したビジネスを促進するような内容とすることが重要とされています。例えば前述のように、仮に発電した電力が無償で引き取られることとなれば、発電者としては電力の供給先切替を検討する契機となることが考えられます。

余剰電力の一時的な買手不在時の対応

図3 余剰電力の一時的な買手不在時の対応 出典:経済産業省

非FIT電源からの逆潮流を解禁することの必要性

現在、一需要家内にFIT認定設備と非FIT認定設備が併存する場合には、非FIT認定設備からの逆潮流は禁止されています。それは、FIT認定設備による発電量等を正確に計測することで、FIT制度に基づく買取量(逆潮流量)を正確に計量する必要があるからです。

ただ、2019年以降は買取期間が終了する案件が出るため、設置時期に差異があれば、FIT認定設備と非FIT認定設備(2019年で期間終了)が併存するようになる可能性があります。こうした場合、非FIT認定設備からの逆潮流を可能とする必要が出てきます。そのため、FIT電源の電気と非FIT電源の電気を区分する計量方法の整理を行う必要があります。

実証の結果、差分計量により、FIT電源からの逆潮流量と非FIT電源からの逆潮流量をそれぞれ計量することが技術的に可能であることが確認されています(図4)。このため、差分計量を適用することを前提として、非FIT電源からの逆潮流を解禁することの必要性が、今後検討されます。

FIT/非FIT認定設備が併存する場合の逆潮流の計量方法

図4 FIT/非FIT認定設備が併存する場合の逆潮流の計量方法 出典:経済産業省

按分計量を行っている需要家、買取者が異なる場合は差分計量へ移行

段階的に太陽光発電を増設したケースなど、買取価格が設備毎に異なる場合が既にあります。そうした場合、現在は証明用メーターを用いて按分計算を行い、各逆潮流量が算出され按分計量されています。

既に複数のFIT認定設備を保有し、按分計量を行っている需要家においても、設備の一部が非FIT化する可能性があります。そうした場合、按分計量から差分計量に移行する必要があるか否かについては、下記の形で整理される方向性です(図5)。

  1. 買取者が同一の場合 ⇒ 按分計量の継続又は差分計量への移行を選択
  2. 買取者が異なる場合 ⇒ 差分計量へ移行

按分計量を行っているシステムの一部が非FIT化する場合

図5 按分計量を行っているシステムの一部が非FIT化する場合 出典:経済産業省

差分計量に必要な「個別の配線工事の手配」などの費用、需要家側が負担の可能性

差分計量へ対応するためには、電気計器等の追加が必要です。そうした電気計器等の調達・設置・運用等については、一般送配電事業者が一括して実施することが合理的とされています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月16日

新電力ネット運営事務局

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行

欧州の大手航空機メーカーAirbus社は8月、太陽光発電ドローン「Zephyr S」が25日23時間57分に及ぶ連続飛行に成功し、世界記録を達成したと発表しました。前回の世界記録が約14日だったため、10日以上の記録更新となります。

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加

東京商工リサーチは8月、2018年上半期(1-6月)「太陽光関連事業者」の倒産件数が43件となり、前年同期比6.5%減になったと発表しました。件数が前年同期を下回るのは8半期ぶりとなります。

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月26日

新電力ネット運営事務局

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例

経済産業省は7月、「平成29年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」を公表しました。調査報告書から、蓄電池やVPPなどの技術を活用した海外の先進事例とビジネスについて見ていきます。

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月14日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。