風力・太陽光・蓄電を統合した世界初のトリプルハイブリッド、豪Windlabが建設開始

2017年10月26日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

風力・太陽光・蓄電を統合した世界初のトリプルハイブリッド、豪Windlabが建設開始の写真

10月19日、豪Windlabは風力・太陽光・蓄電を統合したトリプルハイブリッドシステムの建設を開始すると発表しました。事業に協力するVestasによると、この3要素を統合したシステムは、発電所規模では世界初の取り組みとなります。Clean Energy Financeなどから資金を調達後、1億6000万ドルをかけて建設される予定です。

世界初の風力・太陽光・蓄電を統合したシステム

太陽光や風力発電といった再生可能エネルギーは、天候などにより発電量が変わるため、系統に負荷をかけることとなります。その解決の一つとして、再エネ発電設備に蓄電池を併設することにより、出力変動を緩和する方法があります。

例えば、2017年4月にSBエナジーと三菱UFJリースは、蓄電池を併設するメガソーラー「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク2」を設置すると発表しています[関連記事]。

再エネと蓄電池を併設する手法は、系統負担の軽減策として今後も需要が見込まれますが、豪Windlabは風力・太陽光・蓄電を統合したトリプルハイブリッドシステムの建設を開始すると発表しました。事業に協力するVestasによると、この3要素を統合したシステムは、発電所規模では世界初の取り組みとなります。Clean Energy Financeなどから資金を調達後、1億6000万ドルをかけて建設される予定です。

それぞれの要素が補完、高い設備利用率を実現

風力・太陽光・蓄電を統合したトリプルハイブリッドシステムは「Kennedy Energy Park」と呼ばれ、オーストラリアQueensland州のFlinders Shireに建設されます。この地域は、Vestasによると世界トップクラスの風力と太陽光の資源に恵まれています。

「Kennedy Energy Park」は、43.2MWの風力、太陽光を追尾する15MWのメガソーラー、および4MWhのリチウムイオン蓄電池で構成されます。これらはVestas特注の生産制御システムによって管理されます。

風力発電はVestas製の風力発電「V136」が12基採用されています。ハブまでの高さが132メートル、1基当たりの出力が3.6MWと大規模であり、オーストラリアでまだ展開されていない最大の風力タービンです。リチウムイオン蓄電池はテスラによって提供される予定です。

システムは風力と太陽光の補完的な組み合わせによって、高い設備利用率を達成することができます。Vestasの制御システムによって、風力および太陽光が一体化された発電所として連動し、給電要件に適合可能な能力を提供します。

完成後、年間で約21万MWhの電力を生産することが期待されています。これは、平均的なオーストラリアの家庭35,000戸以上に電力を供給することが可能な電力量となります。

オーストラリアで進められるハイブリッド発電プロジェクトを支援

今回のプロジェクトは「1200 MW Kennedy Energy Park」の第1段階として計画されており、60.2MWの規模となります。「1200 MW Kennedy Energy Park」は、二酸化炭素排出の軽減と持続可能エネルギー生成においてクイーンズランド州北部およびオーストラリアに大きな恩恵をもたらすことを目指しています。

1200MWの規模を目指す第2段階は「Big Kennedy」と呼ばれ、クイーンズランド州政府の「Powering North Queensland Plan」の中心的な構成要素となっています。クイーンズランド州では夕方と夜に向けて風力資源が偏っているため、大量の太陽光発電をマッチングさせるのに理想的な環境です。そのため、ネットワーク全体のストレージ容量や、その他のピーク容量を削減することが可能であり、それが「Powering North Queensland Plan」の中心要素となっている理由の一つとなります。

今後さらにオーストラリアで進められるハイブリッド発電プロジェクトを支援していくために、Windlabはオーストラリア再生可能エネルギー庁を通じて、今回のプロジェクトで得た知見などをVestasと共有するとしています。

10年間のPPAをCS Energと締結

今回のプロジェクトは、WindlabとEurus Energy Holdingsの合弁会社であるKennedy Energy Park Holdingsが所有しており、1億6000万ドルをかけて建設される予定です。プロジェクトに必要な資産はWindlabとEurus Energyによって均等に提供され、Clean Energy Financeは、9400万ドルをプロジェクトに出資する予定です。また、オーストラリア再生可能エネルギー庁は、1800万ドルを返還可能な補助金の形で提供する予定です。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加

東京商工リサーチは8月、2018年上半期(1-6月)「太陽光関連事業者」の倒産件数が43件となり、前年同期比6.5%減になったと発表しました。件数が前年同期を下回るのは8半期ぶりとなります。

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月26日

新電力ネット運営事務局

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例

経済産業省は7月、「平成29年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」を公表しました。調査報告書から、蓄電池やVPPなどの技術を活用した海外の先進事例とビジネスについて見ていきます。

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月14日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割に

太陽光発電協会(JPEA)は5月、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。ピーク期の2014年度には9872MWもの出荷量がありましたが、2017年度には5670MWと約6割まで減少しており、FITの価格低下が大きな要因であると考えられます。