再エネの電源比率を高める効率的運用、東京や中部での導入促進が課題

2017年07月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

再エネの電源比率を高める効率的運用、東京や中部での導入促進が課題の写真

7月21日、経済産業省は再エネの導入拡大を可能とする需給調整資源の活用のあり方を、電力潮流の挙動とともに詳しく分析した「電力需給モデルを活用したシミュレーション調査」の調査報告書を発表しました。

再生可能エネルギーと電力需給の管理

2015年のCOP21で採択されたパリ協定において、21世紀後半に世界の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにする厳しい目標が言及され、ゼロ・エミッションかつ安全保障にも資する再エネの導入は今後も拡大すると考えられます。

日本においては、経済産業省の長期エネルギー需給見通しがあり,その中では日本の2030年の再エネの電源比率を22%~24%まで拡大する目標が示されています。しかし、時間帯によって出力変動のある再生可能エネルギー発電の本格導入に向けては、系統の需給運用を考慮することが必要です。なかでも、固定買取価格制度の導入開始以来、太陽光発電の導入が急速に増加したことが、系統へ大きく影響すると考えられています。

そうした背景もあり、経済産業省は「電力需給モデルを活用したシミュレーション調査」の調査報告書を発表しました。この報告書では、電力需給モデルを用いた数値シミュレーション分析により、再エネの導入拡大を可能とする需給調整資源の活用のあり方を、電力潮流の挙動とともに詳しく分析しています。

地域間で格差のあるノーダルプライス

長期エネルギー需給見通しでは、2030年の再エネ電力比率を22%~24%と想定しています。今回の報告書によるシミュレーションでは、長期エネルギー需給見通しの想定に加えて、再エネ導入が3割(32%)を達成するケースとの比較が行われます(図1)。

この再エネ3割増加のケースでは、環境省によるポテンシャル推計も踏まえ、風力発電と太陽光発電導入量は、長期需給見通しの想定(「基準ケース」)と比較して、倍増すると想定されています。

再生可能エネルギー発電設備量に関する想定

図1 再生可能エネルギー発電設備量に関する想定 出典:経済産業省

ノーダルプライスは、系統に関するコスト負担を考える上で重要な要素です。ノーダルプライスとは、ある地点の需要が単位量[kWh]増えた場合に追加的にかかる電力供給コストです。送電混雑や送電ロス等がなくなった場合は理想的な形といえますが、そうすると各地点のノーダルプライスは同一となります。逆に、系統の混雑が悪化するほどノーダルプライス格差が拡大し、託送料金も高騰します。

日本のノーダルプライスは、風力導入量の大きい北海道,東北,九州地域では再エネの余剰電力の影響で、ノーダルプライスが相対的に低下傾向となります。特に再エネ3割ケースでは、再エネ導入量の増加に伴う余剰電力の大規模な発生により,電力が供給過剰気味になるため,全国的にノーダルプライスが低下します。北海道や東北においては、特に電力が余るため、ノーダルプライスの低下が著しく地域間の格差が広がっています(図2)。

図2 各電力供給管内の電力ノーダルプライス(年間平均値) 出典:経済産業省

北海道、東北および九州の3地域で高い出力制御率

電力が特に余る地域については、出力制御の必要性が出てきます。しかし、再生可能エネルギーによる給電を最大限有効活用するには、出力抑制は最小化することが望ましいです。

この出力制御について、特に再エネ3割ケースでは、北海道、東北および九州の3地域では頻繁に発生し、対策の必要性が高いです(図3)。こうした出力制御を低下させる方法は様々ありますが、以下にて地域間の再エネ導入量を最適化すること、そして連携線自体を強化する方法の効果を見ていきます。

太陽光発電と風力発電の出力抑制率

図3 太陽光発電と風力発電の出力抑制率 出典:経済産業省

手法① 地域間で再エネ電源を最適化、東京や中部で再エネを促進

現在、太陽光等の自然変動電源は、九州や北海道地域などを中心に導入が進んでいます。そのため、こうした地域では電力需要の規模に対して自然変動電源の出力が相対的に大きく増加する時点が既に現れており、需給運用が困難となる要因になります。

そのため、各地域で再エネの導入量を最適化することで、出力抑制を少なくすることができます。特に東京や中部地域で再エネ発電を促進する「再エネ最適化ケース」では、太陽光の出力抑制が各供給エリアでほぼゼロとなります。加えて、九州等で太陽光余剰電力の発生が回避され、基準ケースに比べ、日本全体として電力ノーダルプライスの平準化が進みます(図4)。

(左)太陽光の出力抑制、(右)電力ノーダルプライス

図4 (左)太陽光の出力抑制、(右)電力ノーダルプライス(再エネ最適化)  出典:経済産業省

手法② 電力の余る北海道などでは連携線を強化

再エネの出力抑制を少なくする方法として、連携線自体を強化する方法があります。仮に、北本連系線、東北域内幹線(秋盛幹線/岩手幹線、十和田幹線、北上幹線、奥羽幹線)、関門連系線の送電線容量が基準ケースに比べ2倍に増強される場合は、太陽光の出力抑制率は全国で1.7%から0.7%まで改善します。また、ノーダルプライスも各地域間にて平準化が進むこととなります(図5)。

(左)太陽光の出力抑制、(右)電力ノーダルプライス (連系線増強)

図5 (左)太陽光の出力抑制、(右)電力ノーダルプライス (連系線増強) 出典:経済産業省

連系線容量を削減したケース、電力システム総コストの増加

連系線の運用に制約がかかるケースでは、連系線の容量制約により、太陽光、風力の出力抑制率が増加し、システム総コストも増加します。基準ケースに比べ、連系線、周波数変換所の運用容量が75%減少する「連系線制約ケース」に関しては、電力システム全体の総コストが200億円以上増加することとなります(図6)。

そのため、地域間の電力を融通する広域メリットオーダーの実現は、再エネ電力の効率的運用だけではなく、電力コスト全体の抑制に貢献すると考えられます。

電力システム総コストの比較

図6 電力システム総コストの比較 出典:経済産業省

電力システムの効率運用、再エネ導入は東京・中部、連携線強化は北海道・東北・九州

今回の報告では、電力システムを効率的に運用するためには、再エネ導入は東京・中部を中心に、そして連携線強化は北海道・東北・九州を重点的とすることが示唆されています。

例えば太陽光発電は、電力需要や調整容量の大きい東京、中部電力管内等で導入を進めることで、電力ノーダルプライスの価格水準が系統全体で平準化する傾向が見られました。

連携線強化に関しては、再エネ導入が進んでいる北海道、東北、九州地域の連系線容量を増強した場合、系統全体でのノーダルプライスの平準化の傾向が見られました。逆に,国内の連系線容量の運用容量が減少した場合、電力コストの上昇や再エネ出力抑制量の増加をもたらすことが示されました。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月15日

新電力ネット運営事務局

千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標

11月13日、千葉商科大学は、所有しているメガソーラー野田発電所等で発電するエネルギー量と、市川キャンパスにおいて消費しているエネルギー量を同量にする「自然エネルギー100%大学」を目指すと発表しました。同大学は日本の大学単体では日本一大きいメガソーラー発電所を所有しており、それを活用することで2018年度に「RE100大学」、2020年度に「自然エネルギー100%大学」を目指します。

世界最大の浮体式洋上風力発電所、スコットランド沖で稼働開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月31日

新電力ネット運営事務局

世界最大の浮体式洋上風力発電所、スコットランド沖で稼働開始

10月18日、ノルウェイのstatoilは浮体式洋上風力発電所をスコットランド沖で稼働開始したと発表しました。タービンの総出力は30MWで、浮体式洋上風力発電において世界最大規模であり、全長は253メートルに達します。その内の78メートルが海面下に沈み、構造物はバラストで浮上、ブイのように直立します。1基当たり3もの係留ケーブルが繋がることで安定する構造となります。

国家戦略特区「養父市」でメタン発酵発電、最新鋭トマトハウス併設でブランド確立を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月30日

新電力ネット運営事務局

国家戦略特区「養父市」でメタン発酵発電、最新鋭トマトハウス併設でブランド確立を目指す

10月26日、トーヨーグループのトーヨー養父バイオエネルギーは、 国家戦略特区「養父市」においてメタン発酵発電施設の起工式を執り行うと発表しました。2018年には発電施設の隣地に最先端農業技術の試験圃場を取り入れたトマトハウス施設の建設・運営が予定されており、養父市のブランドトマトの確立が図られます。

風力・太陽光・蓄電を統合した世界初のトリプルハイブリッド、豪Windlabが建設開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月26日

新電力ネット運営事務局

風力・太陽光・蓄電を統合した世界初のトリプルハイブリッド、豪Windlabが建設開始

10月19日、豪Windlabは風力・太陽光・蓄電を統合したトリプルハイブリッドシステムの建設を開始すると発表しました。事業に協力するVestasによると、この3要素を統合したシステムは、発電所規模では世界初の取り組みとなります。Clean Energy Financeなどから資金を調達後、1億6000万ドルをかけて建設される予定です。

世界初、山口県に竹専焼のバイオマス発電を開設、出力規模は約2MWの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月20日

新電力ネット運営事務局

世界初、山口県に竹専焼のバイオマス発電を開設、出力規模は約2MW

10月18日、藤崎電機は世界初となる竹を燃料として専焼するバイオマス発電所の起工式を執り行ったと発表しました。山口県山陽小野田市にて開設されるこの発電所は、出力規模は約2MW、山陽小野田バンブーバイオマス発電所と名付けられました。