電力自由化によって広がりを見せる新電力、ファン・コミュニティの魅力で訴求する仕組み

2016年10月15日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電力自由化によって広がりを見せる新電力、ファン・コミュニティの魅力で訴求する仕組みの写真

電力自由化に伴い、既存コンテンツのブランド力や地域の魅力にフォーカスしたプランが徐々に増えてきています。今回のコラムでは、そういった電力以外のブランドにおけるファンの購買力や、地域の持つ魅力を新電力事業に取り込む際の基本について概観していきます。

独自のファンを持つコンテンツの魅力を活用した新電力の仕組み

電力の自由化により、電力プランは爆発的に増加し多様性も生まれました。しかし、いくら魅力的なプランがあっても、電力に全く関心がない層には、その価値が響きづらいです。そうした層に電力販売を切り込むために、電力とは全く別のジャンルからファンを取り込むようなプランが生まれてきています。別のジャンルとは、例えばスポーツやアニメといったものであり、既に一定のファンや顧客を持つコンテンツとなります。

スポーツやアニメといったジャンルは、既にセグメントされたターゲット層を持っており、購買力も期待できるため、企業にとって非常にわかりやすい魅力的なコンテンツとなっています。そうした、既存のブランド力を橋渡しとして電力プランの販売力を強化するような多様性が生まれることも、電力自由化の魅力の一つです。

電力会社がスポーツなどのブランド力を取り入れる場合は、既に電力会社がブランド力を持つコンテンツを持っている場合を除き、他社との提携で事業展開します。そうすると、2社以上が資金を出して広告宣伝活動などを行えるので、一社当たりの負担は少なくなります。あるいは、1社だけでは実現しえない規模の広告などを製作することも可能となります。

企業同士のコラボは、ブランド力の強化にも繋がります。特に、認知度の高い企業同士のコラボでは効果が高いです。話題になりメディアなどでも取り上げられるので、お互いの企業の顧客がそれぞれの企業のブランドに注目することも期待できます。

新規顧客の獲得や、新境地の開拓といったことも見込めます。これまでのやり方では訴求できなかったセグメントに魅力を伝えられるようになります。また、ブランドイメージがある程度固まっている企業でこのようなことを試みると、人々はその意外性に注目します。

しかしいざコラボレーションするとなると、ブランドの持つ世界観、ファンの特徴、権利者のスタンスによって、重視すべきポイントはバラバラです。また、熱心なファンはたしかに購買力を持っていますが、その分クオリティには厳しい目を持っており、下手をすれば逆に反発を浴びさえします。普段目にする大ヒットしているコラボ商品の裏には、「とりあえずコラボ」の無数の失敗があるのです。異業種同士が協力し合うときには、両社の方向性などが一致するかを事前によく考えなくてはならないです。そして、「異業種同士がタッグを組んだ」という話題性だけでなく、顧客にとって価値のある新たなサービスを生み出せるかを、入念に検討する必要があります。

世の中には、非常に多くのコンテンツが溢れています。そうした中で、自社の電力商品と相性の良いコラボ先は、慎重に見極める必要があります。仮に電力商品との親和性が低いコンテンツと提携してしまった場合は、自社とコラボ先のお互いにとって不利益となるような結果になることも考えられます。

また、コラボ先の相手に流されすぎず、自社の目標とする道を常に意識することも大事です。協力関係を築いて一蓮托生としてやっていく訳ですから、コラボ先の意見を尊重しつつも、自社の利益も大事にするようなビジネスの目が必要です。

また、コラボスタート時は社会的なインパクトが大きいですが、それにいつまでも頼っていては持続的な経営は難しいです。顧客にとってメリットのあるサービスを提供できているかは、常に意識する必要があります。

地域の魅力を引き出す新電力の仕組み

電力とは別のジャンルから顧客を取り込むという観点では、地域(コミュニティ)の力を利用する形も非常に有効です。例えば、電力プランの調達先が地域内の発電所である場合は、地域内に雇用を生み、経済を地域内で循環させることができます。発電所の運営にも人手がいりますので、その運営にも雇用が生まれますし、本来地域外の電力会社に流出する資金(電気料金)に関しても、地域の電力会社が受け取ります。そうすると、地方の活性化といった効果が期待できます。

電力の販売で得た利益を地域に還元することにより、地域活性化を目指すような仕組みも考えられます(図1)。こうすることにより、自分の住む地域に愛着のある層は、地域の活性化を期待して電力プランに加入してくれる可能性が高まります。

地域新電力の概要

図1 地域新電力の概要 出典:環境省

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

次の記事:新電力で地域活性化、電気を使うだけでお気に入りの発電所を応援できるサービス

前の記事:省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見る

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月01日

新電力ネット運営事務局

FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野に

11月21日、調達価格等算定委員会にて、認定量が急増している「一般木材等バイオマス発電」については、2018・2019年度の調達価格が変更される可能性や、入札制度の導入も視野に入れることが示されました。入札制度は2018年度から導入される可能性があり、対象となる設備規模は今後検討される予定です。

第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月24日

新電力ネット運営事務局

第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果に

11月21日、低炭素投資促進機構は出力2000kW以上の太陽光発電設備における入札の結果を公表しました。今回、第一回目となるメガソーラーの入札では9件の落札があり、最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果になりました。

沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月22日

新電力ネット運営事務局

沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達

11月17日、沖縄電力は火力発電の出力制御などの措置を行っても、沖縄エリアの余剰が解消されないことが見込まれる場合には、各系統毎に、太陽光・風力の出力制御を行うと発表しました。沖縄電力は今後、バイオマス・太陽光・風力の発電事業者に、出力制御に関する具体的な対応内容について、書面の送付などを実施するとしています。

平成29年度FITの認定申請の提出期限、改正FITに伴い例年よりも前倒しにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月14日

新電力ネット運営事務局

平成29年度FITの認定申請の提出期限、改正FITに伴い例年よりも前倒しに

11月10日、資源エネルギー庁は固定価格買取制度の平成29年度中の認定申請等にかかる提出期限を発表しました。改正FITにより審査項目が増加し、審査期間が長期化したこと、認定時に接続の同意を証する書類が必要となったこと等から、例年よりも前倒しして各種提出期限日が設定されています。

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月08日

新電力ネット運営事務局

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算

環境省では2017年6月より「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」が開催されており、様々な方向性について検討が進められています。電力業界に対するカーボンプライシングも検討が進められており、本コラムではその内容について見ていきたいと思います。