Apple、2015年の再エネ利用率が93%に、2012年から約30%増加

2016年05月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

Apple、2015年の再エネ利用率が93%に、2012年から約30%増加の写真

アースデイである4月22日、Appleは自社における再生可能エネルギーの利用率が93%に達したことを発表しました。Appleは100%を再生可能エネルギーでまかなう目標を掲げており、太陽光発電など再エネの導入を積極的に進めています。

Apple、アースデイに再生可能エネルギー93%を達成したと発表

アースデイとは、地球環境について考える日として提案された記念日のことです。4月22日がアースデイとして広く普及しています。

アースデイの概念は、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1969年に提起しました。1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言、環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけたのがアースデイの始まりです。この呼びかけに呼応した人間の数は2000万人以上であったとも言われています。

このアースデイに、Appleが利用する電力の93%が再生可能エネルギーであると発表がありました。同社が対象としているのは自社オフィス、Apple Store、データセンターを含む自社施設全ての電力です。米国、英国、中国、オーストラリアを含む23ヶ国では既に再生可能エネルギー100%を実現しています。

2012年では6割が再生可能エネルギー、3年間で約3割の増加

Appleにおける再生可能エネルギーの利用率は年々と増えており、2012年は60%であったものが、2015年には93%と3年間で約3割伸びています。

再生可能エネルギーの利用割合増加に伴い、発電量や削減CO2も増えています。発電量に関しては2012年の約3億kWhから、2015年には約9億kWhと3年間で約3倍に伸びています。削減CO2に関しても、2012年の約12万トンから2015年には約36万トンと、こちらも約3倍伸びています。

再生可能エネルギー KPI Unit 2012年 2013年 2014年 2015年
割合 % 60 73 87 93
発電量 million kWh 294 522 703 916
削減CO2 metric tons CO2e 118,090 213,770 282,990 362,410

出典:Apple資料より作成

iMessageのやり取りでは再生可能エネルギーを100%利用

iMessageを利用したメッセージは、毎日世界中で何百億という単位で世界中で行きかっています。その処理に使われている同社のデータセンターのエネルギーの100%が、再生可能エネルギーで稼働しています。

アースデイにあわせて公開された動画は、普段何気なく利用しているサービスの環境負荷に光を当てる内容となっています。

都市圏でも屋根利用で太陽光発電を拡大

Appleは再生可能エネルギーの利用率を高めるため積極的な投資を進めています。例えば、シンガポールにおいては人口密度が高いので、大規模な太陽光発電を建設するスペースの確保が難しいです。そこで、再生可能エネルギーのプロバイダーであるSunseapと協業、800以上の建造物の屋上に32MWのソーラーパネルを設置しました。この太陽光発電プロジェクトにより、シンガポールにあるアップルの全てのオフィスとデータセンターの電力が賄われています。

Appleのシンガポールにおける太陽光発電プロジェクト

出典:Apple

サプライチェーンのCO2削減、2020年には4GWもの再エネ導入計画

Appleは自社施設だけでなく、サプライチェーン全体のCO2排出量削減にも積極的に取り組んでいます。同社は生産を外部に委託する、自社で工場を持たないビジネスモデルを中心としていますが、中国では、製造工程におけるCO2排出量を相殺するため、200MWの太陽光発電施設を中国において建設中です。

同社は、2020年までに4GWもの再生可能エネルギーによる発電所を導入する予定であり、そのうち2GWを中国において実施する予定です。実現すれば、3千万トン以上のCO2を削減可能であり、これは600万台の自動車が1年間走らないことと同等の効果をもたらします。

今後2年間の間で、電子機器受託生産の最大手であるフォックスコンと協力、400MWの太陽光発電を導入し、鄭州にあるiPhoneの最終製造施設での電力利用をまかなう予定です。

中国で建設中の太陽光発電イメージ

出典:Apple

Apple製品、2008年と比較し消費電力を平均64%削減

Appleでは製品の省エネにも取り組んでいます。例えば、MacOSにおいてはスリープ機能などの強化により、省エネが進んでいます。製品に関しては、MacBook Airの消費電力は、初代モデルと比べて52%低減、Apple TVにおいては初代モデルから90%低減しています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月04日

新電力ネット運営事務局

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWh

第3回目の大規模太陽光発電の入札結果が公表され、最高落札価格は15.45円/kWh、最低落札価格14.25円/kWh(加重平均落札価格15.17円/kWh)という結果になりました。第1回目と比較すると非常に安価(加重平均落札価格では-4.47円/kWh)になり、今後ますますの価格低減のため、対象範囲拡大などの対応が検討されています。

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月29日

新電力ネット運営事務局

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目

RE100は2018年11月15日、2018年版の年次報告書を発表しました。報告書の中では、日本の成長は特に注目されていると明記され、環境省と外務省が自ら再エネ100%を目指したことが、急激な成長の要因になったと分析しています。

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動きの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月18日

新電力ネット運営事務局

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動き

「優先給電ルール」に則り、九州電力は、2018年10月21日に、九州エリア(本土)において再エネの出力抑制を実施しました。離島を除き、九州本土において初めての出力制御となり、11月5日までに合計で6回実施されています。

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月05日

新電力ネット運営事務局

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表

スマートテックは、太陽光発電の2019年問題に対応した電力買取サービス「スマートFIT」の受付を開始しています。「東北、関東、中部、近畿、中国、九州」の6電力エリアで、10kW未満の固定価格買取制度の適用を受けているケースが対象となります。

存在感を増す環境国際イニシアティブ、CDPへの回答動機や、RE100・SBTに参加する背景とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月24日

新電力ネット運営事務局

存在感を増す環境国際イニシアティブ、CDPへの回答動機や、RE100・SBTに参加する背景とは

経済産業省は8月、国内における環境価値取引市場の動向調査の報告書を発表しました。この記事では、国際イニシアティブに関する情報をまとめ、それぞれのイニシアティブに対応する企業の目的を見ていきます。