100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性

2016年04月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性の写真

オランダにおいて、2025年までに電気自動車以外の車両販売を禁止する法案が可決する見込みです。ガソリン車やディーゼル車だけではなく、ハイブリッド車までも規制の対象となる可能性がある内容となっています。

ハイブリッドカーさえも禁止、電気自動車のみ販売できる法案の可決見込み

今回の法案は、オランダにおいてガソリンなどの化石燃料を利用する自動車の新規販売を、2025年までに禁止するものです。環境に優しいとされるハイブリッドカーでさえも、化石燃料を利用するので規制の対象となります。

この電気自動車に関する法案は、オランダの下院議会に提出され、賛成多数の状況にあります。上院議会でも通過すれば、強制力のある法として施行される可能性があり、化石燃料による自動車の新規販売を完全に禁止する世界初の事例となります。

仮に、法案の内容が変更されずに施行されると、100%電気の力で走る電気自動車のみが新規販売可能となります。水素を利用して電力を取り出す燃料電池を搭載した車両は、規制の対象にはならない見込みです。ただし、2025年度は「期間が短すぎる」として実現可能性を疑問視する意見もでており、今後も引き続き法案の詳細や採用の可否そのものが議論されます。

電気自動車の販売に適した条件を持つオランダ

オランダは、日本と異なり土地が狭いため、電気自動車の普及に有利な地域条件となっています。電気自動車の航続距離は短く、充電にも時間がかかるため、国土が狭いほど電気自動車の普及が容易となります。オランダにおける主要都市間の距離は、200キロメートル未満であり、国の東西間の距離は約160kmであり、総面積は九州程度と非常にコンパクトです。

「Inside EVs」によると、2015年にオランダ国内で販売された電気自動車は約4万3000台で、全自動車の販売台数約45万台の9.6%を占めており、世界の中でも高い割合です。

自動車の国内販売台数のうち、約22%を電気自動車が占めるノルウェーには及びませんが、米国の0.66%、英国の1.1%、カナダの0.35%などと比較すると、オランダは電気自動車の割合が高いです。オランダは、今回の法案以外にも、2018年までに電車に供給する電力を全て風力発電とする計画を立てるなど、化石燃料を排除するための計画を立てています。

日本における電気自動車の割合は0.1%程度

一般財団法人自動車検査登録情報協会のデータによると、平成28年1 月末時点で、2輪車を除く自動車の日本における保有台数は、77,660,051台でした。

一方で、平成26年度における「電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車」の全てを合計した保有台数は 114,868台であり、約0.14%です。オランダなどと比較すると、まだまだ低い割合であり、今後の普及が期待されます。

年度末  H22  H23 H24  H25 H26
EV 乗用車  4,636  13,266  24,983  38,794  52,639
貨物車  7  11  25  31  384
乗合車  11  15  22  28  37
特種車  16  30  31  34  35
軽自動車 4,360  8,940  13,646  15,870  17,611
PHV 乗用車  379  4,132  17,281  30,171  44,012
FCV 乗用車  –  –  –  –  150
EV・PHV 合計 9,409 26,394 55,988 84,928  114,868
HEV 乗用車 1,404,137  2,012,559  2,833,443  3,792,886  4,640,743
貨物車 9,717  11,118  12,204  13,200  13,727
乗合車  677  738  857  969  1,036
特種車 3,464  4,243  5,313  6,144  6,907
軽自動車 405  351  288  188  54,931
HEV 合計 1,418,400  2,029,009  2,852,105  3,813,387  4,717,344
EV・PHV・FCV・HEV 合計  1,427,809  2,055,403  2,908,093  3,898,315  4,832,212

表1 日本における次世代自動の保有台数 出典:一般社団法人次世代自動車振興センター

日本においては、電気自動車などの割合はまだまだ低いですが、年々と保有台数を伸ばしてきています。平成22年度の保有台数は約9400台であったのに対し、平成26年度は約11万4000台と、4年間で18倍近く伸びています(図1)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

世界初、窓を「ガラス」から「樹脂」で3割軽く、国産EVのスポーツカー量産モデルにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月29日

新電力ネット運営事務局

世界初、窓を「ガラス」から「樹脂」で3割軽く、国産EVのスポーツカー量産モデルに

6月28日、京都大学発の電気自動車(EV)メーカーであるGLMは、車の軽量化を実現する樹脂製のフロントウインドーを「トミーカイラZZ」に搭載することに成功したと発表しました。市販車としては世界初であり、従来の窓より3割以上軽いのが特長です。

旭化成と国内EVメーカーのGLMが共同開発、電気自動車のコンセプトカーを発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月12日

新電力ネット運営事務局

旭化成と国内EVメーカーのGLMが共同開発、電気自動車のコンセプトカーを発表

旭化成は5月、電気自動車メーカーであるGLMとの共同開発により、コンセプトカー「AKXY(アクシー)」を完成させたと発表しました。AKXYの開発は、旭化成とGLMが2015年から協議・制作を進めてきたものです。GLMのEVプラットフォームを活用することにより、実走行が可能な設計となっています。

大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月05日

新電力ネット運営事務局

大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売へ

インド政府は、国内で販売する自動車について2030年までに全て電気自動車とする政策方針を発表しました。インドでは年間100万人以上がPM2.5の影響で死亡しているという報告もあり、電気自動車への変換によって大気汚染が改善することが期待されます。

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月10日

新電力ネット運営事務局

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航

5月3日、シンガポール空港はサンフランシスコ線に投入するA350-900で、バイオ燃料による太平洋横断飛行を開始したと発表しました。最初のフライトは、5月1日にシンガポール行きの便としてサンフランシスコを出発し、206人の乗客が搭乗しました。

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月24日

新電力ネット運営事務局

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功

4月20日、Liliumはドイツのバイエルン州において、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」の飛行試験が成功したと発表しました。電動のため環境や騒音への影響が少なく、滑走路も必要でないことから、都市部での利用可能性も期待できます。