太陽光発電でディズニーがミッキーを描く、未来体験のエプコット近辺で

2016年04月14日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電でディズニーがミッキーを描く、未来体験のエプコット近辺での写真

アメリカのウォルトディズニー・ワールドと電力大手のDuke Energy社は、ミッキーマウスの形状に配置した太陽光発電設備をオープンしたと発表しました。空から見て初めてミッキーとわかるような、広大な敷地に太陽光パネルを敷き詰めています。

空から見て初めて分かる、隠れミッキーの太陽光発電パネル

発電所の名称は、「ウォルトディズニーワールドソーラー・ファシリティ」です。8万平方メートルの敷地に4万8000個の発電パネルが設置され、5メガワットもの発電能力を持っています。約4万5000平方メートルとなる東京ドームの1.8倍近い面積となります。発電能力としては、約820の家庭に電力を供給するのに必要な規模となります。

発電所はディズニーの広大なテーマパークの一つ、「エプコット」の近くにあるものです。エプコットは未来のコミュニティを体験できるゾーンで、太陽光発電はコンセプトに合ったエネルギーとなります。訪れる客は「ワールドドライブ」と呼ばれる道路を通ってパークに入場し、今回の隠れミッキー発電所は、その道路に近い位置に建設されています。

この隠れミッキーは、上空から見ると初めて発見できる仕掛けとなっています。面積が東京ドームよりも広いため、地上から太陽光発電を見ても、形の全容が分からないからです(図1)。

隠れミッキーの太陽光発電パネル

図1 隠れミッキーの太陽光発電パネル 出典:DUKE ENERGY

植林で生まれた森林が、最大の隠れミッキー

隠れミッキーで面積が最大だと考えられているものは、今回の太陽光パネルではなく、フロリダ州クレモントにある「ミッキーマウス・フォレスト」です。大きさは約24万平方メートルなので、8万平方メートルの太陽光パネルの3倍以上となります。

「ミッキーマウス・フォレスト」は、6万本にも及ぶ樹木が植えられており、1992年にディズニーの森林再生プログラムの一環として作られたものとなります。太陽光発電システムと同様、環境保全に貢献する形の隠れミッキーとなります。

アメリカの太陽光市場、累積25GWを超える

今回の太陽光パネルは、アメリカに設置されたものですが、同国の導入容量について簡単に見ていきたいと思います。SEIAが3月9日に発表した資料によると、アメリカの太陽光発電市場は累計容量25GWを超えたとのことです。2015年には7260MWを設置し、2014年度の6247MWよりも16%の増加、かつ史上最大の導入量となりました(図2)。

investment Tax Creditと呼ばれる税控除制度と、太陽光のシステム価格下落が主な要因となっており、太陽光市場は堅調に伸びているといえます。

アメリカ―の太陽光発電市場推移

図2 アメリカの太陽光発電市場の推移 出典:Solar Energy Industries Association

日本の新電力でも、趣味を扱ったオプションでメリット訴求

電力小売りの全面自由化が始まり、新電力各社は料金プランに独自のメリットを打ち出し、顧客獲得を目指しています。ディズニーの太陽光パネルのように、需要家の趣味や関心を引くオプションも出てきているので、その一部を下記いたします。

例えば、中国電力では「カープ応援メニュー」をオープンしました。電気の使用等に応じたポイントに加え、プロ野球公式戦におけるカープの勝利や年間成績に応じてポイントが貯まります。また、貯まったポイントはカープの観戦チケットやグッズに交換できます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

中国山西省で世界初の「パンダ型」の巨大メガソーラー、半分の50MWがグリッドに正式接続の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月24日

新電力ネット運営事務局

中国山西省で世界初の「パンダ型」の巨大メガソーラー、半分の50MWがグリッドに正式接続

Panda Green Energy Groupは6月、中国山西省で世界初の「パンダ型メガソーラー」を系統に接続したと発表しました。発電所の全体としては設備容量が100MWの予定となっており、今回は第一段階として半分の50MWが試験運転に入った形となります。

トヨタ、北米の新本社屋では使用電力の全てを再生可能エネルギーで賄う予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月14日

新電力ネット運営事務局

トヨタ、北米の新本社屋では使用電力の全てを再生可能エネルギーで賄う予定

7月6日、トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North Americaは、新本社屋のオープニング式典を実施し、使用電力の全てを再生可能エネルギーで賄う予定であると発表しました。2万枚以上のソーラーパネルを設置することで使用電力の30%以上を賄うほか、足りない電力については州内の風力発電による電力を調達します。

世界初、海流発電の100kW級実証試験、2020年の実用化を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月11日

新電力ネット運営事務局

世界初、海流発電の100kW級実証試験、2020年の実用化を目指す

7月7日、NEDOとIHIは水中浮遊式海流発電システムの100kW級実証機「かいりゅう」を、IHI横浜事業所で完成させたと発表しました。今夏、実際に海流を利用した100kW規模の海流発電としては、世界初となる実証試験が行われます。

マグマ起源の流体を利用する次世代の地熱発電、超臨界地熱発電の実現可能性の調査開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月06日

新電力ネット運営事務局

マグマ起源の流体を利用する次世代の地熱発電、超臨界地熱発電の実現可能性の調査開始

7月4日、NEDOは超臨界地熱発電技術について実現可能性の調査に着手すると発表しました。超臨界地熱発電は、国内の地熱発電容量を現在の数十倍以上にできるポテンシャル(数十~数百GW)があるとされている次世代の地熱発電技術です。

四国電力、太陽光発電では初めての海外発電(IIP)事業、チリ共和国で実施の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月27日

新電力ネット運営事務局

四国電力、太陽光発電では初めての海外発電(IIP)事業、チリ共和国で実施

6月23日、四国電力は双日およびフランスの大手建設会社であるEiffage S.A.社と共同事業体を結成し、チリ共和国における太陽光発電 事業に参画すると発表しました。四国電力にとっては4件目の海外発電事業であり、太陽光発電では初めての案件となります。