【太陽光発電】再利用・リサイクルの新会社、FIT終了後の大量廃棄に向け

2016年03月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

【太陽光発電】再利用・リサイクルの新会社、FIT終了後の大量廃棄に向けの写真

使用済みの太陽光発電を再利用・リサイクルする企業「アールツーソリューション」(東京・中央)が、3月1日に設立されました。今後、規模の大きくなる太陽光発電の廃棄量に着眼し、再利用とリサイクル、廃棄物処理を組み合わせたビジネスとして展開します。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

廃棄された太陽光パネルを再利用・リサイクルする新会社誕生

「アールツーソリューション」の設立には、太陽光パネル再利用のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県)、リサイクルのリサイクルテック・ジャパン(愛知県)、廃棄物処理の市川環境エンジニアリング(千葉県)、破砕機メーカーの近畿工業(兵庫県)が出資しています。

アールツーソリューションによるビジネスフロー

太陽光パネルは、老朽化したものに加え、災害で破損したものなど幅広く全国から受け入れる形となります。それらを検査し、再利用が可能な場合は販売します。再利用が不可能な状態であった場合、太陽光パネル専用の設備で分解、アルミや銀などを素材ごとに取り出しリサイクルします。

出資している企業の内、ネクストエナジー・アンド・リソース社は既に中古太陽光パネルの再利用ビジネスを展開していますが、再利用できない場合はリサイクル業者に引き渡していました。今回設立された「アールツーソリューション」では、再利用・リサイクルを一括して実施することが可能となっています。

廃棄太陽光パネルビジネスの市場規模

太陽光パネルの廃棄量

太陽光パネルの廃棄量は現在、年間約2400トンとみられていますが、環境省の試算によると、2040年には年間約80万トンと300倍以上の規模に成長する見込みです。今後、10~20年間の固定価格買取制度(FIT)の適用対象外となった段階で、急激に廃棄量が増加する想定となっています

太陽光発電の廃棄量推移

出典:環境省

今後、大量の太陽光パネルが廃棄されると想定される一方で、現在はまだまだ市場の規模が小さいです。以下では、廃棄物太陽光ビジネスの「再利用」と「リサイクル」の現状と今後を見ていきたいと思います。

再利用ビジネス

国内向け再利用ビジネス

再利用の国内向けは販売先が現状で少なく、リサイクルの実証試験や性能評価、自然劣化等の研究用途、一般家庭向けのオフグリッドソーラーなどと限定されます。また、メンテナンスのための機材のイニシャルコストが高いため(図1)、一定量の需要と供給が見込めない限り機材への設備投資は難しく、新規参入のハードルは高いと思われます。そのため活動をしている企業は、昨年上旬時点では日本国内で1社ほどとなります。海外においても、ドイツなどにおいて少数の事例が見られますが、まだまだ市場は大きくないといえます。

太陽光発電のメンテナンスに必要なコスト

図1 メンテナンスのイニシャルコスト 出典:環境省

国内向け再利用ビジネスの市場はまだまだ小さいですが、今後はパネルの廃棄量も増え資材調達が容易になり事業を後押しします。また、適切な保証の付与と需要に合った販路拡大ができれば、市場が拡大する可能性はあると考えられます。

太陽光パネルリユースの販売先

出典:環境省

海外輸出向け再利用ビジネス

海外輸出向けの再利用ビジネスの場合、現状で一定規模のビジネスを展開している企業は、昨年上旬時点では3社ほどとなり、国内向けよりも市場規模は大きいといえます。主に、系統連携ではなく、独立電源として使用されることが多いです。メンテナンスを海外で実施することで、コストの低減も可能となりますが、主要な市場である東南アジアも徐々に中古品から新品へとニーズが移行する可能性があります。

太陽光パネルの海外向けリユース市場

出典:環境省

メンテナンス向け再利用ビジネス

メンテナンス向けの再利用ビジネスは、今後需要が高まると考えられます。太陽光発電の急速な導入拡大により、メンテナンスの頻度が高まると考えられるからです。例えば、メンテナンスの際に破損が見つかり修復のため部品が必要となった際、新品ではなくリユース品を提供するといったビジネスモデルも考えられます。

太陽光パネルのメンテナンス向けリユース方法

出典:環境省

リサイクル

リサイクルに関しては、主に5つのルート(太陽光発電設備メーカー、建物解体業者、ゼネコン・建設事業者、施工業者、リユース業者)から廃棄された太陽光パネルを分解し、ビジネスとして展開している企業が一定数存在します。パネルに含まれる銀の含有量でリサイクルした際の採算性も異なり、銀の含有量が多いパネルを廃棄する事業者の場合、リサイクル業者に売却することが可能となります。逆に、銀の含有量が少ない場合は、有料でリサイクル業者に引き取ってもらう形が一般的です。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月28日

新電力ネット運営事務局

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWh

4月28日、ソフトバンクグループのSBエナジーと三菱UFJリースは、大規模太陽光発電所である「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 2」を設置し、共同で発電事業を行うと発表しました。出力規模は約 64.6MWとなり、蓄電池併設型の太陽光発電としては国内最大級となります。

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月26日

新電力ネット運営事務局

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込

4月21日、経済産業省は改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表しました。出力ベースに換算すると2766万kWとなる見込みであり、認定された出力全体の約4分の1にあたる規模となります。

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月20日

新電力ネット運営事務局

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術

4月20日、NEDOと早稲田大学、エネルギー総合工学研究所は、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験を開始したと発表しました。従来、風力発電は天候による出力変動が課題でしたが、電気が余っているときに圧縮空気とすることで蓄電池のような役割を持たせることができます。

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月18日

新電力ネット運営事務局

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高

帝国データバンクによると、福岡のZEN POWER(資本金3000万円、福岡市博多区博多駅前2-3-7)は、2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請、4月5日に同地裁より破産手続き開始決定を受けました。FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の太陽光関連の倒産となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。