電力データでビジネス支援、「グリッドデータバンク・ラボ」設立、9電力が参与

2019年03月14日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電力データでビジネス支援、「グリッドデータバンク・ラボ」設立、9電力が参与の写真

東京電力パワーグリッドは3月5日、様々なデータを活用し、社会課題の解決や新たな価値の創出を目的とした「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」をNTTデータと協力して設立したと発表しました。

電力データを出店計画や防災計画に活用

AI・IoTなどデジタル技術の飛躍的な進展の中、各業種の垣根を越えたデータを用いることで、地球温暖化・自然災害や労働力不足などの社会課題の解決や、さらには新たなビジネス価値を生み出すことが期待されています。

実際に諸外国においては、データを活用したビジネスの高度化に向けた取り組みが進展しつつあります。一方で、日本ではデータの活用が企業内又はグループ内にとどまるなど、データを活用したビジネス展開が十分進んでいるとは言い難い状況です。

こうした中、東京電力パワーグリッドは3月5日、様々なデータを活用し、社会課題の解決や新たな価値の創出を目的とした「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」をNTTデータと協力して設立したと発表しました。

なお、東京電力パワーグリッド、中部電力、関西電力が出資しているほか、九州電力、四国電力、中国電力、東北電力、北陸電力、北海道電力が会員として参画しております。このため、沖縄電力を除く旧一般電気事業者が参与していることとなります。

事業組合名 グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合
資本金 6億円
出資比率 東京電力パワーグリッド株式会社 25%
株式会社NTTデータ 25%
中部電力株式会社 25%
関西電力株式会社 25%
設立日 2018年11月15日
オフィス兼ラボ開設日 2019年3月5日

同ラボは、個人情報保護に留意し、電力データと異業種データを掛け合わせ分析することで、さまざまなユースケースを検討し、有用性を検証します。

例えば、スマートメーターデータと地図データを組み合わせることで、住民の転居、新築の増加、暮らし方の変化など「街の変化」をタイムリーに把握することができます。なお、類似するデータとして「国勢調査」がありますが、調査実施が5年に一度ということもあり、電力データの方が統計の精度が高いとされています(図1)。

電力データ統計の特徴

図1 電力データ統計の特徴 出典:東京電力パワーグリッド

この電力情報をベースとしたタイムリーなデータにより、店舗周辺の生活動向を把握した売上予測の精度向上や、出店計画への活用が期待できます。また、ダイナミックプライシング等の、需給状況に応じた価格変動化に対してデータが活用できる可能性もあります。

そのほか、都市計画・防災計画にもデータは活用できます。例えば、住民の生活実態とその変化を踏まえた市街地活性化計画の立案や、空き家の把握による詐欺への対策等が考えられます(図2)。

電力データの活用イメージ

図2 電力データの活用イメージ出典:九州電力

ラボを東京都千代田区に開設、セキュリティにも十分に配慮

グリッドデータバンク・ラボは、電力データ活用の実現に向けた取り組みを加速させるべく、イノベーション環境を備えたラボを東京都千代田区に開設しました(図3)。

電力データの特性上、セキュリティにも十分に配慮する必要がありますが、ラボ内で扱う電力データは、送配電事業者により個人情報がわからない状態まで統計処理されています。なお、電力データは特定のメンバーのみ入退室可能な施錠管理された部屋で取り扱われます。

グリッドデータバンク・ラボは、幅広い業種の参画者(データ保有者、エンドユーザー、スタートアップ企業やサービス提供者等)を募り、アイデア誕生のきっかけづくりから実証の企画、推進までをトータルでサポートするとしています。

ラボで提供するサービスメニュー
  1. Showroom(発見)
    電力データ活用のデモ展示や各種説明会、セミナーを実施することで、電力データと異業種データによる新しい価値創造のきっかけを提供
  2. Market Place(交流)
    企業同士のマッチングや交流機会の提供等、出会い交流できる場所を提供
  3. Incubation Support(共創)
    アイデアソンやハッカソンを開催することで、電力データと異業種データの掛け合わせによる新サービスやソリューション発見のきっかけづくりを支援
  4. Business Design(実証)
    アイデアの試作から実証の企画・推進までをトータルでサポートし、参画企業のビジネスプロセスの改革の支援・新アイデアの実用化に向けた支援
ラボのレイアウト図

図3 ラボのレイアウト図出典:東京電力パワーグリッド

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東工大×リコー×産総研、超省エネの原子時計を開発、自動運転などの実現に一歩前進の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月26日

新電力ネット運営事務局

東工大×リコー×産総研、超省エネの原子時計を開発、自動運転などの実現に一歩前進

東京工業大学、リコー、産業技術総合研究所の研究グループは、消費電力が極めて低い小型の原子時計を開発したと発表しました。周波数シンセサイザの消費電力を大幅に削減し、温度制御の効率を向上させることで、60mWという低消費電力と15cm3という極小サイズを実現しています。

世界最大の蓄電システム、1年間の稼働で45億円の節約、設置費用は75億円の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月09日

新電力ネット運営事務局

世界最大の蓄電システム、1年間の稼働で45億円の節約、設置費用は75億円

世界最大の蓄電池を管理するAureconが、そのパフォーマンスと市場への影響などを記したレポートを発表しました。一年間の運用により、約4000万ドルの節約につながったほか、電力インフラの信頼性の向上にも寄与したとしています。

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年12月27日

新電力ネット運営事務局

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発

アイテスは、直流電圧1500Vに対応したインピーダンス測定器である「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」を開発しました。高電圧な太陽光発電所(1500V)の故障ストリングを特定することが可能な製品となります。

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月12日

新電力ネット運営事務局

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始

11月にユーグレナは、日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを2018年10月31日に竣工し、日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』を新たに宣言すると発表しました。

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月24日

新電力ネット運営事務局

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームでは、硫酸塩エアロゾルを大気中に散布する温暖化対策において、全球の作物収量に与える影響を調べています。最近の報告によると、エアロゾル粒子による地球温暖化対策を行った場合、作物収穫量は増加も低下もしないとしています。