千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標

2017年11月15日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

千葉商科大学、メガソーラーなどの活用で日本初の「自然エネルギー100%大学」に、2020年度目標の写真

11月13日、千葉商科大学は、所有しているメガソーラー野田発電所等で発電するエネルギー量と、市川キャンパスにおいて消費しているエネルギー量を同量にする「自然エネルギー100%大学」を目指すと発表しました。同大学は日本の大学単体では日本一大きいメガソーラー発電所を所有しており、それを活用することで2018年度に「RE100大学」、2020年度に「自然エネルギー100%大学」を目指します。

大学と学生が協力して「自然エネルギー100%大学」を目指す

近年、気候変動問題に取り組むことは経済的に有益であり、社会に多様なメリットをもたらすことが実証されています。そのため、世界各国の企業や金融機関等が100%自然エネルギーに向けて動きはじめています。

千葉商科大学においては、2003年に千葉県内の大学として最も早く国際環境規格ISO14001を取得、その後2010年には1号館屋上に太陽光発電設備を設置し、そこで発電した電気で1号館内の一部消費エネルギーを賄っています。

2014年4月からは、千葉県野田市の約46,781m2の敷地において「千葉商科大学メガソーラー野田発電所」が稼働、売電事業を行っています。この約1万枚のパネルにより構成されるメガソーラーは、大学単体としては日本一の規模です(図1)。総工費約7億円、2014年度における発電実績は336万kWhで、これは同年度の学内電力消費量の77%に相当します。つまり、残りの23%をキャンパス内の省エネルギーと創エネルギーで賄うことができれば、自然エネルギー100%のエコキャンパスを実現することができます。

メガソーラー野田発電所

図1 メガソーラー野田発電所 出典:千葉商科大学

「持続可能な社会の実現」を研究テーマとする「政策情報学部 鮎川ゆりか教授」のゼミナールは、2014年度から自然エネルギー100%のエコキャンパスを実現する可能性を探っています。2015年7月には「ネット・ゼロ・エネルギー・キャンパス化」プロジェクトを発足しました。

このプロジェクトにおいて、鮎川ゼミを中心とする学生たちは、キャンパス内の全建物でエネルギーの無駄を調査しています。特殊な機器を使用して建物の温度、湿度を測定し「暑すぎ」「寒すぎ」を感じるかどうか、また、エネルギー効率を悪くするようなドアや窓がきちんと閉まらないところがあるか、使用されていない教室の照明や冷暖房のつけっぱなしはないかなど、省エネの余地を隈なく探していきました。

さらには、在学生を対象とした省エネ意識に関するアンケートや、ゼミ内で検討した省エネのアイデアに対して意見交換を行う少人数制のグループ討議を経て、調査結果の分析と考察が行われてきました。

省エネ・創エネについては、専門的な調査の上で設備の導入なども必要になってきます。そのため、専門性を持つ学外機関とともに、可能性調査を行うため補助金申請を行なっています。その結果、2015年6月に約1000万円の交付を獲得しています。補助金の申請者はサステナジー株式会社、テクノプランニング株式会社で、千葉商科大学は「賛同者」となります。

このように活動を続けてきた千葉商科大学は、所有しているメガソーラー野田発電所等で発電するエネルギー量と、市川キャンパスにおいて消費しているエネルギー量を同量にする「自然エネルギー100%大学」を目指すと発表しました。同大学は日本の大学単体では日本一大きいメガソーラー発電所を所有しており、それを活用することで2018年度に「RE100大学」、2020年度に「自然エネルギー100%大学」を目指します。

2018年度目標の「RE100大学」は、千葉商科大学が所有するメガソーラー野田発電所等の発電量と、千葉商科大学市川キャンパスの消費電力を同量にするものです。2020年度目標の「自然エネルギー100%大学」は、千葉商科大学が所有するメガソーラー野田発電所等の発電量と、千葉商科大学市川キャンパスの消費エネルギー(電力+ガス)を同量にするものです(図2)。

自然エネルギー100%大学のエネルギー利用内訳

図2 自然エネルギー100%大学のエネルギー利用内訳 出典:千葉商科大学

「自然エネルギー100%プラットフォーム」に国内の大学として初めて登録

千葉商科大学の宣言及び取り組みは、「自然エネルギー100%プラットフォーム」において、2017年11月13日付で国内の大学として初めて登録されました。「自然エネルギー100%プラットフォーム」は、自然エネルギー100%の実現を提唱する世界的なイニシアチブであり、CAN-Japanが運営しています。

千葉商科大学は、今回の取り組みを起点に、CUCエネルギー株式会社を設立しています(図3)。同社は地域に持続可能な恩恵をもたらす地産地消のエネルギービジネスを展開しており、千葉商科大学に対して省エネ機器のリース事業等を既に開始しています。

CUCエネルギーは、今後も千葉商科大学と連携しながら、地域の小売電気事業者として地域の自然エネルギーを売買する構想があるとしています。そのほか、省エネルギーに関する包括的なサービスを提供し、顧客の利益や地域経済の活性化、地域政策への提言、地球環境の保全に貢献する事業を展開する予定としています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月16日

新電力ネット運営事務局

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行

欧州の大手航空機メーカーAirbus社は8月、太陽光発電ドローン「Zephyr S」が25日23時間57分に及ぶ連続飛行に成功し、世界記録を達成したと発表しました。前回の世界記録が約14日だったため、10日以上の記録更新となります。

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加

東京商工リサーチは8月、2018年上半期(1-6月)「太陽光関連事業者」の倒産件数が43件となり、前年同期比6.5%減になったと発表しました。件数が前年同期を下回るのは8半期ぶりとなります。

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月26日

新電力ネット運営事務局

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例

経済産業省は7月、「平成29年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」を公表しました。調査報告書から、蓄電池やVPPなどの技術を活用した海外の先進事例とビジネスについて見ていきます。

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月14日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。