太陽光発電の陰を利用した農業、日射不要のキクラゲを栽培作物に、地元の雇用にも

2017年09月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の陰を利用した農業、日射不要のキクラゲを栽培作物に、地元の雇用にもの写真

8月31日、サステナジーは「登米善王寺太陽光発電所」および「加美八幡堂太陽光発電所」において、太陽光発電とキクラゲ栽培を両立するソーラーシェアリング事業を開始したと発表しました。日射不要なキクラゲを栽培作物として選定することで、太陽光発電の陰の部分で農業を営むことが可能となります。

太陽光発電の影を活用したソーラーシェアリング

平成24年7月に開始されたFIT制度により、再生可能エネルギー発電の事業採算性が向上することで、農山漁村における新たな所得機会の可能性が生じています。そのため、農地に支柱を立てて、営農を継続しながら太陽光発電設備を設置するソーラーシェアリングの導入が進んでいます。

ソーラーシェアリングは、耕作放棄地の有効活用や新たな雇用創出などによる地域の活性化が見込める事業モデルです。 農地転用許可の件数に関しては、平成25年度の97件から平成27年度には374件と3.5倍以上になっており、さらなる普及が期待されています。

H25年度 H26年度 H27年度 合計
97 304 374 775

表1 営農型発電設備を設置するための農地転用許可実績(単位:件数) 出典:農林水産省資料より作成

こうした中、8月31日、サステナジーは「登米善王寺太陽光発電所」および「加美八幡堂太陽光発電所」において、太陽光発電とキクラゲ栽培を両立するソーラーシェアリング事業を開始したと発表しました。日射不要なキクラゲを栽培作物として選定することで、太陽光発電の陰の部分で農業を営むことが可能となります。

「登米善王寺太陽光発電所」と 「加美八幡堂太陽光発日立キャピタルグループは2003年に風力発電分野で業界に先駆けて金融サービスを提供して以来、風力や太陽光などの地球環境に配慮した再生可能エネルギーの普及に貢献してきました。電所」

「登米善王寺太陽光発電所」と 「加美八幡堂太陽光発電所」 出典:サステナジー

年間約4万kgの収穫量、電力は全量が東北電力へ売電される見込み

ソーラーシェアリングは、日射を必要とする作物を生産するために小型の太陽光パネルを採用し、下部の農地にも太陽光を採り入れるのが一般的です。しかし今回の案件では、太陽光発電システムを建設することによってできる影を活用するため、日射の不要なキクラゲが選定されました。 なお、キクラゲは国内で流通している商品の9割以上が中国からの輸入に依存しており、希少価値の高い国産品はニーズが高いです。

営農については、2017年6月より宮城県の農業生産者であるアグリ古川農産とスワンドリームが地元の住民を新たに雇用し、栽培を開始しています。全ての面積を使用して栽培すると年間約4万kgの収穫量になります。

太陽光発電の発電開始時期は2017年9月末の予定であり、全量が東北電力へ売電される見込みです。発電容量は、「登米善王寺太陽光発電所」および「加美八幡堂太陽光発電所」の双方ともに2MWとなります。

ソーラーシェアリングでのキクラゲ栽培、(左)「登米善王寺太陽光発電所」(右)「加美八幡堂太陽光発電所」

ソーラーシェアリングでのキクラゲ栽培、(左)「登米善王寺太陽光発電所」(右)「加美八幡堂太陽光発電所」 出典:サステナジー

日立キャピタルがプロジェクトファイナンス型リースを提供、大和ハウス工業がEPCおよびO&M

今回の案件では、日立キャピタルが太陽光発電設備のプロジェクトファイナンス型リースを提供し、大和ハウス工業が設計・調達・建設(EPC)および保守(O&M)を行います。

日立キャピタルグループは2003年に風力発電分野で業界に先駆けて金融サービスを提供して以来、風力や太陽光などの地球環境に配慮した再生可能エネルギーの普及に貢献してきました。大和ハウスグループにおいては、エネルギー事業として太陽光発電所を全国191ヶ所187MW(2017年3月末時点)稼働させています。

今回、事業に取り組んだサステナジーは、2009年より東北地域を中心に中小規模の再生可能エネルギー事業に取り組んでいます。サステナジーは、今後も今回のソーラーシェアリング事業のような耕作放棄地の有効活用、地元雇用の創出といった、地域に貢献できるエネルギー事業の実施を通じて、社会の変革に取り組んでいく、としています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

藻のバイオ燃料への転換に道筋、光合成能力を調べる方法開発、九州大学の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月30日

新電力ネット運営事務局

藻のバイオ燃料への転換に道筋、光合成能力を調べる方法開発、九州大学

8月24日、九州大学は重水を使って、藻類の一種であるミドリムシの光合成能力を調べる方法を開発したと発表しました。ミドリムシは光合成によってバイオ燃料にも使える油脂を造り出しますが、今回の研究により光合成能力の高いミドリムシを選別することで、効率的なエネルギー生成が期待されます。

千葉県に日本最長のメガソーラー発電、成田空港と東京を結ぶ鉄道沿線の約10kmに設置の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月31日

新電力ネット運営事務局

千葉県に日本最長のメガソーラー発電、成田空港と東京を結ぶ鉄道沿線の約10kmに設置

7月18日、東芝はSGET千葉ニュータウンメガソーラー発電所が完成し、千葉ニュータウン中央駅において開所式が執り行われたと発表しました。全長約10kmと日本最長のメガソーラー発電所となり、敷地面積は約18haに及びます。

住友商事、木質ペレット製造会社へ資本参画、バイオマス発電の需要増加を見据えるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月26日

新電力ネット運営事務局

住友商事、木質ペレット製造会社へ資本参画、バイオマス発電の需要増加を見据える

7月21日、住友商事はカナダの木質ペレット製造会社、Pacific BioEnergy Corporationの株式を47.6パーセント取得し、カナダにおける木質ペレット製造事業に参入したと発表しました。住友商事は、2008年に発電用バイオマス燃料の対日輸入ビジネスを開始し、これまで海外の安定ソースの開拓を進めてきました。

再エネの電源比率を高める効率的運用、東京や中部での導入促進が課題の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月25日

新電力ネット運営事務局

再エネの電源比率を高める効率的運用、東京や中部での導入促進が課題

7月21日、経済産業省は再エネの導入拡大を可能とする需給調整資源の活用のあり方を、電力潮流の挙動とともに詳しく分析した「電力需給モデルを活用したシミュレーション調査」の調査報告書を発表しました。

中国山西省で世界初の「パンダ型」の巨大メガソーラー、半分の50MWがグリッドに正式接続の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月24日

新電力ネット運営事務局

中国山西省で世界初の「パンダ型」の巨大メガソーラー、半分の50MWがグリッドに正式接続

Panda Green Energy Groupは6月、中国山西省で世界初の「パンダ型メガソーラー」を系統に接続したと発表しました。発電所の全体としては設備容量が100MWの予定となっており、今回は第一段階として半分の50MWが試験運転に入った形となります。