マンション各戸のエコキュートをIOTで制御する、削減コストはイベントなどに充当

2017年05月29日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

マンション各戸のエコキュートをIOTで制御する、削減コストはイベントなどに充当の写真

5月24日、大和ハウス工業とファミリーネット・ジャパンは、IoT技術を用いることで、マンション各戸のエコキュートの稼働時間を最適制御するサービスを共同開発すると発表しました。生活リズムが類似する居住世帯がグルーピングされ、グループごとのエコキュート稼働時間が分散される仕組みとなります。

IOTでエコキュートを制御、生活リズムが類似する居住世帯をグルーピング

エコキュートは自然冷媒ヒートポンプ給湯機の愛称です。夜間の割安な電気を利用して大気中の熱を取り込み、お湯を沸かすものとなります。空気の熱を利用するので、1の電力エネルギーに対して3倍ほどの熱エネルギーを得ることができます。家庭用エコキュートを世界で初めて商品化したのは日本であり、1995年から始まった電力中央研究所における基礎研究を基に、東京電力、デンソーも協力する形で2001年に商品化が実現しました。

家庭で消費するエネルギーの約1/3を占める「給湯」分野において、大幅なエネルギー消費の抑制を可能にするエコキュートですが、2015年には累積出荷台数が500万台を突破しました(図1)。このエコキュートにおいて、大和ハウス工業とファミリーネット・ジャパンは、IoT技術を用い、遠隔操作にてマンション各戸のエコキュートを最適制御するサービスを共同開発します。

「エコキュート」の累計出荷台数

図1 「エコキュート」の累計出荷台数 出典:ヒートポンプ・蓄熱センター

今回のサービスは高圧一括受電サービスを導入するマンションを対象にしたものであり、マンション全体の電力負荷の平準化を実現します。生活リズムが類似する居住世帯をグルーピングし、グループごとのエコキュートの稼働時間が分散されるよう制御するものとなります(図2)。

エコキュートは前述の通り、世帯ごとで見ると省エネルギー性能や省コスト性を持ち合わせています。しかしマンション全体として考えると、電気料金の安い夜間に多くの世帯のエコキュートが稼働するため、深夜の特定時間における電力使用量が増大するという問題が発生しています。そこで両社は、IoT技術を用いて、マンション各戸のエコキュートを遠隔操作にて最適に制御することで、マンション全体の電力負荷を平準化することを目指します。

電力負荷の平準化イメージ

図2 電力負荷の平準化イメージ 出典:ファミリーネット・ジャパン

各戸の電力利用量をMEMSで集約

今回のサービスでは、各戸の「MEMS」とエコキュートが「ECHONET Lite(エコーネット ライト)」により接続され、エコキュートの稼働データは「MEMS」に集約されます。その「MEMS」に集約されたデータは、ファミリーネット・ジャパンが所有するサーバーに30分単位で蓄積され、生活リズム毎に居住世帯がいくつかのグループに分類されます(図3)。

各グループのエコキュートの稼働時間は分散されるように制御されるので、特定の時間に電力利用が集中することもなく、マンション全体の電力負荷が平準化されます。なお、このサービスによる削減コストは、マンションでのイベント開催や防災グッズの更新費用などに充当することで、入居者へ還元されます。

サービス全体の概念図

図3 サービス全体の概念図 出典:ファミリーネット・ジャパン

農業でも活躍するヒートポンプ技術

エコキュートの要でもあるヒートポンプ技術ですが、様々な分野での活用が広がっており、その一つに農業があります。例えば、5月25日に東北電力はヒートポンプの冷房・除湿機能を活用し、ハウス栽培のトマト収穫量を夏に4割ほど向上させたと発表しました(図4)。加えて、東北電力によると収穫したトマトの大きさや形、色付きなど品質面の向上も確認できたとしています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2030年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月27日

新電力ネット運営事務局

2030年以降のエネルギーとブロックチェーン

サードステップの2030年以降は、今までに存在しなかったもの、無理だと考えられていたものが、ブロックチェーンを活用することで、ビジネスとして花開きます。現時点では不可能なことや概念的に飛び過ぎに思えることが、どんどん実現する時代ともいえます。

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月11日

新電力ネット運営事務局

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表

北海道大学、名古屋大学および東京理科大学は、発電コストの1日の変動に着目したデマンドレスポンスの解析・制御技術を開発したと発表しました。各大学の発表によると、この制御技術は、デマンドレスポンスの費用対効果を最大化するためのものであり、1日の発電コストと需要の予測に基づき、最適な電力使用量を求めることができるとしています。

2025年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月28日

新電力ネット運営事務局

2025年以降のエネルギーとブロックチェーン

セカンドステップでは、「EVとの連携」「蓄電池・家電製品などIoT機器との連携」「エネルギー企業同士での直接取引」の3つを紹介します。事例では、電力会社とブロックチェーンのシステムを開発する会社や自動車メーカーなど、複数社が連携しているケースが多く見られます。

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月16日

新電力ネット運営事務局

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化

大崎電機工業は5月13日、既存のEMSに独自開発したAI技術を活用することで、気象予測データや過去の使用電力量から、AIが最適な電力目標値の自動設定を行うサービスを開発したと発表しました。

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月10日

新電力ネット運営事務局

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始

将来的には余剰電力につき、より経済合理性に則った形で売買される可能性があります。この課題につき、ブリストル大学では、EPSRCからの46万ポンドの助成金を利用することで、ピアツーピア (P2P)エネルギー市場におけるマイクロ発電機間の「自由貿易」を研究しています。