ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見

2017年04月19日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見の写真

3月30日、ケンブリッジ大学はイースト・アングリア大学、東フィンランド大学とのチームにおいて、変換効率がほぼ100%のディスプレイを開発したと発表しました。分子を回転させるこの新技術により、これまでより明るく・省エネでかつ長寿命なポテンシャルを実現します。

これまでのOELD、25%のみが明るい状態に変換

世界の電力の5分の1は光を発生させるために使用されており、ディスプレイや照明の省エネは大きな研究テーマの一つです。そうした中、ケンブリッジ大学、イースト・アングリア大学、東フィンランド大学のチームは、数十年にわたりディスプレイの性能向上を阻害してきた悩みを解決する材料を発見しました。

研究チームが開発した技術は、分子を利用することで光を生み出すOLED(有機EL)に関するものです。このOLEDは1980年代に発明され、現在ではテレビやPCなどのディスプレイに広く使われていますが、現状では光への変換効率が十分ではないという問題を抱えています。

OLEDの分子に電流を通すと、それらは活動状態になりますが、その内の25%だけが光を急速に発する「明るい」状態となります。残りの75%は暗い状態のままであり、電力が明かりではなく熱に変換されるので、エネルギーの無駄につながります。この暗い状態の分子が生み出す熱量は、旧式のフィラメントを使う白熱電球より大きくなります。

銅と金を使うことで、分子を回転

OELDにおいて明かりを生み出すうえで、暗い状態の部分は望ましい状態ではありません。この問題を解決する手法の一つとして、レアメタルであるイリジウムルを用いて分子の回転を変え、光の放出を促すようなアプローチも取られました。しかし、この方法では分子の回転に時間がかかるため、OLEDに損害を与えるので、結果として不安定になります。

一方でイースト・アングリア大学の研究者らは、2つの異なる有機分子を、銅や金の原子で接合するという新しい技術を開発しました。接合された2つの分子はプロペラのような形状となっており、このプロペラを回転することで、暗い状態の分子がねじれ、光を生み出すことが可能となります(図1)。

OLEDの様子

図1 OLEDの様子 出典:ケンブリッジ大学

イリジウムを利用していた時は、暗い状態を明るく変換することが可能でしたが、OLEDへダメージが残るという問題がありました。しかし、今回の新しい技術ではOLEDにダメージを与えることなく、ほぼ100%の変換効率を達成することができます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

洗濯ができる太陽光電池の実現、衣服に貼り付けウェアラブルセンサーの電源にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月19日

新電力ネット運営事務局

洗濯ができる太陽光電池の実現、衣服に貼り付けウェアラブルセンサーの電源に

9月19日、理化学研究所は東京大学と科学技術振興機構との共同研究グループにて、超薄型有機太陽電池の開発に成功したと発表しました。洗濯も可能な伸縮性と耐水性を持つため、衣服に貼り付けることでウェアラブルセンサーなどの電源としての活用が期待されます。

富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月06日

新電力ネット運営事務局

富士見森のエネルギー、「ふるさと応援でんき」を開始、諏訪の活性化を目指す

8月8日、富士見森のエネルギーは「ふるさと応援でんき」のサービスを開始したと発表しました。「ふるさと応援でんき」は、電力購入者に対して地域の名産品を返礼品として送付する料金プランです。

再エネの電気から食料をつくる、農業に適さない砂漠などでも生産可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月05日

新電力ネット運営事務局

再エネの電気から食料をつくる、農業に適さない砂漠などでも生産可能

7月にフィンランドのラッペーンランタ大学が、食品を電気から生産する研究成果について発表しました。太陽光パネルなどがあれば、砂漠など農業に適さない地域でも生産可能としており、世界の食糧問題を軽減させる可能性を示す内容となります。

アイテス、系統連系前およびCIS型パネルの効率点検を実現する機器を開発、CISの点検機器は業界初の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月01日

新電力ネット運営事務局

アイテス、系統連系前およびCIS型パネルの効率点検を実現する機器を開発、CISの点検機器は業界初

アイテスは8月、ソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」に、系統連系前パネルおよびCIS型ソーラーパネルの点検・確認を実現する2つのオプション機器を開発したと発表しました。このオプション機器により、停電状態となる系統連系前や、CIS化合物薄膜型ソーラーパネルの点検・確認が可能となります。

発電する「糸」、シャツに織り込み人間の動きで電気を生成、スマートウェアでIoTを身近にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月28日

新電力ネット運営事務局

発電する「糸」、シャツに織り込み人間の動きで電気を生成、スマートウェアでIoTを身近に

8月25日、テキサス大学ダラス校は、米韓の研究チームが伸縮やねじれで電気を発生させるハイテク糸を開発したと発表しました。ハイテク糸は「ツイストロン(twistron)」と呼ばれる素材が利用されており、衣服に織り込み発電することで、IoTを身近にする可能性を秘めています。