ネガワット取引に関する第三弾の電事法が施行、4月から本格開始するネガワット取引

2017年04月12日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ネガワット取引に関する第三弾の電事法が施行、4月から本格開始するネガワット取引の写真

4月1日、ネガワット取引に関する第三弾の電事法が施行されました。これにより、アグリゲーターがネガワットを需要家から集めて取引する「ネガワット取引」が、2017年4月から本格的に開始されることとなります。

ネガワット取引、4月から本格始動

従来の電力システムは、電力供給をどのように行うべきかという視点が中心であり、電力需要を出発点とした取り組みは活発ではありませんでした。しかしながら、近年は電力供給の制約や集中型電力システムが持つ課題が明らかとなりつつあります。そのため、省エネの強化だけではなく、電力供給状況に応じてスマートに消費パターンを変化させること、いわゆるディマンドリスポンスの重要性が強く認識されるようになっています。

さらに、「需要削減」の取組に関する次の段階として、電力を削減した量を取引する「ネガワット取引」の活用が進められています。ネガワット取引では、需要削減量を発電電力量と同等の価値があるものとして取り扱うことが可能となります。また、需要削減量を細かく設定でき、様々な反応時間や持続時間の需要削減ができるため、電気事業者のニーズにより細かく対応することが可能になります。ネガワット取引を社会に定着させることができれば、電気事業者だけでなく、需要家の能動的な参画によって、より効率的な電力システムを構築することにつながります。

4月1日には、「ネガワット取引に関する第三弾の電事法」が施行され、ネガワット取引が2017年4月から本格的に開始されます(図1)。本コラムでは、このネガワット取引の概要について見ていきます。

ネガワット取引の概要

図1 ネガワット取引の概要 出典:資源エネルギー庁

ディマンドリスポンスとネガワットの関係

ディマンドレスポンスには大まかに3種類あり、①上げDR、②上げ下げDR、③下げDRがあります(図2)。上げDRは、例えば蓄電池に充電するなどで、電気の需要量を増やすものです。上げ下げDRは、電気の品質(=周波数)を一定に保つため、電気の需要量を小刻みに増減させます。下げDRは、例えば機器の出力を落とすことで電気の需要量を減らします。ネガワット取引は、この内の「下げDR」に区分されます。

ディマンドリスポンスの種類

図2 ディマンドリスポンスの種類 出典:経済産業省

ネガワット取引を活用しやすい設備と注意点

ネガワットを活用しやすい設備の特徴として、規模の大きさが挙げられます。例えば生産設備においては、常時運転している生産ラインなどで、500kW程度以上の需要抑制が可能なものがネガワットの効果も上がりやすいです。一方で、生産設備の稼働は生産スケジュールに左右されるため、生産力を上げざるを得ず受電が逆に上がってしまうケースなども考えられます。

そのほか、空調や照明、自家発電、蓄電池、蓄熱槽などの幅広い設備で利用可能ですが、それぞれに活用しやすい特徴と注意点がありますので、下記図をご参考ください(図3)。

ネガワット取引を活用しやすい設備と注意点

図3 ネガワット取引を活用しやすい設備と注意点 出典:経済産業省

相対契約からネガワット取引市場へ

これまでの主要なネガワット取引は、電力需給ひっ迫時に節電を促し、ピークシフト、電力コストの抑制を実現するものでしたが、あくまで相対取引がベースでした。しかし、ネガワット取引市場が創設されると、需要家はネガワット事業者(アグリゲーター)を介して、小売契約を締結していない小売電気事業者ともネガワット取引が可能となります(図4)。

これまでの相対契約という限定された取引だけではなく、取引市場という開かれた場が追加されることで、ネガワット取引が活性化することが期待されます。

ネガワット取引市場について

図4 ネガワット取引市場について 出典:資源エネルギー庁

ディマンドレスポス、競争入札でも利用が始まる

平成28年10月より、一般送配電事業者は「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」に従って、調整力の公募を実施しました。応札状況について、ディマンドリスポンスを活用したものは、募集量合計132.7万kWに対して合計111.2万kWあり、そのうち4社において合計95.8万kW(総額約3,593百万円)が落札となりました(図5)。

また、ディマンドリスポンス実証で知見を蓄積してきたアグリゲーター(旧一般電気事業者を除く)が、延べ10件落札(21.66万kW)しています。これは、日本で初めてディマンドリスポンスが、開かれた競争入札の市場において取り引きされた例となりました。

調整力の公募結果

図5 調整力の公募結果 出典:電力・ガス取引監視等委員会

海外におけるネガワット市場

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

関西電力、AIやIoTによる「早期異常検知システム」を開発、火力発電所の運用・保守を向上の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月20日

新電力ネット運営事務局

関西電力、AIやIoTによる「早期異常検知システム」を開発、火力発電所の運用・保守を向上

9月19日、関西電力は豪州ブルーウォーターズ発電所の運用・保守の向上を目的に、「遠隔監視サービス」を開始したと発表しました。AI技術やIoTによるビックデータ分析から、設備不具合の予兆を検知できる「早期異常検知システム」を開発、遠隔監視センターは関西電力本店内に開設しています。

「高温対応機器エリア」でサーバの冷却電力を極小化、NECが名古屋に都市型データセンターを開設の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月07日

新電力ネット運営事務局

「高温対応機器エリア」でサーバの冷却電力を極小化、NECが名古屋に都市型データセンターを開設

9月5日、NECは愛知県名古屋市内に「NEC名古屋データセンター」を新設し、2019年4月よりサービス提供を開始すると発表しました。データセンターに「高温対応機器エリア」が設置されることで、高いエネルギー効率が実現します。

富士見森のエネルギー、東芝ライテックと共同でHEMS技術を活用した「安心見守りサービス」のモニター募集開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月06日

新電力ネット運営事務局

富士見森のエネルギー、東芝ライテックと共同でHEMS技術を活用した「安心見守りサービス」のモニター募集開始

8月7日、富士見森のエネルギーは、東芝ライテックと協働で、2017年8月より富士見町を対象に「安心見守りサービス」のモニターの募集を開始したと発表しました。「安心見守りサービス」では、HEMSにより電力の利用データを分析することで、毎日の電気使用量から住居人の動向を確認することができます。

日本気象協会、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット取引価格をAI技術で予測の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月25日

新電力ネット運営事務局

日本気象協会、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット取引価格をAI技術で予測

8月23日、日本気象協会は、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場を対象とした電力取引価格予測のサービス提供を開始すると発表しました。スポット市場での30分ごとの電力取引価格を人工知能(AI)によって予測する内容となります。

電波が直接届かない場所でドローンを制御、電力設備を点検するドローンの開発目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月22日

新電力ネット運営事務局

電波が直接届かない場所でドローンを制御、電力設備を点検するドローンの開発目指す

8月18日、電源開発と情報通信研究機構は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、契約を締結したと発表しました。電波が直接届かない場所でドローンを制御することで、足場の悪い山中を移動する必要性がなくなり、作業効率の大幅な改善が期待されます。