大分県、藻場などの環境情報や水質の調査結果などが分かる地理情報システムを提供開始

2016年07月05日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

大分県、藻場などの環境情報や水質の調査結果などが分かる地理情報システムを提供開始の写真

7月4日、大分県は県などが保有している自然環境に関する情報を重ね合わせ、地図表示で提供するシステムを公開しました。藻場、干潟などの環境情報、温泉規制図や自然公園図などの規制情報、大気や水質の調査結果などさまざまな情報を確認することができます。

提供データは28種類、規制確認の負担緩和にも

今回、大分県が活用している技術はGIS(地理情報システム:Geographic Information System)というものです。GISは、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術です。

事業者にとっては、開発前の規制確認に関する負担の軽減に繋がり、行政としても適切な開発指導や環境保全対策に活用されることが期待されます(図1)。

GISの概要・メリット

図1 GISの概要・メリット 出典:大分県

大分県のGISシステムが提供するデータは28種にもおよび、具体的には下記の内容となります。下記の図は、国立公園、国定公園、県立自然公園を指定し表示させた「大分県環境地理情報システム」のイメージですが、視覚的に情報を把握することができます(図2)。

環境地理情報システムのイメージ(国立公園、国定公園、県立自然公園指定)

図2 環境地理情報システムのイメージ(国立公園、国定公園、県立自然公園指定) 出典:大分県

28種類の提供されるデータ
  1. 藻場分布
  2. 干潟分布
  3. 自然景観資源分布
  4. 温泉規制図
  5. 湿地分布
  6. 巨樹巨木分布
  7. 植生自然度
  8. 国立公園、国定公園、県立自然公園
  9. 自然環境保全地域等配置図
  10. 鳥獣保護区等位置図
  11. 豊の国名水分布
  12. 指定文化財分布
  13. 水道区域図
  14. 特別保護樹林樹木分布
  15. 騒音規制指定区域
  16. 騒音環境基準類型指定
  17. 振動規制指定区域
  18. 悪臭規制地域
  19. 大気汚染常時監視測定地点
  20. 公共用水域水質調査地点
  21. 土地利用3次メッシュ
  22. 森林
  23. 重要里地里山
  24. 棚田
  25. 自然海浜保全地区
  26. 重要湿地500
  27. 植生図(準備中)
  28. 植生自然度(準備中)

GISを活用したシステム、環境省も再エネ普及のために提供

環境省は、再生可能エネルギーの導入拡大と、質が高く効率的な環境アセスメントの実施を促進することを目的として、「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」を提供しています。平成26年より提供を継続しており、今年の5月19日にリニューアルされました。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

アンモニアを直接燃料とした燃料電池、世界最大規模の発電に成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年07月10日

新電力ネット運営事務局

アンモニアを直接燃料とした燃料電池、世界最大規模の発電に成功

7月5日、京都大学はアンモニアを直接燃料とした固体酸化物形燃料電池で、1kWクラスの世界最大規模の発電に成功したと発表しました。ノリタケカンパニーリミテド、IHI、日本触媒、豊田自動織機、三井化学、トクヤマとの共同研究の結果となります。

清水建設と産総研、太陽光発電で水素を製造、スマートBEMSでの最適な制御を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月15日

新電力ネット運営事務局

清水建設と産総研、太陽光発電で水素を製造、スマートBEMSでの最適な制御を目指す

6月1日、清水建設は産業技術総合研究所と共同で、建物付帯型の水素エネルギー利用システムの本格的な実証運転を開始すると発表しました。清水建設の開発したBEMSが、建物の電力・熱需要データや太陽光発電の状況を勘案することで、最適な制御技術の確立が図られます。

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月19日

新電力ネット運営事務局

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見

3月30日、ケンブリッジ大学はイースト・アングリア大学、東フィンランド大学とのチームにおいて、変換効率がほぼ100%のディスプレイを開発したと発表しました。分子を回転させるこの新技術により、これまでより明るく・省エネでかつ長寿命なポテンシャルを実現します。

日本初、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームが創設予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月30日

新電力ネット運営事務局

日本初、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームが創設予定

3月27日、楽天はグローバルエンジニアリングと協力し、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォーム創設に向け、共同で取り組むことに合意したと発表しました。国内では初の事例となり、取引活性化や各分野におけるイノベーティブな技術の導入促進を目的としています。

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月15日

新電力ネット運営事務局

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用

3月15日、中国電力は石炭火力発電所から発生する「石炭灰」を活用した製品の製造・営業・販売を、グループ会社である「中国高圧コンクリート工業」へ移管したと発表しました。中国電力グループとして、さらなる販売拡大を目指すための体制強化を行った形となります。