アメリカの石炭最大手「Peabody」、価格と需要の減少で破産の危機

2016年03月23日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

アメリカの石炭最大手「Peabody」、価格と需要の減少で破産の危機の写真

アメリカ最大の石炭鉱山企業である「Peabody Energy Corp」は、16日にアメリカの証券取引委員会に提出した報告書で、現状のままでビジネスを継続することは財務的に課題があり、倒産を求める可能性があることを公表しました。

民間としては世界最大の石炭生産企業、連邦破産法11条申請を検討

Peabodyは1883年に設立され、アメリカのセントルイスに本社を置く石炭大手企業です。民間の企業としては世界最大の石炭生産企業となり、2011年度におけるアメリカ全体の石炭生産量約9億9394万トン中、18.5%の実績があります。

石炭に関して実績と歴史のあるPeabodyですが、日本の会社更生法に当たる米連邦破産法第11条の適用申請の恐れあるとしています。すでにアメリカの石炭会社では、2011年時点で業界2位のArch Coalや、3位のAlpha Natural Resourcesが、連邦破産法11条の申請済みです。

アメリカの石炭生産企業の一覧

図1 アメリカの石炭生産企業上位10社(2011年) 出典: 一般財団法人石炭エネルギーセンター

株価も急落、過去1年間で95%の下落

ニューヨーク証券取引所でのPeabodyの株は急落しており、3月16日(水)の時間外取引で、過去6ヶ月間で最大の下げとなる46%安2.17ドルとなりました。これまでも長期にわたり売り一辺倒となっており、過去1年間では95%下落しています(図2)。

年間の株価推移、Peabody

図2 Peabodyの年間株価推移 出典:bloomberg

同社はすでに7100万ドル(約80億円)の保有債務の半期ごとの支払について、 30日間の支払い猶予期間を得ています。対象の金利は、2020年に期限が来る第二優先権付の10億ドル(約1136億円)証券と、2020年9月が期限の6.5%クーポンの無保証債券6億5000万ドル分(約740億円)となります。

今後、30日以内に利払いが実行されなければ、同社の事業継続が困難となり、米連邦破産法第11条の適用申請の恐れあるとしています。

石炭から天然ガスへのシフト、環境規制の強化などで需要減

電力会社が発電用燃料を従来の石炭から天然ガスに展開しているほか、シェールガスの台頭、石炭価格の低迷(図3)、さらに環境規制の強化や、オバマ政権のクリーン・パワー・プラン導入案などで石炭の需要が減少し、経営に直撃していると考えられます。

石炭価格の推移

図3 石炭価格の推移(2012年2月~2016年1月) 出典:International Monetary Fund

日本においては、環境省が2016年2月に石炭火力発電の建設を容認する方向に転じており、発電単価の低い発電所の需要は一定規模では存在しますが、世界的な傾向としては石炭の需要は減少してくものと思われます。

2010年~2015年の場合ですと、アメリカにおいては稼働・または建設が計画された発電量は約15GWであるのに対し、2020年までに撤退する予定の発電量は約80GWと、縮小傾向が見られます。こういった流れは、Peabodyの経営にも強く影響していると考えられます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月19日

新電力ネット運営事務局

世界最安水準の太陽光発電プロジェクト、1kWhあたり約2.1円、サウジアラビアの入札

10月3日、サウジアラビアの再生可能エネルギー事業開発局(REPDO)は、現在計画中の300MWの太陽光発電所の入札で、1kWhあたり6.69736Halalas(約2.1円)の応札があったと発表しました。入札には27件の応募があり、その中から8件が入札資格認定を受けました。日本企業は丸紅、日揮、三井物産の3社が参加しています。

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなどの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月18日

新電力ネット運営事務局

日本の自治体として初の「東京グリーンボンド」、充当予定事業が決定、再エネやZEBなど

10月11日、東京都は平成29年度に発行する「東京グリーンボンド」について、資金使途の対象となる予定の事業が決まったと発表しました。日本の自治体として初となるグリーンボンドであり、発行規模は200億円程度、発行時期は10月~12月が予定されています。

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月11日

新電力ネット運営事務局

地元の「風資源」を活用して地域経済の活性化、秋田銀行がシンジケートローンを組成

9月29日、秋田銀行は地元企業が主体となって出資する「A-WIND ENERGY社」が秋田県潟上市で実施する風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンスによるシンジケートローンを組成したと発表しました。

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月06日

新電力ネット運営事務局

資本提携によりアジア圏でIoTを提供、スマートメーター等でエネルギー効率の改善を目指す

10月3日、オリオン電機は、日本を含むアジア圏においてワンストップのIoTソリューションを提供するため、インターポレーションと資本・業務提携をしたと発表しました。エネルギー効率の改善を図るべく、BEMS領域、各スマートメーター(特にLPガス)等においてソリューションを提供するとしています。

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月24日

新電力ネット運営事務局

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資

8月23日、七十七銀行は宮城県石巻市で実施される宮城県内最大規模となる風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンス方式による融資契約を締結したと発表しました。融資契約金額は56億円、発電設備規模は合計で20.4MWとなります。