新電力登録の三井物産、創業以来の初赤字、資源安が影響

2016年03月29日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

新電力登録の三井物産、創業以来の初赤字、資源安が影響の写真

新電力にも登録している三井物産が赤字となりました。1947年の創業以来、70年近い歴史の中で初の赤字となります。原油や銅などの資源価格下落が経営を直撃し、損失を拡大した形となっております。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

三井物産、2600億円の損失計上、700億円の赤字見込み

3月23日、三井物産は2016年3月期連結決算の最終損益が700億円の赤字になるとの業績予想の下方修正を発表しました。従来は1900億円の黒字予測だったので、2600億円の下方修正です。コモディティ価格の下落などが影響し、資源・エネルギー分野を中心に多額の減損損失を計上する見込みです。

IMFによると、WTI原油価格は2012年2月で約110ドルほどでしたが、2016年2月は約30ドルです。4年ほどで4分の1に近い水準まで下がりました(図1)。三井物産の損失に強く影響した銅価格は、世界の工場ともされる中国の需要が落ち込み、4年前の半分ほどとなっております。IMFによると、2012年2月は1トン当たり約8500万ドルであったのが、2016年2月は約4500ドルほどとなりました。

原油価格の長期的推移

出典:International Monetary Fund資料より作成

4割以上が銅事業による損失、次点でLNGの開発遅延

三井物産の発表によると、損失の主要な原因は、銅事業となります。2600億円の損失の内、約45%である1150億円の規模になります。次に金額が大きい事業分野が、LNG開発遅延の15%(400億円)、そして資源事業会社の損失約13%(350億円)と続きます(表1)。

事業分野 内容 主な損失発生理由 「親会社の所有者に帰属する当期利益」主な損失発生理由への影響額(単位:億円、税後)
金属 チリ銅事業における減損損失 長期銅価格の見直し等 約△1,150
ブラジル資源事業会社の損失取込 ブラジル資源事業会社における減損損失 約△350
豪州石炭事業における減損損失 長期石炭価格の見直し 約△250
エネルギー 豪州 LNG 事業における減損損失 開発計画の遅延 約△400
その他原油・ガス資産の減損損失 長期原油・ガス価格の見直し 約△150
機械・インフラ 一部海外発電事業における減損損失 長期電力価格の見直し 約△300
合計 約△2,600

表1 三井物産の損失内訳 出典:三井物産

チリの銅事業で900億円の損失

三井物産が出資するチリ銅事業会社「Anglo American Sur社」に対する投資について、長期銅価格の見直しを行った結果、減損に伴う損失約900億円を計上する予定とのことです。加えて、カセロネス銅事業については、減損に伴う損失約250億円を計上する予定です。

カセロネス銅鉱山は100%日本資本による資源開発プロジェクトで、2006年の権益取得から約8年間の開発期間を経て、2013年3月から電気銅を、2014年5月から銅精鉱の生産をそれぞれ開始しています。

豪州のLNGプロジェクト遅延で、400億円の損失

三井物産が出資する豪州ブラウズLNGプロジェクトについて、開発計画の見直しが決定され、商業生産の見通しが遅延したことを受け、減損に伴う損失約400億円を計上する予定です。

ブラウズLNGプロジェクトは、豪西オーストラリア州沖合のイースト・ブラウズ及びウェスト・ブラウズの両天然ガス・コンデンセート鉱区を開発し、生産される天然ガス及びコンデンセートを精製・液化・出荷するものです。

資源事業会社の損失取り込みで、350億円の損失

三井物産が出資する「Vale社」が減損損失を計上したことにより、取込損失約350億円を計上する予定となっています。

Vale社は、ブラジルのリオデジャネイロに本社を置く、世界を代表する総合資源企業です。主力事業は鉄鉱石であり、世界最大規模の生産企業となります。

三井物産の新電力としての活動

三井物産新電力としても活動しています。高圧で若干の小売販売実績(385千kWh)があり、119社中87位です。販売量こそ少ないですが、それは小売事業を主軸としているわけではなく、電力会社への電力卸売事業がメインとなっているからです。

温室効果ガスの調整後排出係数については、平成26年度の値を参照すると、0t-CO2/kWhと非常に低い値です。0t-CO2/kWhの企業は、リエスパワー、G-POWERを含め、3社となっております。

新電力企業のCO2排出量一覧

出典:環境省資料より作成

世界では石炭の最大手が破産危機、アメリカでは40年ぶりに原油輸出

今月、アメリカでは、石炭の最大手「Peabody 」が破産の危機とのニュースがあり、同業界2位の「Arch Coal」や3位「Alpha Natural Resources」は連邦破産法11条の申請済です。

昨年12月はアメリカが約40年ぶりに原油を輸出するといったニュースが話題になりました。シェールガスにより原油が余り、結果として倒産する企業が相次いだので、輸出に活路を見出したことも一つの要因となります。資源を生業とする企業は、世界的に見ても苦境に立たされていると考えられます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

新電力登録の三井物産、創業以来の初赤字、資源安が影響の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月29日

新電力ネット運営事務局

新電力登録の三井物産、創業以来の初赤字、資源安が影響

新電力にも登録している三井物産が赤字となりました。1947年の創業以来、70年近い歴史の中で初の赤字となります。原油や銅などの資源価格下落が経営を直撃し、損失を拡大した形となっております。

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月09日

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。

都市ガスの安定供給評価、南海トラフ地震でも重大被害は発生しない想定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月27日

新電力ネット運営事務局

都市ガスの安定供給評価、南海トラフ地震でも重大被害は発生しない想定

4月22日、ガスシステム改革小委員会が開催され、震災におけるガス供給安定性の評価について議論されました。これまでに発生した地震におけるガス関連設備の被害などを整理し、将来大地震が発生した際の影響を評価する内容です。

LNG・石炭調達など、JERAによる2030年度の事業計画の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月21日

新電力ネット運営事務局

LNG・石炭調達など、JERAによる2030年度の事業計画

2月10日、JERAが2030年度におけるLNG・石炭などの取り扱い規模や、国内・海外発電所の開発計画を発表しました。商流も拡大する予定で、新電力企業にとっては、燃料調達先の拡大に繋がると考えられます。

石炭火力発電の最高峰、IGFCの実現に向けて一歩前進の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月06日

新電力ネット運営事務局

石炭火力発電の最高峰、IGFCの実現に向けて一歩前進

4月4日、NEDOはCO2分離・回収型酸素吹IGCCの実証事業を今年度から開始したと発表しました。石炭火力発電から排出されるCO2を大幅に削減することが可能であり、IGFCの実現にも繋げる内容となります。