電力会社の切替時の電力供給

電力の切替にあたり、新電力側は託送契約申込み、廃止取次申込み等を、一般送配電事業者や電力広域的運営推進機関と連携しながら行いますが、この中で実質的な機器の取り換えが発生する可能性のある範囲は通常、スマートメーターの取り付けのみです。

高圧以上の規模である場合、スマートメーターの取り付けは無停電作業が可能となっており、結果として新電力への切替時に電力供給が停止することは原則的になくなっています。一方で、低圧規模であれば15分程度の停電が発生する可能性があります。

なお、日本では全ての建物・施設において、2024年までにスマートメータに切り替わることとなっており、電力会社の切り替えを全く行わない施設であっても、いずれはスマートメーターに切り替わることとなります。