水素発電 (Hydrogen power generation)

水素発電とは

This is a method of power generation using hydrogen as a fuel, in which hydrogen is burned in a gas turbine or boiler to extract electrical energy.

水素を燃料に用いた発電方法で、ガスタービンやボイラーで水素を燃焼させて電気エネルギーを取り出します。

水素発電にはいくつか種類があります。水素そのものを燃焼させて空気中の酸素と激しく化学反応させ、そのエネルギーでタービンを回して発電するのがガ「スタービン発電方式」です。ほかには、蒸気タービン用のボイラーの燃料として水素を用いる方式や、燃料電池を用いる方式があります。化石燃料と違って水素は炭素を含まないため、燃やしてもCO₂が出ません。水素は多様なエネルギー源から製造可能なため、エネルギーセキュリティの向上にもつながります。

ガスタービン発電の場合、「水素とLNG(液化天然ガス)」「水素と石炭」のように他の燃料と一緒に燃やす「混焼」ができます。一定の技術的な課題が解決されれば、既存のガスタービンと同様に規模の拡大も可能と期待されています。一方で、着火から燃焼までが早いため、逆火(炎の逆流)の危険性が高いことが水素発電の課題として挙げられています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介