電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」

2016年11月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」の写真

前回のコラムでは、経済産業省が実施したアンケート結果に基づき、電力プランを切り替えた需要家の満足度や生活スタイルの変化について見てきました。今回は、電力自由化の認知度と、プランの切り替えを躊躇する要因について概観していきます。

電力小売りの認知度は9割以上

経済産業省が実施したアンケート調査によると、電力小売自由化の認知度は、各社のPRなどが奏功し90%以上(90.6%)に達しています。電力自由化から半年が経過しましたが、現時点において日本国民の大多数が電力自由化を知っている結果となっております。

ただし、「電力自由化について認知はしていても内容は知らない」といった層は23.2%おりますので、自由化の内容まである程度以上理解している割合であれば、概ね7割近くとなります(図1)。

家庭用電力の小売り自由化認知度

図1 家庭用電力の小売り自由化認知度 出典:経済産業省

切り替えていない需要家でも、9割近くが自由化自体は認知している

下記の図は、電気プランを切り替えた需要家と、切り替えていない需要家に対する認知度調査のアンケート結果となります。こちらを見てみますと、切り替えていない需要家であっても、電力自由化について認知している割合は9割近くとなっています。つまり、電力自由化という制度を知りながら、何らかの理由によりプランの切り替えを行っていない需要家が大半であることが見てとれます。

一方で、電気プランを切り替えた需要家であっても、全員が電力自由化について理解しているかというと、そうではない結果となりました。プラン変更者の2.3%が「電力自由化について聞いたことがない」との回答をしており、こういった需要家はセットプラン等の訴求効果により、受動的に電気プランを切り替えているなどの要因が考えられます(図2)。

a11ff7e482a5bddb9502b3724f873525

図2 小売り自由化認知度 料金プラン変更者と非変更者別 出典:経済産業省

変更を妨げている要因の第一位、「メリットが分からない」

これまで、電気プランを切り替えていない需要家であっても、電力自由化の制度自体は認知している割合は高いことを見てきました。そうした需要家が電気の購入先を変更しない理由として、アンケートでは「メリットがよくわからない」(44.0%)がトップであり、時点で「なんとなく不安」(37.3%)が多く挙がっておりました(図3)。自由化についての理解不足や不安感が、変更の阻害要因となっていることが窺える結果となっています。

電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの

図3 電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの 出典:経済産業省

域別においては東京電力管内が最も内容認知度が高い結果に

電力自由化の内容まで理解している割合では、東京電力管内(31.2%)がトップであり、次点で関西電力管内(29.9%)と続きました。その一方で、中国(18.0%)、四国(19.8%)、九州(18.5%)の各電力管内では20%を下回っており、地域差が現れております。

東京電力管内は、多様な料金プランを選択できることもあり、プランの切り替え件数・割合も全国トップです。こうした環境が電力自由化の理解度の高さを形作る一因であると考えられます。しかし、「電力自由化の内容までは分からないが、制度自体を認知している」といった割合であれば、どの地域も概ね9割近くであり、各地域において遜色がありません(図4)。

地方においては、現状ではまだまだ料金プランの選択の余地が少なく、切り替えが1%未満とほとんど進んでいない地域も多いです。しかしそうした地域であっても、制度自体の認知度は高いので、急速に切り替えが進んでいくポテンシャルはあります。例えば、前述のように「メリットが分かりづらい」などの不安を払拭することにより電力自由化が身近になっていくことが期待されます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

前の記事:電気料金プランの変更における生活の変化、約6割が「何らかの変化があった」と回答

12
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東京電力と中部電力が火力発電事業を統合、5年以内に1000億円/年の効果を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月13日

新電力ネット運営事務局

東京電力と中部電力が火力発電事業を統合、5年以内に1000億円/年の効果を目指す

6月8日、東京電力フュエル&パワー(東京電力ホールディングス株式会社の100%子会社)と中部電力は、JERAへの統合に係る合弁契約書を締結したと発表しました。JERAは「国内発電事業の競争力強化」などの方策を進め、統合後5年以内に1000億円以上/年の効果創出を目指します。

中部電力、北陸電力、関西電力の3社が連携、送配電部門の効率化に向けた検討開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月07日

新電力ネット運営事務局

中部電力、北陸電力、関西電力の3社が連携、送配電部門の効率化に向けた検討開始

6月2日、中部電力、北陸電力、関西電力の3社は、送配電部門において相互連携による一層の効率化に向けた検討を行うと発表しました。広域的なインバランスネッティングや広域メリットオーダーを考慮することにより、効率的な調整が推進される予定です。

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月26日

新電力ネット運営事務局

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込

4月21日、経済産業省は改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表しました。出力ベースに換算すると2766万kWとなる見込みであり、認定された出力全体の約4分の1にあたる規模となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月11日

新電力ネット運営事務局

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象

昨今、国際的にもCO2排出抑制に対する意識が高まっており、経済的かつ効果的な対策の重要性が増しています。そうした中、事業者による省エネの取り組みを促進するため、省エネ診断に係る費用を補助する制度が実施されます。5月から受付開始ですが、4月中の予約で上限まで埋まる可能性の高い補助金となっています。