ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性

2015年11月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性の写真

新電力への切り替えは、テナントの方にとっては簡単ではありません。基本的に建物ごとの契約となるため、オーナーの理解が必要なためです。そこで、グリーンリースの考えを取り入れた新電力事業の可能性について考察します。

テナントによる新電力切り替え

テナントの皆様にとって、日々の電気代はできる限り削減したい項目であるかと思います。そのため、新電力への切り替えにより電気代を削減したいケースも増えると想定されますが、現状では基本的に建物(受電設備単位)ごとの契約になるため、簡単に新電力に変更はできません。ただし、2016年度から本格的に始まるグリーンリースを取り入れることにより、ビルオーナーとテナント双方にメリットの生まれるビジネスの形が形成される可能性が高まります。

新電力とグリーンリース

グリーンリースの考え方

グリーンリースとは、ビルに対する省エネや環境配慮を推進することにより、ビルオーナーとテナント双方にメリットが生まれる契約体系のことです。例えば、省エネ設備の設置に必要な費用を、ビルオーナーとテナントの双方で分担し、削減した光熱費の利益を適切に配分するような契約となります。一般的に、グリーンビルディング化に要した費用の回収は、長きにわたります。現状の場合、その負担を光熱費の削減効果が見込めないビルオーナが回収可能なケースは限定されます。テナント側としても、よほど契約期間が長いなどの状況がない限り、簡単には省エネ等への設備投資に手を出しづらいです。その点、グリーンリースでは双方が設備投資を回収可能な契約を形作ることが可能です。

新電力による光熱費削減の場合を見ると、現状では新電力への変更が直接的にはビルオーナーにとって経済的便益を生みません。なぜなら、電気代の支払いはテナントによって行われるため、その経済効果はテナントが享受するからです。そのため、新電力への切り替えによるビルオーナー側のインセンティブを生みづらい構造となります。貸借の条件として電気代が安くなることを条件づけるメリットはありますが、必ずしも新電力への切り替えに積極的になるとはいえません。一方テナント側も、自社のみではなく、ビル全体の契約変更が必要なため、新電力への切り替えに対し消極的になる可能性が高いと思われます。

ここでグリーンリースの考え方を取り入れると、新電力切り替えによる利益をビルオーナーとテナントの双方が享受可能な配分とするなど、新たなビジネスモデル形成の可能性が生まれます。その際、環境配慮への設備投資と新電力をグリーンリースに組み込んだビジネス展開などが期待できます。

グリーンリース概念図

省エネ事業や社内環境改善への展開

グリーンリースモデルの場合、省エネによる費用削減がビルオーナーにも還元されるため、積極的に設備投資を実施するケースも増えていくと想定されます。そこに新電力事業に関心のある層を組み込み、契約の切り替えと併せて、省エネや社内の環境改善を実施するような環境コンサル・ビジネスが生まれる可能性が期待できます。

このようなポテンシャルを持つグリーンリースですが、現在はJ-REITの大和証券オフィス投資法人や、日本リテールファンド投資法人などが一部で実施するのみです。まだまだ普及には至っていませんが、2016年から制度も構築されていき、普及が加速していくと見込まれています。

グリーンリースのメリット

補助金の活用

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

次の記事:環境不動産とESG投資による新電力を活用したCSR活動

12
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月30日

新電力ネット運営事務局

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保へ

7月20日、電力・ガス取引監視等委員会の専門会合にて、現事業者による「取戻し営業」規制の議論が行われました。この会合において、スイッチングプロセスの短期化や、廉売行為に関する対応の方向性について検討が行われました。

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直しの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月11日

新電力ネット運営事務局

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直し

第4次エネルギー基本計画の策定から約4年が経過し、2018年7月、経済産業省は第五次エネルギー基本計画が閣議決定したと発表しました。2030年の計画の見直しのみならず、パリ協定の発効を受け2050年を見据えた対応など、日本がエネルギー選択を構想すべき時期に来ており、計画が見直されることなりました。

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月29日

新電力ネット運営事務局

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算に

自然エネルギー財団は6月、「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。報告書によると、日本が国際連系線を建設することは物理的・技術的に可能であり、陸揚げ後の国内ネッ トワークとの接続にも大きな問題がないとしています。

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月28日

新電力ネット運営事務局

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因に

6月に開催された制度設計専門会合において、29年度における一般送配電事業者のインバランス収支が約270億円になったと発表がありました。二つの要因(余剰インバランス、FIT特例)について見ていきたいと思います。

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月22日

新電力ネット運営事務局

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍に

積水化学工業は6月、VtoH(Vehicle to Home)搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。