「RE100メンバー会」発足、国際イニシアチブ「RE100」加盟の日本企業が結集し再エネ普及を推進

2019年06月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

「RE100メンバー会」発足、国際イニシアチブ「RE100」加盟の日本企業が結集し再エネ普及を推進の写真

日本国内のRE100加盟を支援する団体であるJCLPは「RE100メンバー会」を発⾜したと発表しました。「RE100メンバー会」は、RE100に加盟する日本企業が集まり、専⾨家や政策⽴案者等との対話を通じて、メンバー同⼠の協働や政策提⾔などを検討・実施するものとなります。

日本のRE100メンバーが結集した「RE100メンバー会」発足

近年は気候変動の影響が顕在化する中、国際社会は危機感を強め、政策の強化を進めています。パリ協定は「気温上昇を2℃未満に抑えるため、今世紀後半の温室効果ガスの実質ゼロを目指す」旨を明記し、大きな政策転換が進むというシグナルを世界へ発信しました。

その後、GHG最大の排出国である中国が排出量取引を開始し、世界各国で再生可能エネルギーの導入拡大が進んでいます。また、ディーゼル車とガソリン車の販売や石炭火力発電への規制強化が進むなど、「排出ゼロ」を見据えた政策強化が進んでいます。

脱炭素化の動きの中、化石燃料資産の多くが座礁資産化するリスクがあるとして、投資家らがポートフォリオの見直しを始めています。また、炭素価格付け政策等により、製品・サービスの競争力に新たな軸が加わるほか、消費者サイドでも、企業の気候変動対策への関心が高まりつつあります。

こうした脱炭素化を促す国際イニチアチブに「RE100」があります。RE100は、事業で使⽤する電⼒の再エネ100%化にコミットするものです。企業が結集することで、政策⽴案者および投資家に対してエネルギー移⾏を加速させるためのシグナルを送ることが期待されています。

現在、RE100には情報技術から⾃動⾞製造まで、フォーチュン・グローバル500企業を含む多様な分野の企業が加盟し、その売上合計は4兆5000億⽶ドルを超えるとされています。

RE100は、The Climate GroupがCDPとのパートナーシップのもとで主催しており、⽇本では2017年4⽉より⽇本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)が地域パートナーとして、⽇本企業の加盟を⽀援しています。

なお、CDPに署名をする機関投資家の数は年々増加しており、CDPの点数を高めることは、多くの機関投資家に良いアピールができる状況となりつつあります(図1)。

CDP署名機関の推移

図1 CDP署名機関の推移 出典:東京都

こうした中、JCLPは「RE100メンバー会」を発⾜したと発表しました。「RE100メンバー会」は、RE100に加盟する日本企業が集まり、専⾨家や政策⽴案者等との対話を通じて、メンバー同⼠の協働や政策提⾔などを検討・実施するものとなります。

現在、RE100に加盟する⽇本企業19社の国内電⼒消費量は約13TWhで、⽇本の総電⼒消費量の約1.4%を占めます。JCLPは、「今後も再⽣可能エネルギーを求める企業が増えていくことに鑑み、RE100メンバー会では、⽇本における再⽣可能エネルギーの普及を推進すべく、需要家企業の声と力を結集し、様々な取組みを進めていく」としています。

「RE100メンバー会」の概要
  1. 参加者:アスクル株式会社、イオン株式会社、株式会社エンビプロ・ホールディングス、⽣活協同組合コープさっぽろ、コニカミノルタ株式会社、城南信⽤⾦庫、積⽔ハウス株式会社、ソニー株式会社、⼤東建託株式会社、⼤和ハウス⼯業株式会社、東急不動産株式会社、⼾⽥建設株式会社、富⼠通株式会社、芙蓉総合リース株式会社、株式会社丸井グループ、株式会社リコー、ワタミ株式会社、他(新規RE100 宣⾔企業にも随時参加打診予定)
  2. 主催: ⽇本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)
  3. 協力: The Climate Group
  4. 参加対象: RE100 加盟企業、JCLP 会員、専⾨家等
  5. 活動内容: ⽇本の再エネの価格競争⼒の向上及び更なる普及に向けた協働・政策提⾔の検討等
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月27日

新電力ネット運営事務局

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響

バイオマス発電の持続可能性等について、経済産業省より「平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」報告書が公開されました。今回の記事では同報告書から、GHG排出基準の新設可能性や、今後のバイオマス発電へのFIT適用可能性等を見ていきます。

家庭用設備における非化石証書の可能性、トラッキングビジネスの今後の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月12日

新電力ネット運営事務局

家庭用設備における非化石証書の可能性、トラッキングビジネスの今後

これまで非化石証書は、再エネ電源の由来を特定できず、RE100等のイニシアティブに適用不可と考えられてきました。しかし、2019年2月に実施された実証実験により、トラッキングスキームが導入され、FIT非化石証書の由来となった発電所を明らかにすることが可能となりました。

エネ庁が「ベースロード市場ガイドライン」作成、上限価格や透明性におけるルール整備が進むの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月03日

新電力ネット運営事務局

エネ庁が「ベースロード市場ガイドライン」作成、上限価格や透明性におけるルール整備が進む

ベースロード市場のルール整備は着実に進んでおり、2019年3月19日制度検討作業部会においては、資源エネルギー庁が「ベースロード市場ガイドライン」を作成する形で合意がなされました。その後、電力・ガス取引監視等委員会により、28日に「ベースロード市場ガイドライン」が公表されました。

電力切替の誤認識、約半数がスマートメータ有料、3割が電気品質が下がると回答、経産省がアンケート結果公表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月13日

新電力ネット運営事務局

電力切替の誤認識、約半数がスマートメータ有料、3割が電気品質が下がると回答、経産省がアンケート結果公表

自由化における不安を解消し、より多くの需要家が切り替えを検討できる環境を整えていくことが重要だと考えられます。こうした中、全面自由化が実施された2016年度から、経済産業省は委託事業として自由化の認知度や不安等に関するアンケートを実施しており、3月8日にその最新版の結果を公開しました。

卒FITの再エネ電力確保に向けた各社の動き、2023年までに130万件以上が新たなサービスに移行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月06日

新電力ネット運営事務局

卒FITの再エネ電力確保に向けた各社の動き、2023年までに130万件以上が新たなサービスに移行

卒FITの市場規模として、件数ベースでみると、2019年〜2023年合計では少なくとも130万件、最大で210万件程度になると推測されます。これらの卒FIT電源を確保するため、各社が様々なサービスを提供しており、それらサービスの特徴を見ていきたいと思います。