風力・地熱発電の環境アセスメント期間半減、NEDOが迅速化ガイドを公表

2018年04月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

風力・地熱発電の環境アセスメント期間半減、NEDOが迅速化ガイドを公表の写真

NEDOは3月、風力発電施設と地熱発電施設を対象とした、環境アセスメント期間の半減に役立つ「環境アセスメント迅速化手法のガイド」を公表しました。ガイドでは「前倒環境調査」という方法を提示しており、現況調査等に先行または同事変列で配慮書手続などを実施することで、期間短縮を実現するものです。

「前倒環境調査」により環境アセスメント期間を短縮

一定規模以上の風力発電設備と地熱発電設備を建設・増設する際には、環境アセスメントを実施することが環境影響評価法により定められています。日本においては、風力発電所、地熱発電所では、出力1万kW以上が「第1種事業」とされ、環境アセスメントの手続を必ず行う必要があります。出力7500kW~1万kWは「第2種事業」と定められ、手続を行うかどうかは個別に判断されることとなります。

しかしながら、その手続きには4年程度と長い期間を要します。そのため、風力発電と地熱発電の更なる普及のためには、アセスメントの質を落とさずに手続期間を短縮することが求められています。

そのためNEDOは、風力発電施設と地熱発電施設を対象とした、環境アセスメント期間の半減に役立つ「環境アセスメント迅速化手法のガイド」を公表しました。ガイドでは「前倒環境調査」という方法を提示しており、現況調査等に先行または同事変列で配慮書手続などを実施することで、期間短縮を実現するものです。

今回のガイドは、NEDOが2014年度から実施している「環境アセスメント調査早期実証事業」で得られた知見が活用されています(2018年2月末にすべての実証事業が終了)。環境アセスメントの質を落とさず手続期間が短縮され、風力発電と地熱発電の導入が円滑化されることが期待されます。

一般的な工程と「前倒環境調査」の比較

環境影響評価法に基づく一般的な工程では、方法書手続による手法に基づき、現況調査が実施されます。そして、環境影響の予測・評価等を行って準備書を作成し、準備書手続が行われる流れとなります。

一方で、NEDOが迅速化の手法として提示する「前倒環境調査」とは、方法書手続等に先行又は同時並行で現況調査等を実施する手法です。多くの作業を並列的に進めていくため、環境アセスメントの期間を短縮できると期待できます(図1)。一方、前倒環境調査は、期間短縮のメリットがありますが、調査等の手戻りのリスクを伴います。どこまでリスクを許容するかは、環境影響評価の実施主体である事業者の総合的判断に委ねられます。

環境アセスメント手続期間の半減工程イメージ

図1 環境アセスメント手続期間の半減工程イメージ 出典:NEDO

風力発電、一般的な工程では環境影響評価に3~4年

陸上風力発電の一般的な事業工程では、ます2年程度をかけて事業性調査(風況調査等)が実施されます。その結果、事業化となった場合には、3~4年程度の環境影響評価が行われます。そして、1年程度の各種許認可等の手続き、2年程度の設置工事を経て、運転開始に至ります(図2)。

環境影響評価法に基づく手続き期間は、特に迅速化を図っていない一般的な工程では3~4年程度を要するものと想定されます。

環境影響評価は、一般的に事業化判断後に行われます。そのため、事業化判断後に、環境影響評価手続きが長期間となることは、市場環境の変化、規制・制度の変化、事業者の費用負担等、事業化へのリスクを増大させます。

大型風力発電運転開始までの一般的なプロセス

図2 大型風力発電運転開始までの一般的なプロセス 出典:NEDO

地熱発電、一般的な工程では風力と同様、環境影響評価に3~4年

地熱発電所の一般的な事業工程では、地元理解を得た上で、2年程度をかけて調査(掘削調査等)が行われた後、3年程度をかけて探査(調査井掘削等)が実施されます。これらの手順により、資源量や経済性等が評価され、事業化の判断が行われます。

その後、3~4年程度の環境影響評価手順が実施された後、3~4年程度の開発及び設置工事を経て、運転開始に至ります(図3)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月05日

新電力ネット運営事務局

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要

資源エネルギー庁は8月31日、FIT制度における2018年度中の認定申請等にかかる期限日や、標準処理期間及び運用ルールの一部見直しを発表しました。申請時に接続同意書類の提出が必須になる等の変更が加えられます。

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されることの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月20日

新電力ネット運営事務局

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されること

電力の競争環境整備については、国がこれまで検討が進めてきており、様々な取り組みがなされてきました。また、2017年10月からは「競争的な電力・ガス市場研究会」において議論が行われており、8月には中間論点をまとめた報告書が発表されました。この記事では、これら電力小売りの競争環境に関する議論を整理します。

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月03日

新電力ネット運営事務局

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外

7月31日、資源エネルギー庁はFIT認定を受けた再エネ設備(10kW未満の太陽光発電除く)における廃棄費用(撤去及び処分費用)に関する報告義務化について通知しました。運転費用報告の際に、電子報告サイトの入力フォームにしたがって、廃棄費用の報告をするよう呼びかけています。

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月30日

新電力ネット運営事務局

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保へ

7月20日、電力・ガス取引監視等委員会の専門会合にて、現事業者による「取戻し営業」規制の議論が行われました。この会合において、スイッチングプロセスの短期化や、廉売行為に関する対応の方向性について検討が行われました。

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直しの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月11日

新電力ネット運営事務局

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直し

第4次エネルギー基本計画の策定から約4年が経過し、2018年7月、経済産業省は第五次エネルギー基本計画が閣議決定したと発表しました。2030年の計画の見直しのみならず、パリ協定の発効を受け2050年を見据えた対応など、日本がエネルギー選択を構想すべき時期に来ており、計画が見直されることなりました。