人口2位のインドで2050年に100%再エネ可能と予測、ラッペーンランタ大学発表

2017年10月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

人口2位のインドで2050年に100%再エネ可能と予測、ラッペーンランタ大学発表の写真

9月25日、経済成長を続けるインドにおいて、2050年に100%再エネへと移行することが可能とする研究を、ラッペーンランタ大学が発表しました。主に石炭で構成される、インドの現在のシステムよりも安価にすることが可能としており、MWhあたり57ユーロの現状から、MWhあたり46ユーロが実現可能と指摘しています。

インド、2050年に100%再エネが可能との想定、石炭よりも再エネが安価に

IMFによると、2016年度の人口においてインドは約13億人の規模となっており、中国に次いで2位に位置付けています。また、国連経済社会局の6月の発表によると、世界人口が現在の76億人から2050年に98億人に達するとの予測されています。その中で、インドの人口については、2024年頃には中国を抜き首位に躍り出るとされています。

経済成長についても、インドは高い経済成長率を維持し続けています。国際協力銀行が2016年12月に発表した調査では、中期的有望事業展開国ランキングにおいて、インドが3年連続で第1位となりました。

このように成長を続けるインドにおいて、2050年に100%再エネへと移行することが可能とする研究を、ラッペーンランタ大学が発表しました。主に石炭で構成される、インドの現在のシステムよりも安価にすることが可能としており、MWhあたり57ユーロの現状から、MWhあたり46ユーロが実現可能と指摘しています。

太陽光と蓄電池を主軸に、再エネ発電の総投資額は約3380億ユーロ

ラッペーンランタ大学が提案した再生可能エネルギーシステムは、主に太陽光エネルギーと蓄電池で動作します。太陽光発電の大規模な導入には、発電量の変動に対応するため、蓄電池が必要です。研究では、電力、海水淡水化、および産業ガスといったセクターの需要があるインドにおいて、2050年までの時間分解モデルに基づく100%再エネ移行への経路がシミュレートされています。

シミュレーションモデルでは、蓄電技術として揚水蓄電(PHS)、断熱型圧縮空気エネルギー貯蔵(A-CAES)、熱エネルギー貯蔵器(TES)、およびパワーツーガスなどが考慮されています(図1)。関連する全てのエネルギー技術の想定コストと技術的な状況を考慮し、5年単位の区切りでモデル化され、シミュレーションされます。

このモデルは、基準年(2015年)の発電所容量、その寿命および総電力需要を考慮しており、再エネ発電所および貯蔵技術を最適化してコストを最小にします。結果として、インドにおいて、2050年には100%の再生可能エネルギーを土台としたエネルギーシステムが実現可能であることが示されています。

エネルギーシステムのモデル

図1 エネルギーシステムのモデル 出典:ResearchGate

100%再エネの目標を達成するためには、インドは太陽光や風力などの再エネ技術に投資する必要があります。例えば、シミュレーションにおいて、太陽光発電は最も経済的な電力源となり、2050年には3.2〜4.3TWpの容量が導入される想定です。必要な総投資額は、約3380億ユーロと推定されています。これは、2015年の約1720万MWhから2050年の約6200MWhへと、電力需要が約3.6倍と大幅に増加することを反映したものとなります。

モンスーン期間の対応、風力やグリットで対応

気候の面においてインドにおいて特徴的なのは、モンスーンの季節にあります。インドのモンスーン期間は、太陽光発電量が減少する唯一の時期となります。100%再生可能なシステムにおいて、太陽光発電の不足は、風力発電などの増加と、モンスーンの影響を受けにくい近隣地域からの太陽光発電の補完によって補われることになります。

モンスーン期間においては、62%を占める地域において風力エネルギー出力が増加します。しかし、風資源の量はインド全土で同じではありません。風力資源が不足する部分については、太陽光発電とグリッドによって管理することとなります。

インド北西部のような、モンスーンによる影響を受けにくい地域は、送電網を介して他の地域に太陽光の電気を送電することができます。モンスーン期間では、グリッド使用率は非モンスーン期間から1.3%増加します。インド北西部とインド南部の2つの地域においては、モンスーン期間に発電電力の約43%を輸出することとなります。

PVプロシューマーが電力需要の約15-20%に貢献

再エネの導入のメリットについて、今回の発表では①気候変動の目標達成への貢献、②健康状態などへの貢献を挙げています。研究者のAshish Gulagi氏は、「健康管理コストの削減や、大気の質の向上による早期死亡の大幅な削減」という利点について言及しています。

また、再エネへの移行において、民間世帯、商業会社、産業などによるPVプロシューマーが増加することは重要です。より分散的で適応力のあるエネルギーシステムが形作られ、プロシューマーは、インドの総電力需要の約15-20%に貢献することが可能としています。加えて、PVプロシューマーの増加は、2030年までにインドで販売される自動車を電気自動車のみに制限するという政策に対して貢献する可能性もあります。

主任研究者のPasi Vainikka氏は、「インドが30年以内に完全に再生可能な電力システムに移行し、かつ現在のシステムよりも経済性に勝る可能性があるということは、開発途上国が経済発展において排出量が激しく増加する段階をスキップできることを示す。」と述べています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

証書等を用いた再エネ調達の価格、「Jクレジット」「グリーン電力証書」「非化石証書」の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年02月07日

新電力ネット運営事務局

証書等を用いた再エネ調達の価格、「Jクレジット」「グリーン電力証書」「非化石証書」

自然エネルギー財団は1月、自然エネルギーの電力を効率的に調達するためのガイドブック発行しました。今回の記事では、代表的な自然エネルギーの発電設備による証書・クレジットである「Jクレジット」「グリーン電力証書」「非化石証書」について見ていきます。

カーボンフットプリントの今後、炭素の「消費税」で製品に低炭素価値、経済同友会が提言の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月23日

新電力ネット運営事務局

カーボンフットプリントの今後、炭素の「消費税」で製品に低炭素価値、経済同友会が提言

1月18日、経済同友会はカーボンフットプリントのあり方などに関する提言を発表しました。温室効果ガス排出削減に向けた内容であり、発表ではカーボンフットプリントの活用など3つの提言が示されました。

2018年度のバイオマス入札、一般木材等では10000kW以上が対象、事業計画の受付締切は7月予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月05日

新電力ネット運営事務局

2018年度のバイオマス入札、一般木材等では10000kW以上が対象、事業計画の受付締切は7月予定

12月27日、調達価格等算定委員会にて2018年度バイオマス発電入札の対象規模や入札量について議論が行われました。対象規模は一般木材等では10000kW以上、入札量については200MWとなる見込みです。

再エネの大量導入における4つの課題と2030年に向けた取組の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月21日

新電力ネット運営事務局

再エネの大量導入における4つの課題と2030年に向けた取組

再エネ大量導入においては、大別すると①発電コスト、②系統制約、③調整力、④事業環境といった4つの課題があります。また、国際競争力という観点では、それらの課題を解決し、世界に通用するエネルギー企業を創出する必要があります。今回のコラムでは、国の議論から再エネ大量導入における4つの課題を整理し、2030年に向けた取り組みの方向性を見ていきたいと思います。

電力関連ビジネスの国内市場の予測、容量アグリゲーションは2017年の65MWから2020年には230MWにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月11日

新電力ネット運営事務局

電力関連ビジネスの国内市場の予測、容量アグリゲーションは2017年の65MWから2020年には230MWに

12月4日、富士経済は電力関連システム・サービスの市場を調査し、その結果を報告書「電力システム改革で動く設備・システム・サービス市場の全貌 2017年版」にまとめたと発表しました。調査対象は、「電力小売全面自由化」による市場競争の進展や、それに伴う新ビジネスの創出が期待される分野であり、報告書では電力関連システム・サービスにおける複数分野の市場を分析しています。