東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能

2017年02月09日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能の写真

2月7日、東京都は「低炭素電力」・「低炭素熱」の認定供給事業者を決定したと発表しました。低炭素電力認定供給事業者については、昨年は4事業者であったのが本年度は13事業者となり、9事業者の増加となります。

東京都が「低炭素電力」・「低炭素熱」事業者を認定

東京都では、2010年度から環境確保条例に基づき、「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を運用しています。本制度は、大規模事業所(前年度の燃料、熱、電気の使用量が原油換算で年間1,500kL以上)にCO2排出量の削減義務を課すものです。オフィスビル等も対象となっており、世界初の都市型キャップ・アンド・トレード制度といえます。

「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」は、対象事業所における省エネ対策等によるCO2削減を目的としています。この制度において、2015年度~2019年度からは第2計画期間として、東京都は排出係数が小さい電力・熱供給事業者を「低炭素電力」・「低炭素熱」として認定することを開始しました。これら認定事業者による電力・熱供給はCO2排出が少ないとされるので、認定事業者から電気又は熱を受け入れた事業所は、CO2削減相当として算定できることとなります。

今回の仕組みにおいて、低炭素電力認定供給事業者は13事業者、低炭素熱認定供給事業者は32事業者となりました。熱事業者の数は昨年度と変更はありませんが、電力事業者に関しては昨年度から9事業者の増加となっています(図1)。実に3倍以上に増加しており、電力自由化により市場開放されたことが要因の一つだと考えられます(表1)。

区分認定供給事業者数

図1 区分認定供給事業者数 出典:東京都

低炭素電力の認定要件

CO2排出係数が0.4t-CO2/千キロワット時以下かつ再生可能エネルギーの導入率が小売量ベースで20%以上又は低炭素火力の導入率が小売量ベースで40%以上

低炭素電力認定供給事業者の一覧
事業者名 排出係数〔t-CO2/千kWh〕 再エネ導入率 低炭素火力導入率
プレミアムグリーンパワー株式会社 0.012 0.791
荏原環境プラント株式会社 0.087 0.551
株式会社S-CORE 0.158 0.899
出光グリーンパワー株式会社 0.218 0.582
昭和シェル石油株式会社 0.299 0.215 0.727
株式会社エナリス・パワー・マーケティング 0.304 0.534
ダイヤモンドパワー株式会社 0.304 0.311
リエスパワー株式会社 0.314 0.425
日産トレーディング株式会社 0.351 0.331
株式会社Looop 0.353 0.31
株式会社みらい電力 0.355 0.345
パナソニック株式会社 0.379 0.61
株式会社エネット 0.389 0.67

表1 低炭素電力認定供給事業者の一覧 出典:東京都資料より作成

都内に電力供給する事業者は2倍以上の128事業者に

東京都環境局では、都内に電気を供給する小売電気事業者から、CO2排出係数の低減や再生可能エネルギーの導入を計画的に推進するための計画書や報告書の提出を受け、毎年度公表しています。その報告によると、対象事業者は電力の小売全面自由化に伴い、2015年度の51事業者に比べて2倍以上に増加し、2016年度は128事業者となりました。

東京都内への電力供給に伴う再生可能エネルギー量ですが、2013年度は5327百万kWhであったのに対し、2014年度は6189百万kWh、2015年度は7434百万kWhと徐々に増加しています。再生可能エネルギーが増えたこともあり、都内への電力供給に伴うCO2排出量及び排出係数も改善してきており、例えば排出係数は2013年度で0.522kg-CO2/kWhであったのが、2015年度には0.492kg-CO2/kWhと向上しています。

都内への電力供給に伴う CO2 排出量及び CO2 排出係数と再生可能エネルギーの供給

都内への電力供給に伴う CO2 排出量及び CO2 排出係数と再生可能エネルギーの供給 出典:東京都

低炭素熱の認定は昨年度から横ばい

低炭素熱の認定数については、昨年度と同様の32事業者となっています(図2)。低炭素電力の認定数は3倍以上に増えておりますので、熱供給とは大きな差がありますが、これは前述のように電力自由化が大きな要因になっているものと考えられます。2017年4月からガス自由化が始まりますが、多様な企業が参入することで低炭素熱の認定事業者数が今後は増えていくことが期待されます。

低炭素熱の要件

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月30日

新電力ネット運営事務局

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保へ

7月20日、電力・ガス取引監視等委員会の専門会合にて、現事業者による「取戻し営業」規制の議論が行われました。この会合において、スイッチングプロセスの短期化や、廉売行為に関する対応の方向性について検討が行われました。

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直しの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月11日

新電力ネット運営事務局

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直し

第4次エネルギー基本計画の策定から約4年が経過し、2018年7月、経済産業省は第五次エネルギー基本計画が閣議決定したと発表しました。2030年の計画の見直しのみならず、パリ協定の発効を受け2050年を見据えた対応など、日本がエネルギー選択を構想すべき時期に来ており、計画が見直されることなりました。

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月29日

新電力ネット運営事務局

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算に

自然エネルギー財団は6月、「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。報告書によると、日本が国際連系線を建設することは物理的・技術的に可能であり、陸揚げ後の国内ネッ トワークとの接続にも大きな問題がないとしています。

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月28日

新電力ネット運営事務局

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因に

6月に開催された制度設計専門会合において、29年度における一般送配電事業者のインバランス収支が約270億円になったと発表がありました。二つの要因(余剰インバランス、FIT特例)について見ていきたいと思います。

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月22日

新電力ネット運営事務局

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍に

積水化学工業は6月、VtoH(Vehicle to Home)搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。