石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

2016年06月09日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。

新規石炭火力発電所にフォーカスし、大気環境および健康への影響を推定

昨今、大気汚染は日本に限らず世界中で環境および健康上の問題として議論されています。本調査は、日本において新規建設される石炭火力発電所にフォーカスし、大気環境および健康への影響を推定したものです。特に健康被害の影響を受けやすい日本の二大人口集中地域周辺(東京・千葉エリアと大阪・兵庫エリア)における、新規建設が計画されている石炭火力が調査対象となっています。

G7の中で日本は、最も多くの新規石炭火力発電所の建設を計画している国です。石炭火力の建設が計画されている場所の多くは人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高いです。東京の200km圏内には設備容量7,500MWに及ぶ10件の計画が、大阪・兵庫エリアには、500MWに及ぶ15件の計画が点在しています(図1)。

ケーススタディ対象発電所の基本情報

図1 ケーススタディ対象発電所の基本情報 出典:GREENPEACE

本調査においては、計画中の火力発電所からの汚染排出によって生じる大気環境への影響について、米国環境保護庁(EPA)が推奨するCALPUFF大気汚染モデルシステムが使われています。また、排出された大気汚染物質に暴露した際の健康影響はモデル化され、世界保健機構(WHO)の指針に従って評価されています。

石炭の燃焼には、常に大量の大気汚染物質(主に SO2、NOx、ばい塵など)の生成を伴います。しかしながら、新規に建設される石炭火力には一定の排出規制が課されるため、燃焼排ガスの汚染物質の多くを除去する排出制御装置が取り付けられます。ただ、そうした装置を利用しても、100%汚染物質を除去することは不可能であり、本調査ではCALPUFFモデルで健康被害が推定されています。

CALPUFFモデルシステムでの解析には、排出源の位置、それぞれの汚染物質の排出量、煙の出方に影響する煙突の特徴(煙突高と煙突径、燃焼排ガスの温度と速度)の情報が必要となります。今後建設が計画されている石炭火力が発する大気汚染物質について、計画の段階で入手できる限りの燃焼排ガス中の汚染物質濃度データを基に推定されています(図2)。

排出量と煙突の特徴データ

図2 排出量と煙突の特徴データ 出典:GREENPEACE

大気環境への影響:東京・千葉エリアのケーススタディ

本調査で対象とした石炭火力は、千葉の中部・北部、茨城南部、および東京首都圏の大気環境に重大な影響を与えると推定されています(図3)。特に夏季においては影響が著しい、といった結果となりました。

対象石炭火力発電所からの排出により増加する24時間濃度の最大値(東京・千葉)

図3 対象石炭火力発電所からの排出により増加する24時間濃度の最大値(東京・千葉) 出典:GREENPEACE

大気環境への影響:大阪・兵庫エリアのケーススタディ

本調査で対象とした石炭火力は、大阪・神戸エリアと名古屋の大気環境に重大な影響を与えると推定されています(図4)。こちらも東京・千葉エリアと同様に、特に夏季においては影響が著しい、といった結果となりました。

対象石炭火力発電所からの排出により増加する24時間濃度の最大値(大阪・兵庫)

図4 対象石炭火力発電所からの排出により増加する24時間濃度の最大値(大阪・兵庫) 出典:GREENPEACE

東京・千葉エリアでは、早期死亡者数が年間で260人の推定

東京・千葉エリアで計画されている石炭火力発電所からの健康影響は、運転1年あたりの早期死亡者数が260人となる推定です。一方で、大阪・兵庫エリアにおいては、199人という規模になっています(図5)。

計画されている発電所が一旦建設されれば、40~50年は継続稼働することになる可能性が高いです。40年間以上にわたる健康影響は、東京・千葉エリアでは約1万人、大阪・兵庫エリアでは約8千人という早期死亡者数となって現れるとしています。

調査対象とした石炭火力発電所からの排出に関連する年間早期死亡者数(1年あたり)

図5 調査対象とした石炭火力発電所からの排出に関連する年間早期死亡者数(1年あたり) 出典:GREENPEACE

東京・千葉エリアで計画されている石炭火力発電所からの健康影響において、低出生体重児の観点から見ると、年間で30人増加との予測です。大阪・兵庫エリアでは21人となります(図6)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月05日

新電力ネット運営事務局

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要

資源エネルギー庁は8月31日、FIT制度における2018年度中の認定申請等にかかる期限日や、標準処理期間及び運用ルールの一部見直しを発表しました。申請時に接続同意書類の提出が必須になる等の変更が加えられます。

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されることの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月20日

新電力ネット運営事務局

電力小売における競争環境の整備、これまでの取り組みと今後検討されること

電力の競争環境整備については、国がこれまで検討が進めてきており、様々な取り組みがなされてきました。また、2017年10月からは「競争的な電力・ガス市場研究会」において議論が行われており、8月には中間論点をまとめた報告書が発表されました。この記事では、これら電力小売りの競争環境に関する議論を整理します。

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月03日

新電力ネット運営事務局

FIT対象の再エネ設備、廃棄費用に関する報告が義務化に、10kW未満の太陽光発電は対象外

7月31日、資源エネルギー庁はFIT認定を受けた再エネ設備(10kW未満の太陽光発電除く)における廃棄費用(撤去及び処分費用)に関する報告義務化について通知しました。運転費用報告の際に、電子報告サイトの入力フォームにしたがって、廃棄費用の報告をするよう呼びかけています。

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月30日

新電力ネット運営事務局

進められる「取戻し営業」規制の議論、経済産業大臣が言及、公正な競争条件の確保へ

7月20日、電力・ガス取引監視等委員会の専門会合にて、現事業者による「取戻し営業」規制の議論が行われました。この会合において、スイッチングプロセスの短期化や、廉売行為に関する対応の方向性について検討が行われました。

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直しの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月11日

新電力ネット運営事務局

第5次エネルギー基本計画が閣議決定、FIT制度は継続、ただし2020年度末までに抜本的見直し

第4次エネルギー基本計画の策定から約4年が経過し、2018年7月、経済産業省は第五次エネルギー基本計画が閣議決定したと発表しました。2030年の計画の見直しのみならず、パリ協定の発効を受け2050年を見据えた対応など、日本がエネルギー選択を構想すべき時期に来ており、計画が見直されることなりました。