高圧・特高の販売実績がある新電力、1年間でほぼ倍増の136社に

2016年06月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

高圧・特高の販売実績がある新電力、1年間でほぼ倍増の136社にの写真

5月25日に資源エネルギー庁が更新した電力調査統計によると、新電力(高圧・特別高圧)の販売実績がある企業は2月時点で128社であったのに対し、3月では136社と8社増加しました。徐々に販売実績のある新電力は増えており、年間で見ると65社が新規に販売開始しています。

高圧部門で販売実績のある新電力、1ヶ月間で8社増加

2016年3月における高圧部門で販売実績のある企業数は136社でした。2015年の3月時点では71社であっため、1年間で65社増え2倍近くまで伸びています。それに伴い、新電力が占める高圧のシェアは約7%から11%になり、特別高圧も約4.1%から5.5%まで増加しました(図1)。

セグメント別シェアと企業数の推移

図1 セグメント別シェアと企業数の推移 出典:資源エネルギー庁資料より作成

下記の表は、2015年3月以降から2016年3月までの1年間で、新規で高圧・特別高圧の販売を開始した65社の新電力一覧です。電力量は、2016年3月の販売実績を表しています。販売量が大きい順に上から並べてありますが、王子・伊藤忠エネクス電力販売がトップで37389MWhとなっています。次点で、地球クラブ(8759MWh)、アイ・グリッド・ソリューションズ(8582MWh)、アシストワンエナジー(8333Mwh)と続きます(表1)。

特別高圧 高圧 合計(MWh)
王子・伊藤忠エネクス電力販売 9 37380 37389
地球クラブ 0 8759 8759
アイ・グリッド・ソリューションズ 0 8582 8582
アシストワンエナジー 0 8333 8333
東京急行電鉄 0 7506 7506
ウエスト電力 0 5238 5238
Looop 71 4338 4409
北海道瓦斯 1069 2876 3945
伊藤忠商事 749 2999 3748
須賀川瓦斯 0 2670 2670
大一ガス 0 2424 2424
コンシェルジュ 619 1492 2111
S-CORE 2049 0 2049
生活協同組合コープこうべ 0 2047 2047
いちたかガスワン 0 1953 1953
アンフィニ 424 1526 1950
MBエナジー 1947 0 1947
東燃ゼネラル石油 0 1500 1500
緑新電力 0 1494 1494
生活クラブエナジー 0 1411 1411
日立造船 847 443 1290
アップルツリー 0 1084 1084
NFパワーサービス 0 1077 1077
みやまスマートエネルギー 0 1063 1063
タクマエナジー 209 707 915
川重商事 0 837 837
はりま電力 0 833 833
凸版印刷 625 191 816
西部瓦斯 381 392 774
一般財団法人泉佐野電力 0 662 662
アドバンテック 0 546 546
宮崎パワーライン 0 512 512
合同会社北上新電力 0 451 451
イーエムアイ 0 441 441
御所野縄文電力 15 397 412
リミックスポイント 0 406 406
愛知電力 0 397 397
パシフィックパワー 0 379 379
東芝 0 313 313
リレボ 0 301 301
長崎地域電力 0 288 288
和歌山電力 0 268 268
大和エネルギー 0 207 207
バランスハーツ 0 199 199
湘南電力 0 184 184
水戸電力 0 153 153
芝浦電力 0 126 126
エナジードリーム 0 121 121
エネックス 0 113 113
ネクストエナジー・アンド・リソース 0 110 110
エコエンジニアリング 0 98 98
大阪ガス 0 88 88
いこま電力 0 85 85
近畿電力 0 84 84
新電力おおいた 0 80 80
JNCパワー 74 0 74
リコージャパン 0 55 55
太陽ガス 0 42 42
ネオインターナショナル 0 41 41
HTBエナジー 0 40 40
津軽あっぷるパワー 0 32 32
みんな電力 0 30 30
豊通ニューエナジー 0 13 13
滋賀電力 0 7 7
池見石油店 0 6 6

表1 一年間で新規に販売開始した新電力一覧(上から販売量順) 出典:資源エネルギー庁資料より作成

3月の販売実績、エネットがトップの982228Mwh

2016年3月における販売実績では、エネットがトップの982228Mwhとなっております。一方、王子・伊藤忠エネクス電力販売は、直近1年間で台頭した新電力としてはトップの販売量ですが、全体で見ると19位であり、エネットと比較すると、約26倍もの開きがあります(図2)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

平成29年度FITの認定申請の提出期限、改正FITに伴い例年よりも前倒しにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月14日

新電力ネット運営事務局

平成29年度FITの認定申請の提出期限、改正FITに伴い例年よりも前倒しに

11月10日、資源エネルギー庁は固定価格買取制度の平成29年度中の認定申請等にかかる提出期限を発表しました。改正FITにより審査項目が増加し、審査期間が長期化したこと、認定時に接続の同意を証する書類が必要となったこと等から、例年よりも前倒しして各種提出期限日が設定されています。

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月08日

新電力ネット運営事務局

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算

環境省では2017年6月より「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」が開催されており、様々な方向性について検討が進められています。電力業界に対するカーボンプライシングも検討が進められており、本コラムではその内容について見ていきたいと思います。

ガス自由化によるサービス向上に向けた新たな取組、スイッチングは近畿が全体の約55%の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月06日

新電力ネット運営事務局

ガス自由化によるサービス向上に向けた新たな取組、スイッチングは近畿が全体の約55%

10月24日、電力・ガス基本政策小委員会は、ガスの小売全面自由化の進捗状況について纏めた資料を配布しました。ガス自由化によって料金・サービスメニューの多様化が進んでおり、スイッチングは近畿が約55%と半分以上となりました。

低圧で新電力トップの東京ガスが100万件を突破、次は2020年度までに220万件を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月30日

新電力ネット運営事務局

低圧で新電力トップの東京ガスが100万件を突破、次は2020年度までに220万件を目指す

10月26日、東京ガスは電気の申し込み件数が100 万件を突破し、2017年度までの累計目標件数を突破したと発表しました。東京ガスは2016年1月4日から先行受付を開始し、約3か月で20万件を突破、その後は約1300件/日の申込で推移しています。

7電力による再エネの出力制御率、北海道では2011年の0.1%から2016年は13.1%にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月25日

新電力ネット運営事務局

7電力による再エネの出力制御率、北海道では2011年の0.1%から2016年は13.1%に

10月17日、系統ワーキンググループが開催され、各社の30日等出力制御枠および出力制御の見通し等が議題に上がりました。ワーキンググループによると、2017年度において、太陽光や風力の30日等出力制御枠は据え置きとなりました。2016年の出力制御率については、北海道が最も高く13.1%になりました。