国内のエネルギー動向を見る、GDP当たりのエネルギー消費は中国の約5分の1

2016年05月26日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

国内のエネルギー動向を見る、GDP当たりのエネルギー消費は中国の約5分の1の写真

本コラムでは、日本におけるエネルギー消費の動向について、各部門別の消費量や経済成長に伴う利用量の推移、そしてエネルギー源の変遷や国内自給率といった観点から概要を見ていきます。

2014年における日本のエネルギー消費、1973年と比較し1.2倍に

日本の省エネルギー化は、1970年代の二度の石油ショックを契機に、製造業を中心に進みました。省エネルギー製品の開発も盛んになり、エネルギー消費を抑制しながら経済成長を果たしています。1973年度と比較すると、2014年度はGDPが2.4倍になっているにも関わらず、最終エネルギー消費は1.2倍となりました。

1973年から1986年までは、GDPが成長しているにも関わらず、エネルギー消費の変動はそれほど大きくありませんでした。その後、1990年代は原油価格が低水準で推移する中、家庭部門・業務他部門を中心にエネルギー消費が増加しました。しかし2004年度をピークに、エネルギー消費は減少傾向に転じます。2008年度はリーマンショックによる景気低迷、そして2011年度からは東日本大震災以降の節電意識の高まりなどによって更に減少が進みました。2014年度は実質GDPが2013年度より1.0%減少したことも加わり、最終エネルギー消費は3.2%減少しました。

部門別にエネルギー消費の動向を見ると、1973年度から2014年度までの間、企業・事業所他部門が1.0倍、家庭部門が2.0倍、運輸部門が1.7倍となりました。企業・事業所他部門では石油ショック以降、製造業を中心に経済成長する中でも省エネルギー化が進んだことからほぼ横ばいで推移しています。一方、家庭部門・運輸部門ではエネルギー機器や自動車などの普及から、増加傾向にあります(図1)。

最終エネルギー消費と実質GDPの推移

図1 最終エネルギー消費と実質GDPの推移 出典:経済産業省

企業・事業所他部門、2014年度は最終エネルギーの62.7%を占める

企業・事業所他部門とは、製造業、農林水産鉱建設業、業務他(第三次産業)の合計です。1965年度から2014年度までの全期間において最終エネルギー消費で最大のシェアを占めています。2014年度は最終エネルギー消費全体の62.7%の割合となりました。

製造業は、企業・事業所他部門において最も割合の大きな部門です。第一次石油ショック前の1965年度から1973年度までは、年間で平均11.8%で増加し、実質GDPの伸び率を上回りました。その後、1973年の第一次石油ショック以降は減少傾向を示し、年間で平均2.5%減少しました。1987年度から再び増加に転じましたが、2008年以降はリーマンショックや東日本大震災などが影響して1973年度の水準を下回るまで減少しました。

1973年度と2014年度を比較すると、経済規模は2.4倍になり、製造業全体の生産も1.6倍に増加していますが、製造業のエネルギー消費は0.9倍まで低下しました(図2)。

製造業のエネルギー消費と経済活動

図2 製造業のエネルギー消費と経済活動 出典:経済産業省

最終エネルギー消費における家庭部門の割合は14.3%

家庭部門は、自家用自動車などの運輸関係を除く家庭でのエネルギー消費となります。2014年度の最終エネルギー消費全体に占める家庭部門の割合は、14.3%となっています(図3)。

最終エネルギー消費の構成比(2014)

図3 最終エネルギー消費の構成比(2014) 出典:経済産業省

第一次石油ショックのあった1973年度の家庭部門のエネルギー消費量を100とすると、2000年度には216.9まで拡大しました。その後省エネルギー技術の普及と省エネ意識の向上に従い、家庭部門のエネルギー消費量は低下傾向となり、2014年度には196.1まで低下しました(図4)。

家庭部門におけるエネルギー消費の推移

図4 家庭部門におけるエネルギー消費の推移 出典:経済産業省

最終エネルギー消費に占める運輸部門の割合、家庭部門を上回る23.1%

運輸部門は、乗用車やバスなどの旅客部門と、陸運や海運などの貨物部門の2つに大別されます。2014年度、最終エネルギー消費全体に占める運輸部門の割合は23.1%となりました。このうち、旅客部門のエネルギー消費量が運輸部門全体の60.2%、貨物部門が39.8%を占めました(図5)。

運輸部門のエネルギー消費構成

図5 運輸部門のエネルギー消費構成 出典:経済産業省

GDPあたりのエネルギー消費、中国の約5分の1

2013年における日本の実質GDP当たりのエネルギー消費は、世界の中でも高く、省エネルギーが進んでいる欧州と同等の水準です。中国やタイと比較すると約5分の1であり、日本のエネルギー効率は高いことが見て取れます。また、OECDは非OECDの国と比べ3分の1程度の数値であり、先進国のエネルギー効率は高い傾向にあります(図6)。

実質GDP当たりのエネルギー消費の主要国比較(2013年)

図6 実質GDP当たりのエネルギー消費の主要国比較(2013年) 出典:経済産業省

石油偏重からエネルギー源の多様化進む

日本の高度経済成長期をエネルギー供給の面で支えたのは、中東地域などで生産される石油が大きなウェイトを占めます。1973年度、日本における一次エネルギー供給の75.5%を石油が占めていました。

しかし、1973年に発生した第一次石油ショックによって、原子力、天然ガス、石炭などの導入を推進しました。その6年後である1979年、再び原油価格が大幅に高騰した第二次石油ショックは、原子力、天然ガス、石炭の導入を更に促進し、再生可能エネルギーの開発を加速させました。

その結果、一次エネルギー国内供給に占める石油の割合は、2010年度には39.8%となり、その代替として、石炭(22.5%)、天然ガス(19.2%)、原子力(11.1%)の割合が増加するなど、エネルギー源の多様化が実現しました。2011年に発生した東日本大震災とそれに伴う原子力発電所の停止により、石油利用の割合はいったん上昇に転じました。しかし、2014年度には発電部門において、石油からLNGや再生可能エネルギーへの転換が進み、その割合は2013年から引き続き2年連続で減少しています(図7)。

一次エネルギー国内供給及び電力化率の推移

図7 一次エネルギー国内供給及び電力化率の推移 出典:経済産業省

2014年度のエネルギー自給率、過去最低の6.0%

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東京都キャップ&トレード制度、2020年度より第3期に突入、高まる低炭素電力への期待の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年12月18日

新電力ネット運営事務局

東京都キャップ&トレード制度、2020年度より第3期に突入、高まる低炭素電力への期待

キャップ&トレード制度は、都内CO2排出量の削減を目指し、オフィスビル等のエネルギー需要側にCO2排出削減を義務付ける制度です。同制度は現在、第2計画期間(2015年度~2019年度)に入っており、2020年度~2024年には第3期に突入します。本コラムでは、制度概要や、今後の動きについて見ていきます。

経産省とNEDO、世界初となる「水素閣僚会議」を東京で開催、Tokyo Statement(東京宣言)発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月08日

新電力ネット運営事務局

経産省とNEDO、世界初となる「水素閣僚会議」を東京で開催、Tokyo Statement(東京宣言)発表

10月23日、経済産業省及びNEDOの主催の下、世界で初めて閣僚レベルが水素社会の実現をメインテーマとして議論を交わす「水素閣僚会議」が東京において開催されました。その成果として「Tokyo Statement(東京宣言)」が示されました。

2019年11月以降のFIT満了に向けた取り組み、経産省が売電事業者の受付開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月25日

新電力ネット運営事務局

2019年11月以降のFIT満了に向けた取り組み、経産省が売電事業者の受付開始

余剰電力買取制度が始まった直後である2009年11月に適用を受けた住宅用太陽光発電設備は、買取期間が10年間のため、2019年11月以降順次、買取期間が満了を迎えます。経済産業省は、こうした電源を買い取る「売電事業者」の登録受付を開始しています。

FIT適用の太陽光パネルに蓄電池を増設するビジネス、今後は可能となる見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月18日

新電力ネット運営事務局

FIT適用の太陽光パネルに蓄電池を増設するビジネス、今後は可能となる見込み

10月15日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会が開催されました。その中で、既認定案件による国民負担 の抑制に向けた対応について議論が行われました。

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月16日

新電力ネット運営事務局

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力PGおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。今回の記事では、「需給調整市場」について概要を整理します。