再エネ賦課金、2016年度は201円増の675円/月で電気料金の約8%負担に

2016年03月22日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

再エネ賦課金、2016年度は201円増の675円/月で電気料金の約8%負担にの写真

3月18日、経済産業省は2016年度における再生可能エネルギー発電促進賦課金を発表しました。発表によると、標準的な家庭において、前年度に比べ201円増の月675円になる見込みです。

再エネ賦課金について

固定価格買取制度は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーから作った電力を一定期間、経済的に有利な固定価格で買い取る仕組みです。この仕組みにより、太陽光発電など再生可能エネルギーの設置者は金銭的な補助を受けられます。

補助に充てる原資は、家庭や企業など電気利用者が電気料金の一部として負担することになっており、これを「再生可能エネルギー発電促進賦課金(以下、再エネ賦課金)」といいます(図1)。

電気料金の構成

図1 電気料金の構成

再エネ賦課金の2016年度は2円25銭/kWh

2016年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金は、2円25銭/kWhに決定しました。固定価格買い取り制度が始まった12年度は0.22円だったので、10倍以上になっています。

再エネ賦課金の推移
平成24年 0.22円/kWh
平成25年 0.35円/kWh
平成26年 0.75円/kWh
平成27年 1.58円/kWh
平成28年 2.25円/kWh
月間の費用負担は675円、電気料金の8%近くの金額に

経済産業省が発表した、平均的モデル家庭の電力使用量300kW/月の場合、月間の再エネ賦課金は675円になります。東京電力の従量電灯Bに当てはめると、約8000円のため、電気料金の8%近い金額となります。

年間で計算すると、8100円の計算となります。こちらも、12年度の792円と比較すると10倍以上になっており、かつ再エネ賦課金は今後も増えていく可能性が高いです。なぜならば、固定価格での買取期間は10~20年スパンであるため、制度が始まった2012年から10年後の2022年までは再エネの普及に伴い、金額が上乗せされる形になるからです。

再エネ賦課金の費用負担
平成24年 66円/月
792円/年
平成25年 105円/月
1260円/年
平成26年 225円/月
2700円/年
平成27年 474円/月
5688円/年
平成28年 675円/月
8100円/年

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

再エネの大量導入における4つの課題と2030年に向けた取組の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月21日

新電力ネット運営事務局

再エネの大量導入における4つの課題と2030年に向けた取組

再エネ大量導入においては、大別すると①発電コスト、②系統制約、③調整力、④事業環境といった4つの課題があります。また、国際競争力という観点では、それらの課題を解決し、世界に通用するエネルギー企業を創出する必要があります。今回のコラムでは、国の議論から再エネ大量導入における4つの課題を整理し、2030年に向けた取り組みの方向性を見ていきたいと思います。

電力関連ビジネスの国内市場の予測、容量アグリゲーションは2017年の65MWから2020年には230MWにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月11日

新電力ネット運営事務局

電力関連ビジネスの国内市場の予測、容量アグリゲーションは2017年の65MWから2020年には230MWに

12月4日、富士経済は電力関連システム・サービスの市場を調査し、その結果を報告書「電力システム改革で動く設備・システム・サービス市場の全貌 2017年版」にまとめたと発表しました。調査対象は、「電力小売全面自由化」による市場競争の進展や、それに伴う新ビジネスの創出が期待される分野であり、報告書では電力関連システム・サービスにおける複数分野の市場を分析しています。

FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月01日

新電力ネット運営事務局

FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野に

11月21日、調達価格等算定委員会にて、認定量が急増している「一般木材等バイオマス発電」については、2018・2019年度の調達価格が変更される可能性や、入札制度の導入も視野に入れることが示されました。入札制度は2018年度から導入される可能性があり、対象となる設備規模は今後検討される予定です。

第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月24日

新電力ネット運営事務局

第1回目のメガソーラー入札、落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果に

11月21日、低炭素投資促進機構は出力2000kW以上の太陽光発電設備における入札の結果を公表しました。今回、第一回目となるメガソーラーの入札では9件の落札があり、最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果になりました。

沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月22日

新電力ネット運営事務局

沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達

11月17日、沖縄電力は火力発電の出力制御などの措置を行っても、沖縄エリアの余剰が解消されないことが見込まれる場合には、各系統毎に、太陽光・風力の出力制御を行うと発表しました。沖縄電力は今後、バイオマス・太陽光・風力の発電事業者に、出力制御に関する具体的な対応内容について、書面の送付などを実施するとしています。