蓄電池補助金|令和4年概算要求

令和4年度概算要求の中で、蓄電池関連で使える補助金の一覧です。
提出された要求は主計局等により査定され、認可されると補助金予算として成立します。
成立した場合、2022年1月~翌2023年1月(目安)に蓄電池関連で事業を展開する方が利用できる補助金となります。(それぞれの補助金で利用可能な時期・条件等は異なります)

蓄電池補助金|令和4年概算要求(PDF)

全ての補助金情報を閲覧するためには、一般社団法人エネルギー情報センターへの会員登録(無料)が必要です。企業・団体・個人等、新電力に関心のある方からの登録を幅広く受け入れております。

(3)低炭素化に向けた鉄道の省エネ設備・機器の導入の支援【環境省連携施策】
2.まちづくりのグリーン化の推進(1)エリア一体となったまちづくりのグリーン化
自然公園等事業等
脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、(5)港湾におけるカーボンニュートラル支援事業(国土交通省連携事業)
脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、(4)空港におけるカーボンニュートラル支援事業(国土交通省連携事業)
脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、(1)地域の自立・分散型エネルギーシステム構築支援事業
脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業(一部 総務省・経済産業省・国土交通省 連携事業)
脱炭素移行促進に向けた二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業(プロジェクト補助)
温室効果ガス排出に関するデジタルガバメント構築事業のうち Jークレジット×デジタル推進事業
浄化槽の整備(浄化槽システムの脱炭素化推進事業)
脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業
集合住宅の省CO2化促進事業(経済産業省連携事業)
戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業(経済産業省・国土交通省連携事業)
建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業のうち、(6)平時の脱炭素化と災害時の安心を実現するフェーズフリーの省CO2独立型施設支援事業
建築物の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業のうち、(2)既存建築物のZEB化支援事業
建築物の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業のうち、(1)新築建築物のZEB化支援事業
建築物の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(経済産業省・国土交通省・厚生労働省連携事業)
PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、(6)公共施設の設備制御による地域内再エネ活用モデル構築事業
PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、(4)平時の省CO2と災害時避難施設を両立する直流による建物間融通支援事業
PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうち、(3)-1再エネ主力化に向けた需要側の運転制御設備等導入促進事業