プレスリリース|PRESS

研究・調査報告

東北大とIHI、「IHI×東北大学アンモニアバリューチェーン共創研究所」を設置

東北大とIHI、「IHI×東北大学アンモニアバリューチェーン共創研究所」を設置の概要写真
(発表:2022年09月01日)

IHI×東北大学アンモニアバリューチェーン共創研究所を設置
〜産学連携で社会実装の早期化につなぐ〜

国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長:大野 英男、以下「東北大学」)と株式会社IHI(所在地:東京都江東区、社長:井手 博、以下「IHI」)は2022年9月1日、両者の連携拠点となる「IHI×東北大学アンモニアバリューチェーン共創研究所(以下「共創研究所」(*1))」を仙台市内にある東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)に設置しました。燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンなエネルギー源であるアンモニア(NH3)を利用したカーボンニュートラル社会実現に向け,製造から輸送・貯蔵,利用までのバリューチェーン構築に向けた課題探索と技術を通じた解決手段の創出を推進します。

東北大学とIHIは,2013年から燃焼分野を中心に燃料アンモニア利用技術の研究開発を世界に先駆けて共同で取り組み,国の主導するプロジェクトへの共同応募,共同研究,IHIからの研究者派遣,相互技術交流を積極的に推進してまいりました。このたびの共創研究所設置によりこの協力関係をさらに強固なものにし,バリューチェーン全体の課題探索と解決にともに取り組むことで,アンモニアを利用したカーボンニュートラル化を推進していきます。

共創研究所では,共創研究所構成員のみならず,課題に応じて東北大学とIHIのエキスパートを柔軟に加えて共創活動を進めます。アンモニアバリューチェーンにおける課題の深掘りと解決策を確立していくことで,成果の早期社会実装につなげていきます。

東北大学とIHIは,アンモニアを活用したカーボンニュートラルへの取り組みで,これからも世界をリードしてまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/639303/01_202209011358.pdf
会社名 株式会社IHI
所在地 135-8710
東京都江東区豊洲三丁目1-1 豊洲IHIビル
電話番号 03-6204-7800
メールアドレス
会社URL https://www.ihi.co.jp/