水電解(Water electrolysis)

水電解とは

Water electrolysis is a method of using electricity to split water into hydrogen and oxygen. Water electrolyzers can use surplus renewable energy to electrolyze water and store energy.

電気の力を利用して水を水素と酸素に分解する方法です。水電解装置は再生可能エネルギーの余剰電力を使って水を電気分解し、エネルギーを貯蔵できます。高効率に水素を製造できるので、グリーン水素市場で水電解装置の需要が高まっています。

NEDOなどによると、水電解の実用技術は「アルカリ水電解法」と「固体高分子型(PEM型)水電解法」の2種類があります。「アルカリ水電解法」は大規模プラントでコスト削減が期待できます。「PEM型水電解法」はアルカリ水電解法に比べて電流が高いので、装置の小型化が可能ですが、部材に少しコストがかかります。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[中級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介